20代のシミは薬で消すことができる!?原因と改善方法について!

20代と言えばシミ一つないキレイな肌だと思われがちですが、早い人だと20代でもシミが現れはじめます・・・

ですが20代でシミが現れるのは少数派!20代でシミが現れはじめる人にはある共通点があります。

  • 色が白い
  • 日焼けをしてもすぐに黒くならない
  • 肌のキメが細かい
  • 肌質がなめらか
  • 乾燥肌

以上が20代でもシミができやすい人の共通点になります。

最も多くの女性が悩んでいるシミは「老人性色素斑」で、原因は紫外線のダメージによるものになります。

この老人性色素斑は、日焼けの後すぐに肌が黒くならない人にできやすいシミとも言われています。

また、学生時代にクラブ活動やアウトドアで日焼け止めを塗らずに過ごしていたと言う人は、20代でもシミが現れてきやすい傾向にあります。

その他だと、肌のケアにあまり関心が無い人も20代と言う若さでシミが現れてきます。

結論を先に言いますと、20代でできるシミは薬で消すことができます!と言うことです。

ですが、シミを消すことは簡単だけど今後シミを増やさないためにも原因と予防対策についてしっかりと覚えておきましょう。

20代の方におすすめのシミを消す薬は後ほどご紹介しますので興味のある方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

20代の人に多く見られるシミとその原因

シミは40歳を超えてからできるもの!と思って油断していると20代という若さでも現れてしまいます。

20代の方に多く見られるシミは、

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着

になります。

老人性色素斑とは


老人性色素斑とは最も一般的なシミで、原因は紫外線による影響で、頬骨の高い部分やこめかみ辺りによくできるシミで、「数mm~数10mm程度の大きさのシミで平坦で丸に近い形の色素斑」になります。

左右対称ではなくまばらにできるシミで境界がはっきりしているシミになります。

また、年齢を重ねる毎に増えてくるシミで中年以降に急激に増え始めます。

名前に「老人性」と付いていることから年配者にしかできないシミだと思われていますが、原因が紫外線になりますのでたとえ20代と言う若さでも、紫外線対策をしっかりとしていないと容赦なく現れてきます。

上記でも言いましたが、老人性色素斑ができやすい特徴は、色白で肌がキメ細かく日焼け跡にすぐに黒くならないタイプの人になります。

多くの女性が悩むシミは老人性色素斑!その原因と改善方法について徹底解説

2017.01.23

炎症性色素沈着とは


炎症性色素沈着とは、主に「ニキビ・虫刺されによる肌の炎症が原因」となってできるシミになります。

色は褐色で年齢や性別に関係なくできるシミになります。

また、肌質に合っていない化粧品を使用した場合でも、肌が弱い人でしたら炎症を起こしてしまう事もありますので、このような場合でも炎症性色素沈着を起こしてしまう事もあります。

それから、炎症性色素沈着は顔だけではなく、全身にできるシミでもあります。

転んで怪我をした後にできるシミなんかも、炎症性色素沈着に該当します。

炎症性色素沈着は、肌のターンオーバーが正常であれば自然と消えるシミですが、紫外線を大量に浴びてしまうと根深いシミとなり消滅しなくなって沈着してしまいますので注意が必要になります。

炎症性色素沈着はニキビや肌荒れが原因でできるシミ!原因と対策と改善方法について

2017.01.26

どちらのシミも発生や悪化の原因は紫外線の影響になります。

外出しないからと言って自宅ですっぴんのまま居る人や、日焼け止めなどの紫外線対策をせずに外出する人は特に注意が必要になります。

「若いからまだ大丈夫!」

という考えは捨てましょう。

また、シミの主な原因は紫外線の影響によるものですが、他にも「ストレス・睡眠不足・栄養不足・ホルモンバランスの乱れ・生活習慣の乱れ」等もシミの原因となりますので、規則正しい生活を送るようにしてください。

不規則な生活週間はホルモンバランスが崩れてしまいますので、肌のターンオーバーが乱れてしまいシミのできやすい肌になってしまいますので十分注意するようにしましょう。

20代からはじめるシミの予防対策

20代なのでシミができていない人も多いと思いますが、シミは突然現れます・・・

ですから、「若いからまだ大丈夫!」と慢心にならずにしっかりとシミの予防対策を心がけるようにしましょう!

