コラーゲンはシミやシワに効果的!?肌に与える潤いと美肌のメカニズム

昔から「コラーゲンは肌に良い」と言われている美容効果の高い成分で、一時期コラーゲンブームが起こりましたね。

当時はコラーゲンが配合されたさまざまな化粧品や栄養ドリンクが販売され、ちょっとしたコラーゲンブームが巻き起こっていました。

その一方で、一部のテレビやネットでは「コラーゲンは意味がない」と騒がれた事もありました。

ある研究者の間では「コラーゲンは良質なタンパク質ではなく、摂取してもアミノ酸に分解されるだけ」と言ってコラーゲンの効果を否定していました。

しかしその後の研究で「コラーゲンペプチド」と言う低分子化されたコラーゲンが開発され、その効果を実証するさまざまな研究結果が発表されたのです。

コラーゲンが低分子化されたことによって、吸収率が高くなり若い肌を形成することが可能となり美肌効果が認められたのです。

結論を言いますと、コラーゲンはシミに効果的と言うことになるのです。

そこで今回は、コラーゲンがシミに効果的と言うことと肌に美白と潤いを与えてくれるメカニズムについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

コラーゲンとは

コラーゲンは「タンパク質」の一種で、人間の体を構成するのに重要な成分になります。

人間の体に含まれるタンパク質は10万種以上もあり代表的なものがコラーゲンになります。

コラーゲンの効果は美肌効果として認識している人が多いと思いますが、本来の役割は「骨・皮膚・髪・爪・臓器・筋肉」等のあらゆる場所に存在していて、細胞同士を繋ぎ合わせる役割を担っているのです。

ちなみに比率で言いますと、「約40%が皮膚」「10~20%が骨や軟骨」に存在していて、残りが髪の毛や爪であったり、筋肉や臓器に存在しています。

私達人間の体は体重比でみると「約60%が水分」で「約20%がタンパク質」、そして「約15%が脂肪」で残りの数%が無機質となっているのです。

そして、体重の約20%のタンパク質の内の約30%がコラーゲンになるのです。

以上の事からコラーゲンは人間の体の基盤としての役割を担っていると言っても過言ではないのです。

だからこそコラーゲンは人間にとって必須の成分と言うことになります。

コラーゲンの役割

コラーゲンの重要性はなんとなく分かっていただいたと思いますが、ではコラーゲンはどのような役割を担っているのでしょうか?

コラーゲンの主な役割は、

  • 細胞と細胞を結ぶ
  • 支える
  • 外部との境界を作る

になります。

細胞と細胞の間にはコラーゲンを主成分とした「細胞外マトリックス」が存在していて、外側から細胞を守っているのです。

そして、細胞外マトリックスが体の内側から他の組織を支える役目と、細胞同士を結び付ける役目を担っているのです。

つまり、人間の体を形成し維持できているのはコラーゲンのおかげと言うことなのです。

コラーゲンの構造

コラーゲンの構造は複雑で、「三重らせん構造」と言うかたちで3本の鎖がコイルのように巻いてできています。

それぞれの鎖は約1000個ものアミノ酸がつながって形成されていて、このアミノ酸の繋がり方にも特徴があるのです。

つまり、コラーゲンの構造は非常に複雑と言うことです。

コラーゲンが肌に与える潤いと美肌への4つの効果とメカニズム

コラーゲンの役割は上記で解説した通りですが、もっと分かりやすく説明しますと以下のようになります。

まず、コラーゲンが肌に与える4つの効果は、

  1. コラーゲンは肌の潤いを高めてくれる
  2. コラーゲンは「ハリ・ツヤ・弾力性」をアップさせてくれる
  3. コラーゲンの力で毛穴を目立たなくさせてくれる
  4. コラーゲンは肌の奥の隠れたシミにも効果的

になります。

これらの4つの効果で美肌を手に入れる事が可能となります。

それでは細かく見ていきましょう!

