50代のシミは薬で消すことができる!?原因と改善方法について!

50代に突入するとさまざまな肌トラブルに悩まされますね・・・

「シミ・シワ・くすみ・たるみ・乾燥・ニキビ」等々いろいろな肌トラブルがありますが、50代女性が最も気になるのは「シミ」ではないでしょうか?

そんな50代女性が最も悩むシミの大半が「老人性色素斑」で、紫外線の影響と加齢が関係してできてしまうシミの種類になります。

50代女性の多くは、シミができてしまい半ば諦めている人も多いと思いますが、実は50代でもシミの改善に十分間に合うのです!キレイにシミを消してもう一度キレイな美肌を取り戻してみませんか?

結論から言いますと、50代の方でもシミは薬で消す事ができます!もちろんスキンケアも重要になりますが、今あるシミを消すならシミを消す薬が最適となります。

そこで今回は50代女性が悩むシミの原因と改善方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

50代女性が悩むシミの種類とその原因について

50代女性は急激にシミが増え始めたと感じると思いますが、そのほとんどが老人性色素班になります。

50代に入ると肌のターンオーバーが停滞しはじめて、メラニンの排出が間に合わなくなり肌内部に沈着してしまう事が主な原因になります。

しかも、20代の肌のターンオーバーは「28日周期」なのに対して、50代の場合は「40日以上」必要になると言われております。

ターンオーバーの周期が遅れることで、本来排出されるはずのメラニンが排出されずに沈着してしまうのでシミとなって肌表面に現れてきます。

もちろんシミは顔だけではなく、体のありとあらゆる箇所に現れますので注意が必要になります。

例えば、体を洗う際のナイロンタオルでゴシゴシ体を洗ったり、サイズの合っていない下着で締め付けてしまったりすることで起こる摩擦(刺激)が原因でメラニンが大量生成されシミになると言うケースもあります。

50代女性の場合はターンオーバーの周期が遅くなりますので、なるべく肌への刺激を減らしメラニンを排出しないように心がける事が重要になってきます。

50代女性が悩むシミの大半は老人性色素斑


50代女性が悩むシミの大半が老人性色素斑になります。

50代だけではなく、シミの中でも年齢に関係なく現れてくる老人性色素斑は厄介なシミになります。

老人性色素斑は紫外線のダメージの影響等の肌に対する刺激でできるシミで、年齢に関係なく現れるシミですが、特に50代になると突然増える傾向があります。

その理由は、50代になると加齢が原因で肌のターンオーバーが停滞しがちになりますので、古い角質が肌内部に残りやすくなりシミの原因となってしまうからです。

しかもコラーゲンやヒアルロン酸等の肌の保湿力を保つ成分が急激に減少しはじめますので、乾燥肌になりやすくなり角質層が硬くなってしまいます。

その結果ターンオーバーがどんどん滞り、メラニンの排出が遅れて見る見るうちにシミが増えていってしまうのです・・・

また加齢によって皮脂の分泌量や保水力が大幅に減り、乾燥肌になることからターンオーバーが余計に遅れてしまいます。

その結果、長年浴び続けてきた紫外線のダメージで生成されたメラニンをスムーズに排出することができなくなり、シミが肌表面に顔を出してくることになるのです。

多くの女性が悩むシミは老人性色素斑!その原因と改善方法について徹底解説

2017.01.23

50代女性が悩む肝斑


50代女性が悩むシミの中でも、老人性色素斑の次に悩ましいシミが「肝斑」です。

肝斑は頬骨のあたりや額部分、口の周辺に「左右対称に現れるのが特徴のシミ」になります。

色は淡い褐色系で決まった形や大きさはなく、地図のようなイメージになります。

基本的にシミの原因は紫外線のダメージが蓄積されたもので、今までのスキンケアの代償と言われていますが、肝斑の場合は紫外線が原因ではなく「女性ホルモン」が影響している場合がほとんどです。

つまり、肝斑の場合はスキンケア方法に問題があるのではないと言うことになります。

肝斑の原因は女性ホルモンの中でも黄体ホルモンと言われている「プロゲステロン」の働きが大きく関係しています。

プロゲステロンの働きは、女性が妊娠をする時の準備をするために子宮に働きかけることになりますが、加齢とともにこの黄体ホルモンのバランスが崩れることによって肝斑が発生すると言われています。

