30代のシミは薬で消すことができる!?原因と改善方法について!

早い人だと30代からシミが現れはじめます。

「シミは40代から!」と思っている人も多いと思いますが、油断していると30代に入った途端シミが急激に増える場合もあります。

そんな30代の女性に多く見られるシミの種類は、

  • 老人性色素斑
  • 肝斑
  • そばかす
  • 炎症性色素沈着
  • ADM(対称性真皮メラノサイトーシス)

と多様になります。

30代は肌の曲がり角と言われ、今まで長期に渡って浴びてきた紫外線や間違ったスキンケアのダメージが現れやすい年代になります。

スキンケアを疎かにしていた人は慌てていると思いますが、今あるシミを消すためには今からスキンケアを徹底するよりも薬が効果的なのです。

もちろん今後シミを増やさないためにも徹底したシミの予防対策であるスキンケアは重要ですが、今あるシミを消すには医薬品が最適になります。

今回はそんな30代のシミの原因と改善方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

30代でシミが目立ち始める原因について

20代のシミは学生時代のクラブ活動等で大量に浴びた紫外線の影響によるものが多いのですが、30代に入るとそれに加えて仕事や育児の負担が大きくなり、その責任感によるストレスの影響で「生活習慣が乱れる」ことや「妊娠」等が大きな原因となります。

しかも、30代に入ると肌の保湿力が低下し、肌の弾力に必要なコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドの量が減少してしまいます・・・

肌の保湿力が低下すると「肌のバリア機能が低下」しますので、紫外線や外部刺激等のダメージから肌を守れなくなってしまうのです。

また、30代に入ると基礎代謝の低下により「ターンオーバーが乱れる」ので、体内で生成されるメラニン色素の排出が間に合わなくなりシミとなって肌表面に現れてくるのです。

つまり、30代は基礎代謝の低下やストレスが溜まりやすい状況になるので、20代と比較してもシミができやすい年代と言うことになります。

特に注意してほしいのが「ストレス」で、過度のストレスは自律神経が乱れて皮脂分泌を過剰にしますので肌のくすみの原因にもなります。

午前中は肌の色が白く澄んでいても、夕方になるに連れて皮脂が外気に触れることで酸化してしまい肌がくすんでしまうのです・・・

それから、ストレスに対抗しようとすることで男性ホルモンが分泌され皮脂分泌が増加してしまいます。

さらに、抗ストレスホルモンが生成される時に、ビタミンCやB群が大量に消費されるので、「シミができやすい肌」になってしまうのです。

ですから、なるべくストレスを溜め込まないようにしましょう。

もし日常生活やお仕事でストレスを感じているのであれば、ストレス発散を心がけるようにしましょう。

30代で最も多いシミは老人性色素斑

30代でできるシミは上記でも言いましたが実に多様で、ほとんどの種類のシミに悩む年代となります。

その中でも最も多くの30代女性が悩んでいるシミが「老人性色素斑」になります。

老人性色素斑とは


老人性色素斑とは最も一般的なシミで、原因は紫外線による影響で、頬骨の高い部分やこめかみ辺りによくできるシミで、「数mm~数10mm程度の大きさのシミで平坦で丸に近い形の色素斑」になります。

左右対称ではなくまばらにできるシミで境界がはっきりしているシミになります。

また、年齢を重ねる毎に増えてくるシミで中年以降に急激に増え始めます。

名前に「老人性」と付いていることから年配者にしかできないシミだと思われていますが、原因が紫外線になりますのでたとえ30代と言う若さでも、紫外線対策をしっかりとしていないと容赦なく現れてきます。