①コラーゲンは肌の潤いを高めてくれる

コラーゲンは細胞を活性化させる働きがあることから、摂取し続けることでコラーゲンを生成している線維芽細胞や骨芽細胞も活性化されます。

また、コラーゲンが豊富にあることで「表皮細胞も活性化」するので、ターンオーバー(新陳代謝)が活性化され、肌の埋めれ変わりがスムーズになり、肌の潤いを保てるようになります。

つまり、コラーゲンが満たされている肌は潤いのある肌と言うことになりますので、乾燥肌を改善することが可能となるのです。

ですから乾燥肌の人こそコラーゲンを摂取するように意識しましょう。

②コラーゲンは「ハリ・ツヤ・弾力性」をアップさせてくれる

コラーゲンが充実している肌は潤いがあり、肌内部の水分保持力も高くなりますので「ハリ・ツヤ・弾力」のある肌になります。

人間の肌は年齢にさからうことができずに、加齢とともに頬が垂れ下がり化粧ノリも悪くなってしまいます・・・

しかし、コラーゲンを積極的に摂取して肌に潤いを与えてあげることで垂れ下がった頬にハリを与えて弾力のある頬を実現させることが可能となるのです。

弾力のある肌に生まれ変わることで、指で押してもしっかりと肌が跳ね返ってくるようにもなります。

すると、頬の垂れ下がりもあまり気にならなくなり、実年齢よりもかなり若く見られるようになります。

③コラーゲンの力で毛穴を目立たなくさせてくれる

コラーゲンの効果で肌の水分保持力が高くなると毛穴が目立たなくなります!

コラーゲンが充実していると、肌に潤いがあり、ハリ、ツヤ、弾力がありますので毛穴が引き締まって目立たなくなります。

ただし毛穴の汚れや黒ずみまでキレイになると言うことではございませんのでしっかりとケアするようにしましょう。

しかし、肌のコラーゲン不足は潤いがなくなることから乾燥肌となり、ハリもツヤも弾力もなくなり毛穴の開きもシワも目立つようになります。

④コラーゲンは肌の奥の隠れたシミにも効果的

低分子化されたコラーゲンペプチドはシミにも効果的と言うことが分かっています。

シミと言えば肌表面に見えているものだけと思っている人も少なくはありませんが、実は肌内部の真皮層に隠れたシミがあるのです。

コラーゲンペプチドは、この隠れシミにとても効果があるのです。

コラーゲンには以上の4つの効果があります。人間は老化を防ぐ事はできませんが、遅らせることは可能なのです。頬の垂れさがりやシワ、乾燥肌はコラーゲンの補給で改善することができます。つまり年齢に負けない肌作りにはコラーゲンが必須と言うことです。また低分子化されたコラーゲンペプチドは隠れシミにも効果を発揮しますので、シミの予防対策としても効果があるのです。

コラーゲンが減少するとシミができやすい体質になる!?

上記でも言いましたが、コラーゲンは細胞と細胞をつなぎ合わせる効果があります。

つまり、コラーゲンは「表皮・真皮・皮下細胞」等の3層に分けられた皮膚をつなぎ合わせて正しい位置に整列させてくれていると言うことです。

皮膚と言えば一番外側にある表皮を思い浮かべると思いますが、肌の健康状態は真皮の状態で決まるのです!

そして、この真皮は70%以上がコラーゲンで構成されているのです。

要するに、コラーゲンが不足すると肌が不健康な状態になてしまうと言うことです・・・

皮膚のハリやツヤ、弾力を維持するためには真皮に存在するコラーゲンがとても十四になるのですが、加齢とともにコラーゲンは減少し肌内部の水分保持力が低下してしまいます。