女性ホルモンとシミの関係とは?肝斑特有の原因と予防対策

2017.01.23
40代50代と年齢を重ねる毎に悩みが増えるシミ!特に40代あたりからホルモンバランスの乱れから肝斑に悩む人が増えてしまいます。それと同時に長年浴び続けた紫外線のダメージが蓄積されて隠れシミが肌表面に顔を出すようになってきます。若い時はターンオーバーの周期が正常だったので、メラニンが生成されても排出することができましたが、40代50代になってくるとそうはいきません。だからこそ紫外線対策等のスキンケアを徹底的に行う必要があるのです。50代の方でシミを消したいと言う人は、以下を参考にしてみてください。

50代のシミ予防対策について

50代女性がシミの予防対策をするためにまず行ってほしいのが「紫外線対策」になります。

たとえ今あるシミが紫外線が原因ではない肝斑であったとしても紫外線の影響でさらに悪化する恐れもありますので紫外線対策だけは徹底的に行うようにしてください。

また肝斑はストレスが大敵になりますので、不規則な生活や寝不足でストレスを溜め込まないようにしましょう。

それから、生活習慣の乱れはホルモンバランスを崩してしまいますので肝斑の発生や悪化に繋がりますので十分注意するようにしてください。

シミと一口に言ってもさまざまな種類があり、全てが紫外線だけが原因ではありませんが、紫外線の影響を受けて色が濃くなったりシミが広がったりしますので、紫外線対策は徹底するようにしましょう。

50代のシミ予防対策に紫外線対策は必須!

紫外線はほとんどのシミの原因であることは言うまでもありませんが、たとえ肝斑であっても「紫外線対策」は必須になります。

また、老人性色素斑、そばかす等のシミも紫外線のダメージが原因でできるシミになりますので徹底した紫外線対策をおすすめします。

特に雨の日や室内に居る場合は油断しがちな人も居ますが、紫外線は雲や窓を通して肌内部にまで届きますので雨や曇りの日でも、室内にいる時でもしっかりと紫外線対策することが必要になるのです。

ですから室内にいる時でも日焼け止めクリームやUVカットのファンデーションを塗ったり、外出する際は帽子や日傘なとを活用してしっかりと紫外線対策をするようにしましょう。

ビタミン類を積極的に摂り入れる!

シミの予防対策または改善には外部からのケアだけではなく、体の内側からのケアも重要になります。

特に食生活ではしっかりと栄養バランスの整った食事を心がけるようにして、なるべくたくさんの「ビタミン類」を摂取するようにしましょう。

ビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれる効果、ビタミンBは乾燥肌を改善する効果、ビタミンAはターンオーバーを促進、ビタミンEは高い抗酸化作用がありますので、これらのビタミン類は積極的に摂取していきましょう。

ストレスを溜め込まない!

50代になると仕事や家庭の問題、ご近所付き合い等の人間関係でストレスが溜まりやすくなってしまいます。

ストレスは自律神経のバランスを崩してしまいますので、ホルモンバランスが大きく乱れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れは肝斑の原因に繋がりますし、女性にとってさまざまな悪影響になりますので注意が必要になります。

ですから、少しでもストレスを感じた場合は溜め込まずに発散することを意識し、たまには趣味や遊び、買い物等でストレスを発散するようにしましょう。

また、趣味がない場合はウォーキング等の運動をしてもいいですし、十分な睡眠をとるだけでもストレスの発散になります。

軽い筋トレやストレッチも効果的!

自宅でできる軽い筋トレやストレッチも関係ないように思われますがシミの予防対策に最適です。

特に50代に突入すると急激に基礎代謝が低下しますので、筋トレをしたりストレッチ運動などをすることで基礎代謝がアップされるのでおすすめになります。

基礎代謝のアップはターンオーバーの促進に繋がりますので、「メラニン色素の排出を促す」効果に期待できます。

美白ケアも重要!

美白成分配合の化粧品やサプリ等で美白ケアを行うようにしましょう。

今以上シミを増やさない為にも、メラニン色素の生成を抑制させる必要があります。

その為にも徹底した紫外線対策と、徹底した美白ケアが必要なってきます。

メラニン還元作用でシミを薄くするビタミンC誘導体や、メラニン生成を抑える「アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール・カモミラET」などを配合した化粧品等の肌に合ったもので毎日欠かさず美白ケアを続けることが重要になります。

50代になると洗顔方法も見直しが必要!

50代になるとターンオーバーの周期が大幅に遅れてしまいますので、極力肌への刺激は避けるようにしてください。

洗顔は毎日行うものなので、ちょっとした刺激でもメラニンを生成してしまう原因になってしまいます。

自分では力を入れているつもりはなくても、摩擦が原因でシミを誘発してしまう場合もありますので、洗顔時は意識するようにしましょう。

たまにゴシゴシ顔を擦りながら洗顔する人が居ますが、絶対にしないようにしてください。

今日からでも「泡洗顔」に切り替えてしっかりとシミの予防対策をすることをおすすめします。

たっぷりの泡で優しく肌を包み込むように洗顔することで、無駄な刺激を与えずに洗顔することが可能となり肌のターンオーバーを正常化させることが可能となります。

保湿ケアも徹底する!