たとえ20代と言う若さであってもシミができる要素は十分にありますので、しっかりと自覚することがシミの予防対策にも繋がります。

特に学生時代に外で行うクラブ活動に励んでいたと言う方は注意が必要になります。

シミはすぐに現れるものではなく、紫外線のダメージを受けてから5~20年後ぐらいに現れはじめます・・・

つまり、13~18歳頃にクラブ活動で大量の紫外線を浴びていたと言う人は、数年後の20代になって突然シミが現れはじめる場合が多いと言うことです。

もちろん人によっては全くシミが出ない場合もありますが、上記で言いましたシミができやすいタイプの肌の人は注意が必要になります。

ですから、特にシミができやすい人はしっかりと紫外線対策をするように心がけましょう。

シミの予防対策には紫外線対策が最も効果的になります。

紫外線は浴びれば浴びるほどシミの原因となります。

しかも忘れた頃にシミが現れてくるのです・・・

紫外線はいわゆるシミの時限爆弾で、そのスイッチが紫外線と言うことです。

シミができるスイッチでもある紫外線から肌を守る為にも、しっかりと日焼け止めなどを使用して紫外線対策をするようにしてください。

日焼け止めは日差しの強い夏しか使用しないと言う方が多いのですが、紫外線は1年中降り注いでいますので、冬場であってもしっかりと対策する必要があります。

また、シミの原因である紫外線は曇りの日でも室内にいる時でも雲や窓ガラスを透過して肌まで届いてしまいます。

ですから、外出しない時や梅雨時期の曇りの日でもしっかりと日焼け止めを塗ることをおすすめします。

20代のシミを消す改善方法は市販薬がおすすめ

20代でできてしまったシミを消す方法は、皮膚科でレーザー治療を受けるか、市販薬のシミを消す薬を飲んで消すかのこちらかの方法になります。

しかし、20代だとまだまだ若いので皮膚科や美容クリニックでレーザー治療を受ける必要はないでしょう!

美白化粧品や美白効果の高いクリーム等を使用している人も多いのですが、美白化粧品ではシミを薄くすることはできても消す事はできません。

ですから、20代の方でシミを消したいのでしたら医薬品をおすすめします。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・他
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、冷え性やニキビ、肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。

上記の飲み薬は第3類医薬品の市販薬になりますので副作用のリスクが低く安心して飲んでいただけます。

また、シミの効く13種類の有効成分に加えて9種類の生薬成分が配合されていますので、血行改善効果が高く冷え性等の改善効果も高いのでシミにお悩みの20代女性にはおすすめの医薬品になります。

ロスミンローヤルは、体の内側からシミの根本であるメラニン色素等に働きかけて、ターンオーバーを促進させることでシミを消す事が可能な医薬品になります。

皮膚科等で処方されるハイドロキノンクリームは皮膚に直接塗布するものなので、肌の最深部の真皮層に沈着してしまっているシミまでは消す事ができません。

しかもハイドロキノンクリームは副作用のリスクが高く、白斑ができたりもしますのであまりおすすめではありません。

シミを根本から消して、シミのできにくい肌質を手に入れるならロスミンローヤルがおすすめになります。

ロスミンローヤルの効果や成分を徹底解説!利用者の口コミと副作用について

2017.01.25

20代のシミまとめ

20代と言う若さでもシミはできてしまいます。まだまだ若いから大丈夫と油断していると気が付いたらシミが・・・。

なんてこともよくありますので、たとえ20代であってもしっかりと紫外線対策をしてシミを予防しましょう。

また、シミが既にできてしまっている人は上記でおすすめしたシミを消す薬で改善するようにしましょう。

シミは一度できてしまうとメラニン色素が生成されやすくなりますので、どんどん増えていきます。

ですから、早い段階でシミを消して今以上にシミを増やさないようにする努力が必要になってきます。

また、シミができてしまったからと言って諦めるのではなく、ロスミンローヤルのような医薬品でシミを消して、今以上にシミを増やさないためにもしっかりと紫外線対策を心がけるようにしましょう。

ロスミンローヤルの公式サイトで詳細を見てみる>>

補足:20代の方には飲む日焼け止めサプリもおすすめします!

20代と言えば、若くてピチピチして人生で最も楽しい時期でもあります。

もちろん30代には30代の楽しみ方があり、年代ごとに楽しみ方は異なりますが、20代は海や山へ遊びに行って日に焼けることが最も多い時期でもあります。

だからこそ30代40代になってシミができて後悔しないためにも紫外線対策を徹底する必要があります。

日焼け止めクリームを塗っている人は多いと思いますけど、定期的に塗り直している人はほとんど居ません・・・

そのため、紫外線のダメージを受けてしまい、紫外線対策しているつもりでも実はできていないと言う場合がほとんどです。

そんな時におすすめなのが「飲む日焼け止めサプリ」になります!

飲む日焼け止めサプリを飲んでおくことで、日焼け止めクリームの塗り直しを忘れても紫外線の影響を受けることは無くなりますし、日焼け止めを塗ることができない体の隅々まで紫外線から守ってくれます。

つまり、日焼け止めクリームと飲む日焼け止めサプリを併用することで、最強の紫外線対策となると言うことです。

これから夏になると海水浴やプール、川へ遊びに行ってBBQをしたりと楽しい遊びが待っていますが、紫外線対策を怠ると数ヶ月後、数年後にシミとなって表れてきますので、遊びに行く機会が多いと言う場合は、飲む日焼け止めサプリで紫外線対策を徹底するようにしましょう。

飲む日焼け止めサプリメントの決定版!おすすめ商品をランキングでご紹介

2017.04.08

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!