その結果頬が垂れ下がったり、シワやシミが増えたりしてしまうのです。

また、老化するのは人間だけではなくコラーゲン自体も老化してしまうのです・・・

例えばですが、20代のコラーゲンを100と考えると、40代では70、80代では20にまで下がってしまうのです・・・

すると、コラーゲン自体の細胞と細胞をつなぎ合わせる働きが低下してしまい、皮膚のハリやツヤ、弾力や潤いを保てなくなるのです。

そして、シミやシワができやすい体質へと変化してしまうのです。

コラーゲンが減るとターンオーバーが正常に行われなくなる

人間の肌は新しい表皮細胞に繰り返し生まれ変わっています。

古い表皮細胞や角質が剥がれ落ち、新たな表皮細胞が生まれてくるのです。

そして、一番外側の表皮が紫外線や外部からの刺激から肌を守ってくれているのです。

このような流れを「ターンオーバー」と言って、このターンオーバーが正常に行われるにはコラーゲンの力が必要不可欠なのです。

細胞と細胞の間にコラーゲンが充実していると新陳代謝が活性化され、ターンオーバーが促進されるのです。

しかし、コラーゲンが不足していると新陳代謝が低下してターンオーバーが正常に行われなくなりシミの原因となってしまうのです。

ターンオーバーが乱れると古い角質や細胞が肌内部に沈着してしまい、表皮に残っているメラニンも一緒に沈着してしまうのです。

これがシミの原因なのです・・・

ですから、コラーゲン不足を回避してターンオーバーの正常化を意識するようにしましょう。

ちなみにターンオーバーの正常なサイクルは約28日と言われています。

コラーゲンが与えてくれる体への効果

コラーゲンは上記のように美肌効果が高いことはもちろんなのですが、実は他にも人間の体にとって良い効果を与えてくれるのです。

その効果とは一体どのようなものなのでしょうか?

  • コラーゲンは爪が丈夫でキレイにしてくれる
  • コラーゲンは髪の毛のツヤを取り戻しキレイにしてくれる
  • コラーゲンは骨芽細胞を活性化して骨を強くしてくれる
  • コラーゲンは肩こりや腰痛等の関節の痛みを和らげてくれる

コラーゲンには美肌効果以外にも上記のような効果を体に与えてくれるのです!

爪や髪の毛は女性にとってとても大切なものですよね?

①コラーゲンは爪が丈夫でキレイにしてくれる

コラーゲンは表皮細胞を活性化してくれますので、角質層の入れ替わりを促進して爪の表面を新しい角質層でキレイにしてくれます。

したがって二枚爪が改善されたり、しっかりとした丈夫な割れにくい爪になりますので、女性に大人気のネイルが自爪で楽しめるようにもなります。

女性の方でも爪が弱く良く割れると言う人が多いと思いますが、コラーゲンを摂取することでそのような悩みも解消されるのです。

コラーゲンの爪に対する効果は昔から諸外国でも報告されていて、日本でもコラーゲンペプチドを摂取して爪の状態が良くなりしっかりとしたキレイな爪になったと言う報告があります。

②コラーゲンは髪の毛のツヤを取り戻しキレイにしてくれる

日本美容皮膚科学会の研究によると、「女性64人を対象にコラーゲンペプチドを1日5000mgを8週間摂取し続けてもらった結果、髪の毛が太くなった」と言う結果が報告されています。

また、コラーゲンペプチドを摂取し続けた結果髪の毛に「ツヤ・ハリ」が出て、しっとり感やなめらかさ、また髪の毛のまとまりがとても良くなったと言うことも報告されているのです。

特に女性の場合はパーマやカラーを頻繁にするので、髪の毛が傷みやすい状態になるので、コラーゲンペプチドを積極的に摂りいれた方がいいでしょう。

髪の毛は女性にとって命になりますので、傷んでしまう前にコラーゲンで予防対策を徹底するようにしましょう。

③コラーゲンは骨芽細胞を活性化して骨を強くしてくれる

人間は加齢とともに骨密度が低下することから骨が弱くなり、ちょっとの衝撃で骨折してしまったりすることになります。

年寄りの方は転んだだけで脚の骨を折ったりしていますよね?