50代に入ると急激に肌の保水量、保水力が低下してしまいますので、保湿ケアに特に力を入れるようにしてください。

保水力が低下すると言うことは乾燥肌になりやすい状態に在り、シミの原因となる紫外線のダメージを受けやすい状態になりますので注意が必要なのです。

また乾燥はシミだけではなく「シワ・たるみ・ターンオーバーの乱れ」の原因にもなりますので要注意です。

ですから、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド等が配合された化粧品を取り入れてしっかりと保湿ケアするようにしてください。

50代のシミを消す改善方法は市販薬がおすすめ

50代でできてしまったシミを消す方法は、皮膚科でレーザー治療を受けるか、市販薬のシミを消す薬を飲んで消すかのどちらかの方法になります。

美白化粧品や美白効果の高いクリーム等を使用している人も多いのですが、美白化粧品ではシミを薄くすることはできても消す事はできません。

ただし美白化粧品やクリーム等は今後のシミ予防対策には最適になりますので使用することをおすすめします。

50代の方でシミを消したいのでしたら、まずは市販薬の飲み薬をおすすめします。

ちなみに肝斑の場合は以下で紹介する皮膚科でも処方されている内服薬をおすすめします。

老人性色素斑やそばかすの場合は以下のロスミンローヤルでも十分消す事が可能となりますので、レーザー治療の必要はありません。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・9種類の生薬成分・他
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、冷え性やニキビ、肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。

上記の飲み薬は第3類医薬品の市販薬になりますので副作用のリスクが低く安心して飲んでいただけます。

また、シミの効く13種類の有効成分に加えて9種類の生薬成分が配合されていますので、血行改善効果が高く冷え性等の改善効果も高いのでシミにお悩みの50代女性にはおすすめの医薬品になります。

ロスミンローヤルは、体の内側からシミの根本であるメラニン色素等に働きかけて、ターンオーバーを促進させることでシミを消す事が可能な医薬品になります。

皮膚科等で処方されるハイドロキノンクリームは皮膚に直接塗布するものなので、肌の最深部の真皮層に沈着してしまっているシミまでは消す事ができません。

しかもハイドロキノンクリームは副作用のリスクが高く、白斑ができたりもしますのであまりおすすめではありません。

シミを根本から消して、シミのできにくい肌質を手に入れるならロスミンローヤルがおすすめになります。

ロスミンローヤルの効果や成分を徹底解説!利用者の口コミと副作用について

2017.01.25

肝斑の治療薬について

肝斑の治療法は、皮膚科でも基本的に内服薬を用いる事が一般的になります。

この場合の内服薬は「トラネキサム酸」と言う薬で、人工的に合成されたアミノ酸を配合した医療用医薬品になります。

本来は医療用の抗炎症剤として使用されている薬なのですが、内服薬として服用することで血液が体の隅々まで有効成分を届けて表皮の最深部にあるメラノサイトに効果を発揮してくれるのです。

また、トラネキサム酸は光治療やケミカルピーリング、イオン導入等でも使われる事があります。

それから、ジェネリック医薬品のトランシーノは有効成分にトラネキサム酸を含有していて、OTC医薬品(市販薬)のトランシーノと同有効成分であることから肝斑の改善にも有効なのです。

ただし、服用の際は「副作用」の心配もありますので、まずは皮膚科等で診察を受けて健康状態を確認することをおすすめします。

トラネキサム酸
価格 7,851円
内容量 500錠(1日3~8錠を3~4回 ※詳しくは取扱説明書で確認)
種別 第1類医薬品
効果・効能 肝斑(シミは肝斑のみ)・炎症・蕁麻疹・湿疹等
有効成分 Tranexamic Acid 250mg(トラネキサム酸 250mg)
販売会社 オオサカ堂
公式HP https://osakado.cool

商品説明
トランシーノジェネリックは、有効成分であるトラネキサム酸を含有する止血薬です。また、トラネキサム酸はOTC医薬品のトランシーノと同有効成分であることから、肝斑の改善にも有効です。トランシーノジェネリックは、出血を止める薬です。また、喉の痛みや炎症を抑えたり、蕁麻疹、湿疹などのアレルギーを抑えたりします。トランシーノジェネリックに含有されている有効成分・トラネキサム酸は、出血や炎症・アレルギーを引き起こす物質であるプラスミンの働きを抑えます。出血を止めたり、炎症、蕁麻疹、湿疹などを抑えたりする抗プラスミン薬です。トラネキサム酸は、肝斑に限ったしみへのみ有効性が確認されています。肝斑とは、女性の顔面に多く生じる、ほほ骨に沿って左右対称に現れるしみのことです。
引用:https://osakado.cool

