出産後に増える顔のシミの原因はなに?産後にできるシミを消す方法について

女性の方で妊娠出産を経験すると、突然顔にシミが増えたと言う方も多いのではないでしょうか?

特に出産後に顔にシミができたと言う女性が多く、すぐに消えるシミとそうでない頑固なシミの両方があります。

産後にふとした瞬間にシミやそばかすに気づくとショックですよね?

20代と言う若さであっても出産後に顔にシミができてしまう場合がよくあります。

一箇所だけなのか複数個所なのかは個人差がありますが、例え1箇所だけでも顔にシミができるのは嫌なことです。

そこで今回は、出産後に増える顔のシミの原因とシミを消す方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

出産後にシミやそばかすが顔に増える原因は女性ホルモンの影響

出産後突然顔にシミやそばかすが増えたと言う人も多いと思います。

これは、「妊娠・出産」によるホルモンバランスの乱れが原因で、ほとんどの方が経験してしまう現象になります。

産後にシミやそばかすが増える原因に女性ホルモンである「エストロゲン」が深く関わっていて、ホルモンバランスが乱れることによってエストロゲンの分泌量に悪影響を与えてしまうことになるのです。

この女性ホルモンであるエストロゲンには、肌の状態を保持する役割があり、美肌を保つための働きを担っているのです。

また、エストロゲンは妊娠を継続させる為にも必要不可欠な女性ホルモンでもあります。

妊娠するとこのエストロゲンの分泌量が急激に増え、出産を終えると一気に減少してしまうことになるので、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

その結果、顔にシミやそばかすが増えやすくなってしまい、気づいた時にはシミができてしまっているのです・・・

女性ホルモン「エストロゲン」の妊娠と出産の働きについて

女性は妊娠をすると、妊娠を継続させるために女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が増加します。

この時にもう一つの女性ホルモンである「プロゲステロン」も同時に分泌量が増加します。

この2つの女性ホルモンは出産まで増え続け、妊娠を継続させるために子宮を大きくし、乳防の中に通っている乳腺を発達させ母乳を作るための準備を行います。

エストロゲンは別名「美肌ホルモン」と呼ばれていて、肌のハリやツヤを支えるためのコラーゲンやエラスチンを維持し、肌の老化の原因となる「活性酸素」の働きを抑える作用があります。

出産を終えると体内で赤ちゃんを育てる必要がなくなるため、急にエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が減少してしまい、「肌バリア機能」が低下してしまいます。

肌バリア機能が低下すると外部からの刺激を受けやすくなり、肌が炎症を起こしてしまったり、肌トラブルを招いたり、シミやそばかすができやすい状態となってしまうのです。

また、急激にホルモンバランスが乱れてしまうことで、セロトニンをはじめとする脳内神経物質の働きが弱まり、出産後のうつ症状や抜け毛、肌トラブルを招来やすい状態になってしまいます。

産後にできる顔のシミはエストロゲンよりもプロゲステロンの影響が大きい!?

プロゲステロンは妊娠中に活発に分泌される女性ホルモンで、胎児を成長させるための胎盤を形成し、子宮筋の収縮を抑えると言った妊娠にとってとても重要な役割を担っているホルモンになります。

しかし、プロゲステロンはシミの原因であるメラニンの生成を行うメラノサイトを活発にさせてしまう働きがあるため、妊娠や出産時期にシミやそばかすの色が濃くなったり、シミやそばかすが増えやすい状態になってしまいます。

出産を終えると女性ホルモンの分泌量は極端に減少しますが、プロゲステロンの場合は急激に減るのではなく、半年から1年ほどの期間をかけて徐々に減少していくかたちになります。

一方美肌ホルモンであるエストロゲンは急激に減少しますので、肌の状態を保持することができず美肌を守れなくなってしまうのです・・・

したがって、出産後に増えるシミのほとんどはプロゲステロンが影響していると言うことになります。

プロゲステロンの分泌量は徐々に減少していきますが、その間もメラニンの生成は行われていますのでシミやそばかすとなって表れやすくなります。

出産後はエストロゲンの働きを最大化してあげることが重要!

