そばかすを消したい!遺伝が原因?皮膚科に通わずにそばかすを消す方法

「そばかすを消したい!」

と思われている中学生、高校生の思春期の方、成人女性の方も多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、そばかすはある方法で消すことができますのでご安心ください。

そばかすの正式名称は、

「雀卵斑(じゃくらんはん)」

と言って、肌にできる色素斑(シミ)の一種になります。

「JUDY AND MARY」の歌にもなったそばかすですが、コンプレックスに感じている人の方が多いと思います。

そこで今回は、女性の悩みの一つでもあるそばかすを消す方法や、そばかすができてしまう原因について解説していきたいと思います。

そばかすを消すための方法は、美白化粧品でも皮膚科のレーザー治療でもありません!そばかすを消す最適な方法をご紹介しますのでぜひ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

そばかすとは


そばかすは、「小さな斑点状のシミが鼻の周りを中心に頬まで無数に散らばっているシミ」になります。

そばかすができる原因は、基本的に遺伝的な要素が多く一般的には小学生の頃から出はじめますが、早い人だと3歳頃から出はじめます。

「色は淡褐色で大きさは米粒ぐらいまでの不規則な形」になります。

そばかすは紫外線の影響を受けると色が濃くなったり増えたりしますし、人によっては成長するにつれて増える場合もあります。

特に思春期に目立つようになりますので、中高生でもそばかすを消したいと悩まれている人が多いと思います。

子供の頃にできるそばかす

子供の頃にできるそばかすのほとんどは遺伝的要素が高く、両親からの遺伝によるものだと考えられています。

しかし、勘違いしてはいけない点が、「そばかす自体が遺伝するのではなく、そばかすができやすい肌質が遺伝する」と言う事です。

それを証拠に生まれてすぐのときにはそばかすは出ていませんよね?

しかし、早い場合だと3歳頃から徐々にそばかすが出はじめてきます。

ですから、決して親を責めないでくださいね!

遺伝的要素の高いそばかすは、基本的に思春期をピークに徐々に消えていくと言われていますが、しっかりと紫外線対策をせずに紫外線を浴び続けているとそのまま残ってしまうことになるのです・・・

このような場合は遺伝的要素のそばかすではなく、紫外線が原因でできてしまう後天的なそばかすと考える方が正しいでしょう。

大人になってからできるそばかす

成人してからできるそばかすは、基本的に自然と消えることはありません・・・

子供の頃からあるそばかすで大人になった今でも消えていないと言う場合は、そのまま自然に消えることはないでしょう・・・

なぜなら、紫外線や生活習慣の影響でできてしまったそばかすだからです。

肌の真皮層に蓄積されたメラニン色素こそがそばかすの正体なのです。

大人になってからできる後天的なそばかすは年齢を重ねる毎に色が濃くなり目立ちやすくなると言う特徴がありますので、早めの対策が必要になります。

そのシミ本当にそばかす?

多くの方が悩まれている「そばかす」ですが、自分では特定できない人も多いと思います。

ですから、以下の項目をチェックしてみてあなたのシミがそばかすかどうかをまずは確認してみてください!

そばかすのセルフチェック!

  • チェックポイント①・・・頬や鼻のまわりを中心に無数に散らばった色素斑がある
  • チェックポイント②・・・大きさは数mm程度のもので丸ではない小さな斑点
  • チェックポイント③・・・紫外線対策は基本的に夏しかしない
  • チェックポイント④・・・子供の頃からできている
  • チェックポイント⑤・・・室内では紫外線対策はほとんどしない
  • チェックポイント⑥・・・日差しが強い日にしか紫外線対策はしない
  • チェックポイント⑦・・・日焼けをするのが好き
  • チェックポイント⑧・・・日焼け止めは朝塗ってから塗り直さない
  • チェックポイント⑨・・・睡眠時間が短い
  • チェックポイント⑩・・・タバコやお酒を飲む
  • チェックポイント⑪・・・ストレスが溜まりやすい
  • チェックポイント⑫・・・家族や親せきに同じ症状の人が居る

上記の項目に該当する数が多ければ多いほど、あなたのシミはそばかすである可能性が非常に高くなります。

最低でも3~4項目に該当する場合は、そばかすだと思っても間違いはないでしょう。

そばかすができる原因


幼少期に発生するそばかすの原因として考えられるのは「遺伝性」と言われていますが、子供の頃から適切な紫外線ケアをする事で、そばかすが増えたり大きくなることを防ぐ事もできるのです。

例えばですが、人種別で考えると肌の色が白い白人はそばかすがある人が多く、肌の色が黒い黒人はそばかすがある人が少ないですよね?