ちなみに老人性色素斑等のシミができやすい特徴は、

  • 色が白い
  • 日焼けをしてもすぐに黒くならない
  • 肌のキメが細かい
  • 肌質がなめらか
  • 乾燥肌

以上がシミができやすい人の共通点になります。

最も多くの女性が悩んでいるシミは「老人性色素斑」で、主な原因は紫外線のダメージによるものになります。

この老人性色素斑は、日焼けの後すぐに肌が黒くならない人にできやすいシミとも言われています。

多くの女性が悩むシミは老人性色素斑!その原因と改善方法について徹底解説

2017.01.23

30代のシミ予防対策について

30代は何かと多忙になりストレスを溜め込みやすくなる年代で、20代後半あたりから体質の変化を感じている人は、肌の変化にも要注意になります。

今はまだ大丈夫でも、気がつくとシミができているかもしれません・・・

この30代にしっかりとシミの予防対策を行うか行わないかで40代50代の肌に大きな差が出てしまいます。

ですから、しっかりと正しいシミの予防対策を心がけるようにしましょう。

紫外線対策の徹底

20代30代は若い頃に大量に浴びた紫外線の影響が出始める年代になりますので、将来今以上にシミを増やさない為にも「紫外線対策」を徹底するようんしましょう。

ちょっとスーパーに買い物に出かける時や、散歩、洗濯物干しの時も気を抜かないようにして、日焼け止めの塗布は徹底しましょう。

また、たとえ外出しない時であっても、紫外線は窓を透過して肌内部にまで届きますので、室内にいる時であっても日焼け止めを塗って紫外線対策は徹底するようにしましょう。

特に自宅に居る時はすっぴんと言う方は注意が必要になります。

それから、外出時のファッションに関しましても、なるべく肌の露出度が低いものを選ぶようにして、サングラスや帽子、ストール等を取りいれるようにしましょう。

基礎代謝のアップ

基礎代謝のアップは、皮膚のターンオーバーが促進されますので「メラニン色素の排出」を促してくれます。

加齢と共に基礎代謝は低下しますので、代謝を上げる為にも適度な運動とバランスのとれた食生活を心がけましょう。

ウォーキング等の有酸素運動を取りいれたり、自宅でできる筋トレ、ストレッチ等の運動を取りいれて細胞を活性化させましょう。

食生活の改善

食生活では体の芯から温めてくれる「肉類・大豆製品・ナッツ類」等のアミノ酸を豊富に含んだ食材や、ビタミン、ミネラルの摂取を意識するようにしましょう。

不足しがちな栄養素に関しましては、サプリメント等で補給するようにしましょう。

美白ケア

美白成分配合の化粧品やサプリ等で美白ケアを行うようにしましょう。

今以上シミを増やさない為にも、メラニン色素の生成を抑制させる必要があります。

その為にも徹底した紫外線対策と、徹底した美白ケアが必要なってきます。

メラニン還元作用でシミを薄くするビタミンC誘導体や、メラニン生成を抑える「アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール・カモミラET」などを配合した化粧品等の肌に合ったもので毎日欠かさず美白ケアを続けることが重要になります。

30代のシミを消す改善方法は市販薬がおすすめ

30代でできてしまったシミを消す方法は、皮膚科でレーザー治療を受けるか、市販薬のシミを消す薬を飲んで消すかのどちらかの方法になります。

しかし、30代だとまだまだ若いので皮膚科や美容クリニックでレーザー治療を受ける必要はないでしょう!

美白化粧品や美白効果の高いクリーム等を使用している人も多いのですが、美白化粧品ではシミを薄くすることはできても消す事はできません。

ですから、30代の方でシミを消したいのでしたら市販薬の飲み薬をおすすめします。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・9種類の生薬成分・他
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、冷え性やニキビ、肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。

上記の飲み薬は第3類医薬品の市販薬になりますので副作用のリスクが低く安心して飲んでいただけます。

また、シミの効く13種類の有効成分に加えて9種類の生薬成分が配合されていますので、血行改善効果が高く冷え性等の改善効果も高いのでシミにお悩みの30代女性にはおすすめの医薬品になります。

ロスミンローヤルは、体の内側からシミの根本であるメラニン色素等に働きかけて、ターンオーバーを促進させることでシミを消す事が可能な医薬品になります。

皮膚科等で処方されるハイドロキノンクリームは皮膚に直接塗布するものなので、肌の最深部の真皮層に沈着してしまっているシミまでは消す事ができません。

しかもハイドロキノンクリームは副作用のリスクが高く、白斑ができたりもしますのであまりおすすめではありません。

シミを根本から消して、シミのできにくい肌質を手に入れるならロスミンローヤルがおすすめになります。

ロスミンローヤルの効果や成分を徹底解説!利用者の口コミと副作用について

2017.01.25

30代のシミまとめ

シミは40代からではなく、30代でもシミは現れます。

10年後20年後の肌の事を考えると、30代から徹底したシミ予防対策を行う必要があります。

基本的に今現れているシミは、10~20年前に浴びた紫外線によるダメージからできています。

肌のターン―オーバーが正常であれば、メラニン色素が排出されるので徐々にシミは消えますが、30代になると老化現象の一つで基礎代謝が低下しますので、ターンオーバーが乱れてしまいます。

そうならない為にも、ウォーキング等の有酸素運動を取りいれたり、食生活の改善を心がけて基礎代謝アップを目指しましょう。

また、既にできてしまっているシミに関しましては、上記で紹介しました9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分配合のロスミンローヤルで消すようにしましょう。

ロスミンローヤルの公式サイトで詳細を見てみる>>

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!