出産後はエストロゲンが急激に減少しホルモンバランスが乱れてしまうため、シミやそばかすができやすい状態となってしまいます・・・

ですから、美肌ホルモンであるエストロゲンの働きをサポートし最大化してあげることでシミやそばかすの予防に効果的なのです。

エストロゲンは女性にとってとても重要なホルモンで、美肌をキープしたり、女性らしい体を形成するのに必要不可欠なホルモンになります。

この女性ホルモンエストロゲンの働きをサポートするには、エストロゲンと似た働きをする栄養素をしっかりと補給する必要があるのです。

その栄養素が「大豆イソフラボン」になります。

大豆イソフラボンは、エストロゲンの非常によく似た働きをするので、妊娠中や出産後は積極的に摂り入れることをおすすめします。

大豆イソフラボンは「納豆・豆腐・おから・味噌・油揚げ・豆乳」等の大豆食品から摂取することが可能になります。

他にも大豆イソフラボンを効率よく補給する為にサプリメント等もたくさん販売されていますが、妊娠中や授乳中の場合はなるべく食事から補給するようにしてください。

特に出産後はエストロゲンが急激に減少してしまいますので、積極的に大豆イソフラボンを含んだ食事を摂取するようにしましょう。

出産を終え授乳期も終えたと言う場合は、大豆イソフラボンを主成分としたサプリメント等がおすすめになります。

▼授乳期を終えた方におすすめの大豆イソフラボンサプリメントの「イソラコン」

http://isolacom.jp/

出産後にできるシミやそばかすのセルフケア方法

出産後にシミやそばかすを増やしたくない場合は、毎日の小まめなセルフケアが重要になります。

妊娠中に受けてしまった紫外線のダメージや肌への影響は産後もしばらく継続するため、毎日ケアしてあげる必要があります。

産後は紫外線対策を徹底する

出産後はシミやそばかすができやすい状態にあるため、しっかりと紫外線対策を行う必要があります。

室内にいる時でも日焼け止めクリームを徹底的に塗り、外出時は帽子や日傘、サングラス等の紫外線対策アイテムを活用するようにしましょう。

これは日差しの強い夏だけではなく、曇りの日が多い梅雨時期や冬場であっても同じ事が言えます。

紫外線は1年中降り注いでいますので、季節や天気に関係なく日焼け止めクリームを徹底するようにしてください。

また、外出しない日であっても、紫外線は窓ガラスを透過して肌内部に届きますので、家の中にいる時でも紫外線対策を徹底するようにしてください。

少し面倒ではありますが、室内外問わず日焼け止めクリームとファンデーションを塗ることで、紫外線のダメージを最小限にしシミやそばかすが増えるのを防ぐことができます。

室内にいる時ほど油断しがちですが、紫外線は地下に潜らない限りどこに居ても影響を受けてしまいますので、出産後は特に注意する必要があります。

美容液や美白クリームでスキンケア

出産後の肌は肌バリア機能が低下していてとてもデリケートな状態になりますので、産後用の美白化粧品等を使用してスキンケアするようにしましょう。

メラニンの生成を抑制するトラネキサム酸が配合された美容液やクリームがおすすめですが、出産後は肌がとてもデリケートな状態になっていますので、化粧品選びは慎重に行う必要があります。

シミ対策に有効な成分と言えば、トラネキサム酸とプラセンタエキスになります。

トラネキサム酸は、メラノサイトを刺激すると言われている「炎症性プロテアーゼ(プラスミン)」の産生を抑制し、働きを阻害することでシミの原因であるメラニンの生成を抑制します。

そして、プラセンタエキスはメラノサイトがメラニンの生成をしないようにする働きがあることと、生成されてしまったメラニンを排出させる働きもあります。

この2つの成分を配合した化粧品でケアしてあげることで、出産後のシミ対策が可能となります。

出産後のシミ対策にも使えるトラネキサム酸とプラセンタエキスを配合した化粧品はほとんど無いのですが、出産後のシミ対策用に作られた「マルガレッタ」と言うオールインワンゲルがあります。

マルガレッタは、プラセンタエキスを配合したオールインワンゲルとトラネキサム酸を配合したナイトクリームの2本セットの化粧品で、出産後のシミ対策に最適な化粧品になります。