あれは骨密度が低下している典型例になります。

女性の場合は特に出産をしている人がほとんどだと思いますが、出産を経験することでカルシウムが急激に減りますので骨粗しょう症になりやすいと言われていますし、過度なダイエットをする人も骨が弱くなる傾向にあるので注意が必要なのです。

骨を上部にする代表的な栄養素はカルシウムと言われていますが、実は「コラーゲンも骨を上部にしてくれる効果」があるのです。

コラーゲンは骨を作る骨芽細胞を活性化させて骨の代謝を促進してくれますので、骨を上部にするのに欠かせない成分なのです。

カルシウムも骨を強くするのに必須の栄養成分ですが、コラーゲンもしっかりと摂取するようにしましょう。

④コラーゲンは肩こりや腰痛等の関節の痛みを和らげてくれる

コラーゲンが肩こりや腰痛、その他の関節痛の遺体を和らげてくれるって知っていましたか?

近年の研究で、マウスを使用して実験をしてみた結果「コラーゲンペプチドが関節の軟骨や軟骨下骨の細胞に働きかけで骨の変形を止める働きがある」と言うことが分かったのです。

以前まではハッキリとした因果関係が証明されていなくて、コラーゲンには鎮静効果がある、老化によるコラーゲンの衰えが改善したからではないかと言われていましたが、上記のマウス実験でその原因が明らかとなったのです。

つまり、コラーゲンペプチドを摂取することによって、さまざまな関節痛が改善されますので、膝関節等の痛みや腰痛、肩こりにお悩みの方は積極的に摂取した方が良いと言うことなのです。

コラーゲン豊富な食材を摂取しても意味がない!?

よくコラーゲン豊富な食材を摂取することで美肌効果があると言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

コラーゲンは分子で構成されていて、その数は約30万と言われています。

そして、人間の体が吸収できる分子量はせいぜい「1000程度」になります。

つまり、コラーゲンをそのまま摂取したところで効率よく吸収することができず、分子量の少ないアミノ酸やペプチドに分解されてしまうと言うことなのです・・・

これはコラーゲンだけに限らず、保湿成分で有名なヒアルロン酸やセラミドにも同じ事が言えます。

コラーゲン自体は肌に良い事は間違いないのですが、肌にコラーゲンが届かなければ意味がないのです。

ですから、食事等でコラーゲンを豊富に配合した食材を摂取しても、分子量の少ないアミノ酸やペプチドに分解されてしまいますので肌にコラーゲンが届かなくなってしまうのです。

コラーゲンを効率よく肌に届けるには?