第一三共が販売している「トランシーノ」と言う肝斑に効く薬の主成分が、トラネキサム酸になります。

ちなみにトランシーノの価格は2ヶ月分の240錠で6,300円になります。

一方オオサカ堂で手に入るトラネキサム酸の価格は500錠で7,851円になります。

トランシーノは朝と夜に2錠づつ服用して、2ヶ月間で240錠飲む事になり、1日あたりで計算すると105円になります。

トラネキサム酸の場合は、朝昼夜と1錠づつ服用すると、166日間飲み続ける事が可能で、1日あたり約47円になります。

これを2ヶ月で割り出すと、47円×60日=2,820円となります。

約半分以下の価格で肝斑を消す事が可能となります。

もちろん料金だけの問題ではないのですが、同じ成分を配合した医薬品を飲むのであれば、少しでも安い方がお得なのではないでしょうか?

トラネキサム酸は副作用のリスクが高いので、皮膚科等を受診して健康状態を確認した上で、トラネキサム酸の服用を了承してもらい処方してもらった場合だけ服用するようにしてください。

トランシーノの公式サイトで詳細を確認する>>

オオサカ堂の公式サイトでトラネキサム酸のレビューを見てみる>>

50代の方がトラネキサム酸を使用するのは注意が必要!

肝斑等のシミの治療に皮膚科でも処方される「トラネキサム酸」ですが、50代の方が使用するには注意が必要になります。

トラネキサム酸は腎臓から排出されるので腎機能が低下している方は体に負担がかかってしまいます。

また「血栓症」を引き起こす可能性も高くなることから、必ず皮膚科での診察を受けて健康状態を確認してから処方してもらい服用するようにしてください。

皮膚科の治療でシミを消す

シミや肝斑は皮膚科の治療を受けないと消えない場合があります。

そのような場合は上記のような医薬品だけではキレイにシミが消えませんので皮膚科に相談する事をおすすめします。

老人性色素斑やそばかすと言ったシミの場合は、上記で紹介しましたロスミンローヤルでも十分消える可能性はありますが、シミの状態によってはなかなか消えないものもあります。

ロスミンローヤルの服用を3ヶ月間続けてみて、何の変化も見られなければ皮膚科に相談した方が良い場合もあります。

効果の表れ方は人それぞれ違いますので、4ヶ月目に効果が現れはじめる場合もありますが、一刻も早くシミを消したいと言う場合は皮膚科への相談も検討するようにしましょう。

皮膚科でのシミ治療について

皮膚科で行われるシミの治療の基本は「内服薬」と「外用薬」を使用した治療になります。

基本的には内服療法になりますので、トラネキサム酸やシナール配合上(複合ビタミン剤)を服用するだけになりますが、シミの状態によっては外用薬であるハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏を使用する場合もあります。

いずれも「副作用」のリスクが高くなりますので、しっかりと医師の説明を受けて正しい使い方をする必要があります。

副作用が心配と言う人は、まずは上記の副作用のリスクが圧倒的に低い第3類医薬品のロスミンローヤルからはじめることをおすすめします。

以下の記事では皮膚科で処方してもらえる治療薬や使用しているレーザーの種類、治療費等について解説していますので参考にしてみてください。

顔のシミを取りたい人必見!シミを取るための方法を徹底解説!

2017.02.14

まとめ

50代女性が最も悩むシミは老人性色素斑になります。

老人性色素斑は長年紫外線を浴び続けてきたことと肌のターンオーバーの停滞が原因でできるシミになります。

基本的には加齢とともに現れるシミになりますが、比較的若い20代や30代の女性でも現れるシミの一つになります。

紫外線対策やスキンケアを徹底して症状が軽ければ美白化粧品やクリーム等で消える場合もありますが、ほとんどの場合そう簡単に消えるものではありません。

もし医薬品の服用に抵抗があると言う場合はシミに効果的なクリームから試してみても良いと思います。

シミ消しクリームのおすすめと選び方や使い方について

2017.03.30

いずれにしてもシミは年齢に関係なく女性の悩みの一つになることは間違いありません。

上記でも解説しましたが、シミを増やさないためには紫外線対策が一番になりますので、医薬品やクリームを使用しているからと言って、紫外線対策を疎かにしてしまうとシミが消えるどころか増えてしまいますので、十分注意するようにしましょう。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!