出産後のシミやそばかすが気になる方は、マルガレッタの公式サイトを一度チェックしてみてください。

>>マルガレッタの公式サイトで詳細を見てみる

出産後に増えたシミが消えない!?頑固なシミを消す方法

上記で解説しました通り、妊娠と出産が原因で顔にシミが増えることがよくあります。

しかし、これは女性なら仕方がないことで、ほとんどの方がホルモンバランスの影響でシミができてしまいます・・・

出産後しっかりとケアを行えばシミが消えることがほとんどですが、稀にしっかりとケアしていたにも関わらずシミが消えずに顔に残ってしまう場合もあります。

このような状況であれば、医薬品を活用することで顔にできたシミを消すことが可能となります。

出産後に顔にできたシミがいつまでたっても消えない場合は医薬品がおすすめ!

なかなか消えない頑固なシミは美白化粧品では消すことはできません。

なぜなら、肌の最深部である真皮層にシミの原因があるからです。

美白効果のある美容液やクリームでは肌の真皮層にまで到達することができませんので、体の内側からアプローチしてあげる必要があるのです。

つまり、外部からどれだけ有効な成分を塗布してもシミは消えることはないと言うことです。

ですから、なかなか消えない頑固なシミは医薬品を服用して体の内側から直接シミに働きかけてあげれば良いのです。

シミを消す為の商品として、「美白化粧品・美白クリーム・美白サプリ」等がありますが、シミを薄くしたり隠したりすることは可能ですが、消すことはできません。

美白化粧品やクリームは美白効果の高い成分が配合されていますが、結局シミの原因は肌内部にありますので直接的な働きには期待できないのです・・・

また、美白サプリに関しましても、シミに効果的な成分が配合されていますが、サプリメントはあくまでも栄養補助食品になりますので、シミを消す効果にはあまり期待できないのです・・・

しかし、シミを消す薬の場合は「医薬品」になりますので、確実な効果に期待できるのです。

体の内側から直接シミへアプローチして、シミの原因である蓄積されたメラニン色素の排出をサポートしてターンオーバーの正常化を促してくれるのです。

皮膚科等で行うレーザー治療のように高額ではなく、痛みがある訳でもないので安心してはじめられます。

また、医薬品になりますので継続して薬を飲み続けることで確実にシミを消すことが可能となります。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・他
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、ニキビや肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。

なぜロスミンローヤルがシミに効果的なのかと言いますと、シミを消す効果にプラス血行改善効果があるからになります。

そもそも肌のターンオーバーが正常に行われるには、血行が関係しているのです。

ロスミンローヤルはシミを消す効果だけではなく、「シミを消す事と血行改善に特化して作られた医薬品」なのです。

せっかくシミを消しても血行不良のままだとターンオーバーが正常に行われないので、またすぐにシミができてしまいますよね!

特に出産後に残ってしまったシミの場合は、妊娠中に受けた紫外線の影響で出産後に現れるシミになりますので、常にターンオーバーを正常化しておかないといけないのです。

ですから、出産後にできたシミを消して、さらに血行改善効果でターンオーバーを正常化して、新たなシミを作らないと言う肌作りが重要になるのです。

これができるシミ消し薬は、今のところ生薬成分を配合したロスミンローヤルだけなのです!

しかも、ロスミンローヤルは「小ジワ」にも効果がある薬になりますので、シミと小ジワが気になっていると言う人は是非お試しください。

シミを消して血行改善を可能にしてターンオーバーを正常化してくれるのはロスミンローヤルだけなのです。

シミを消す薬を比較したい人はこちら>>

まとめ

出産後はシミやそばかすができやすい状態になりますので注意が必要になります。

毎日のこまめな紫外線対策やスキンケアが将来の美肌を左右しますので、面倒くさがらずに徹底することをおすすめします。

シミがそれほど深くない場合は美容液や美白クリーム等の化粧品で消えることもありますが、真皮層に達しているシミの場合は美白化粧品では消すことはできません。

ですので、いつまでたってもシミが消えない場合は、ロスミンローヤル等のシミを消す薬をおすすめします。

ロスミンローヤルの服用は、公式サイトにも記載があるように「妊娠中」や「授乳中」でも服用可能ですが、医薬品になりますので心配な方は担当医に相談してから服用するようにしてください。

妊娠するとシミができる!?妊娠性肝斑の予防対策について

2017.06.10

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!