これは、「肌の色が白い方が紫外線防御機能が大きく働くから」で、メラニン色素が肌を守る為に大量に生成されるからなのです。

ですから、「肌の色が白い方がそばかすができやすい」と言う事なのです。

ちなみに黄色人種である日本人の場合は、基本的にそばかすはできにくい肌質ではあるのですが、その分シミになりやすい傾向になります。

これは、人種によって生成されるメラニン色素の量がもともと異なるからで、日本人の場合はそばかすよりもシミができる場合が多いのです。

いずれにしても、そばかすもシミも引き金となる根本的な原因はメラニン色素になります。

また、両親や家系的にそばかすがある人が多い場合は、そばかすができやすい体質になります。

そばかすは遺伝的要素が強いシミになりますが、

  • 紫外線
  • お肌に良くないスキンケア
  • お肌に合わない化粧品の使用
  • 間違った洗顔方法
  • 過度のストレス
  • ビタミン不足
  • ミネラル不足
  • 睡眠不足
  • 運動不足

等も、そばかすの原因として考えられます。

そばかすができる過程

そばかすは、紫外線の影響で「活性酸素」が発生してしまい、それが発端となってできてしまいます。

活性酸素とは、

「体を酸化させて老化を促進させる原因」

と言われているものになります。

体内で活性酸素が生成されること自体は仕方がないことなのですが、大量に生成される事で細胞が傷ついたり、酸化させてしまったりするのです。

紫外線を浴びることによって活性酸素が生成され、メラノサイトが活性化しメラニン色素が大量に発生します。

メラニン色素が肌を黒くさせる原因なのですが、メラニン色素は紫外線のダメージから肌を守る為に生成されるのです。

そして、メラニン色素が肌内部に留まることでそばかすができてしまったり、シミができてしまう事になるのです。

そばかすは放置すると色が濃くなり目立ちやすくなる・・・

そばかすは子供や女性の場合はチャームポイントとなる場合もあります。

しかし、あくまでもそれは他人からの見た目だけの判断であり、本人としてはとても悩ましいことなのではないでしょうか?

それに、「そばかすは年齢を重ねる毎に目立ちやすくなると言う特徴があります」ので、できることなら早めに対策をした方が良いのです。

そばかすを増やしたくない場合や、今以上に目立たせたくないと言う場合は、徹底した紫外線対策が必要になります。

紫外線対策として基本となるのが「日焼け止め」になります。

紫外線は1年中降り注いでいますので、オールシーズンで日焼け止めを使用した方がいいでしょう。

その他にも、外出時には日傘を使用したり、帽子を被るなどして紫外線のダメージから肌を守るようにしてください。

そばかすを悪化させるのは紫外線!

そばかすの厄介なところは、一度できてしまうとなかなか消えないと言うことと紫外線の影響で色が濃くなったり範囲が広がったりすると言う点になります。

つまり、一般的なシミと同じで紫外線がそばかすを悪化させる原因と言うことです。

紫外線を浴びることによって肌に炎症が起こり、「活性酸素」が増えることでそばかすの原因を作ってしまうのです。

活性酸素は人間の体を紫外線のダメージから守る為に生成されるのですが、活性酸素が生成されることで細胞にダメージを与えてしまいます。

すると、細胞を守る為にメラニンが生成されてしまうのでそばかすが濃くなったり、範囲が広がったりしてしまうのです。

と言うとメラニンは悪いイメージしかないように思われると思いますが、メラニンがあるからこそ肌細胞が守られているので人間にとっては必要不可欠なのです。

ですから、そばかすを悪化させないようにする為には、メラニンの生成を抑制する必要があるのです。

メラニンの生成を抑制するには徹底的に紫外線から肌を守ることになります。

窓一つない部屋に引きこもり、紫外線を浴びなければ一番良いのですが、そう言う訳にもいきませんので紫外線から肌を守ることに専念しましょう。

日焼け止めクリームはもちろん、飲む日焼け止めサプリなども併用して体の外側と内側の両方から対策してあげるのもおすすめになります。

飲む日焼け止めサプリメントの決定版!おすすめ商品をランキングでご紹介

2017.04.08

そばかすを消す最適な方法について


そばかすの原因は遺伝的要素も大きいのですが、結局そばかすの原因となっているのは紫外線になります。

紫外線を浴びることでメラノサイトが活性化し、メラニン色素が大量に生成され、肌内部に沈着してそばかすやシミができてしまいます。

しかし、人間の肌は「ターンオーバー」を繰り返す事で、メラニン色素が沈着した皮膚細胞を排出し、元の肌の色に戻す事が可能なのです。

ただし、これはあくまでもターンオーバーが正常に行われている場合の話であって、血行不良等を起こしている場合だと代謝が悪くなり正常にターンオーバーが行われなくなってしまうのです・・・