コラーゲンを効率よく肌に届けるには、「低分子コラーゲンであるコラーゲンペプチドを摂取する必要がある」のです。

食事から摂取できるコラーゲンは分子量が30万程度のものが多く、少なくても10万程度になります。

しかし、人間の体がコラーゲンとして吸収できる量は1000程度になりますので、低分子化されたコラーゲンしか肌への効果に期待できないのです。

低分子化されたコラーゲンペプチドは、通常のコラーゲンの分子量の約10000分の1で構成されていて、500~1000の分子量になります。

したがって、コラーゲンをコラーゲンとして吸収して肌へ届けることが可能と言うことになるのです。

しかも、低分子のコラーゲンペプチド「は冷却しても固まらない性質があることから、パウダー状で使用することも可能なのです。

つまり、肌の健康のためや美肌効果を得るためには、低分子化されたコラーゲンペプチドを摂取しないと意味がないと言うことになります。

ですから、コラーゲンを摂取して効率よく肌に届けるにはコラーゲンペプチドが配合されている製品を選ぶようにしてください。

コラーゲンは「エラスチン」や「ビタミンC」と一緒に摂取しましょう

コラーゲンを摂取する際は「エラスチン」と「ビタミンC」も一緒に摂取するようにしてください。

エラスチンはコラーゲンと共に細胞と細胞の間に存在している成分で、網目状に伸びているゴムのような弾力性を持っている成分になります。

このエラスチンがコラーゲンに絡みついて、コラーゲンの線維の結びつきを支えてくれているのです。

エラスチンのの弾力性とコラーゲンの潤い効果で肌にハリやツヤを与えてシワやたるみ、肌の乾燥等を防いでくれます。

エラスチンは食事から摂取することも可能で、主に「牛すじ肉・牛や豚の心臓・小魚・しらす干し・煮魚」等に含まれています。

要はコラーゲン質な食材や小魚に多く含まれていると言うことです。

そして美白効果の高いビタミンCも忘れてはいけません。

ビタミンCは体内でのコラーゲン生成を促進する働きがありますので、コラーゲンと一緒に摂取することをおすすめします。

またビタミンCには強い抗酸化作用もありますので、積極的に摂取するようにしましょう。

ですから、コラーゲンを摂取する際はエラスチンとビタミンCの摂取も忘れないようにしましょう。

コラーゲンペプチドとビタミンCを効率よく摂取する方法

コラーゲンペプチドとビタミンCを習慣化して効率よく摂取する方法にサプリ等がありますが、今回は機能性表示食品をご紹介したいと思います。

機能性表示食品とは、消費者庁がその効果を認めた食品で、科学的根拠に基づいて確実な効果に期待できる食品になります。

ナグプラスうるるん肌ドリンク

美容ドリンクとして日本初の機能性表示食品

初回限定価格 1,980円(73%OFF)
通常価格 7,200円
内容量 24本/24日分(1日1本)
返金保障 30日間
種別 機能性表示食品(消費者庁届出番号A68)
効果・効能 うるおい・ハリ・ツヤ・弾力
原材料名 コラーゲンペプチド(ゼラチン含む)、キチン分解品(デキストリン、キチン分解物)、エリスリトール/ビタミンC、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、カラメル色素、葉酸
販売会社 焼津水産化学工業株式会社(YSK働く女性研究所オンラインショップ)
公式HP http://www.workingwoman-lab-onlineshop.jp
商品説明
ナグプラスうるるん肌ドリンクは消費者庁が認めた機能性表示食品である日本初の美容ドリンクになります。主成分である「NAG(N-アセチルグルコサミン)」が1000mgも配合されていて、コラーゲンペプチドとビタミンCがたるんだ肌にハリを与えてくれます。しかも体のめぐりをよくする効果のある葉酸も配合されているので、しっかりキレイを後押ししてくれるのです。味は「グレープフルーツ&ライチ味」になりますのでとても飲みやすく、続けやすい美容ドリンクになります。NAGはヒアルロン酸をしのぐ浸透力があり、ヒアルロン酸の約44倍と言われています。本来ヒアルロン酸を摂取して体内でNAGとグルクロン酸に分解されてからNAGを吸収するのですが、ナグプラスうるるん肌ドリンクの場合は直接NAGを吸収することが可能なのです。ナグプラスうるるん肌ドリンクで肌の乾燥やたるみを改善し、潤いのあるシワやシミの無い肌を手に入れてください。

まとめ

コラーゲンは肌に潤いを与えて水分保持力を高めてくれることから、ハリやツヤ、弾力を取り戻す事ができ頬のたるみやシワ隠れシミにも効果があります。

また、コラーゲンには爪や髪の毛を丈夫にしてくれる効果や、関節痛の痛み等にも効果的なので積極的に摂りいれておいた方がいいでしょう。

それから、コラーゲン不足はターンオーバーの乱れの原因になり「シミのできやすい体質」になってしまいますので、積極的にコラーゲンを摂取することをおすすめします。

以上のことからコラーゲンは人間にとって必要不可欠な栄養成分と言うことになりますので、いつまでも若く見られるためにも意識して摂りいれるようにしましょう。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!