つまり、肌が生まれ変わらないのでメラニン色素がどんどん蓄積されて、どんどんそばかすが濃くなって目立ってしまうと言う事です。

そうならない為にも、しっかりと肌のターンオーバーを促進してあげないといけないのです。

肌のターンオーバーを促進させるのに良いと言われている成分は、「ビタミンE」になります。

そして、メラニン色素の沈着を防ぐ効果がある成分は「ビタミンC」になります。

ビタミン類はそばかすやシミだけでなく、美しい肌を保つのに欠かせない栄養素になります。

そして、メラニン色素の生成自体を防いでくれる「L-システイン」、それから肌の生まれ変わりをサポートしてくれる「パントテン酸カルシウム」、これらの有効成分をバランスよく摂取することで、そばかすを消すことが可能となるのです。

つまり、そばかすを消す方法は外側からアプローチする美白化粧品ではなく、体の内側から直接そばかすの原因にアプローチしてくれる栄養成分を摂取することになります。

それを可能にしてくれるのが、「そばかすを消す薬」と言うことなのです。

そばかすを消す方法は医薬品が最適!

そばかすを消す方法は医薬品が最適になります!

医薬品と言っても、皮膚科等で処方される副作用のリスクの高い医療用医薬品ではなく、副作用のリスクの低い市販されている医薬品になります。

シミやそばかすを消す効果の高い「L-システイン・パントテン酸カルシウム・アスコルビン酸(ビタミンC)・ビタミンE」等の有効成分がしっかりと配合されているので、継続して飲む事で徐々にそばかすの無い肌へと生まれ変わるのです。

また、今回ご紹介する医薬品は、9種類の生薬成分も配合されていて血行改善効果が高いのでターンオーバーが促進されて、そばかすを消すだけではなく、根本からシミやそばかすができにくい肌へと生まれ変わらせてくれるのです。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・他
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、ニキビや肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。

ロスミンローヤルはシミやそばかすを消すだけでなく、その後のケアもしっかりとしてくれる薬になります。

ロスミンローヤルに配合されている9種類の生薬成分が血行改善してくれるので、肌を紫外線から守ってくれてターンオーバーが促進されてシミやそばかすができにくい肌へと進化するのです。

血行不良はターンオーバーの周期を狂わしてしまいますので、ターンオーバーを正常化する為にも血行改善が必要なのです。

ターンオーバーとは「新陳代謝」のことで、血流によって全身へ新鮮な酸素や栄養素を届けて「老廃物を排出する働きがある」のです。

つまり血行不良はターンオーバーを弱らせると言うことなのです。

それから、ロスミンローヤルに含まれる「L-システイン」も、メラニン色素の生成を抑制させるだけではなく、ターンオーバーを促進させる働きがありますので、Wの効果で肌内部に蓄積されたメラニン色素を排出してくれるのです。

基本的に肌が生まれ変わる期間は「約42日間」と言われていて、このサイクルが「ターンオーバー」と言われている肌の代謝になります。

L-システインはアスコルビン酸(ビタミンC)と協力してそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、紫外線等の影響で大量発生してしまったメラニン色素を無色化し、肌の代謝(ターンオーバー)を正常化して角質層に沈着したメラニン色素の排出をサポートする働きがあります。

このような働きによって、そばかすは徐々に消えていき、最終的にはそばかすの無いキレイな真っ白な美肌が手に入るのです。

また、L-システインを摂取することで体内でコラーゲンが生成されるので肌にハリが出たり、角質を柔らかくしてくれるのでニキビができにくい肌質へと変わり肌トラブルの無い肌へと改善するのです。

そばかすを消す方法まとめ

そばかすは、遺伝的要素が強いシミの一種ですが、根本は紫外線が原因となりますので遺伝に関係なく現れる場合もあります。

しかし、原因が紫外線によるメラニン色素の生成と言うことは分かっていますので、そばかすを消すことは可能なのです。

そばかすもシミも肌内部に蓄積されたメラニン色素になりますので、肌のターンオーバーを正常化してあげれば今以上に増えることはないですし、そばかすを消してくれる効果のある有効成分を配合した薬を摂取すれば消すことも可能です。

ですから、そばかすで悩まれているのでしたらまずは市販薬のロスミンローヤルを試してみてください。

皮膚科や美容クリニックでレーザー治療等で消す事も可能ですが、そばかすの場合は無数にありますので、費用がかなり高額になってしまう事と、万が一「炎症後色素沈着」等の症状が現れてしまうと大変なことになってしまいます。

ですから、そばかすはレーザー治療ではなく医薬品で体の内側から改善してあげるのが、最も最適な方法なのです。

また、美白化粧品でそばかすを消す方法なども紹介されていますが、美白化粧品ではそばかすを消すことはできませんのでご注意くださいね。

そばかすの根本は肌の最深部である真皮層にありますので、外部からどれだけ有効成分を塗り込んでも真皮層にまで届きません・・・

しかしそばかすを消す薬なら、体の内側から真皮層にあるそばかすの原因へ直接アプローチすることができるのです。

その結果、今まで消えることのなかったそばかすや頑固なシミもキレイに消すことが可能となるのです。

そばかす対策まとめ!確実に消すために必要なアイテム5選をご紹介

2017.07.05

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!