乾燥肌の原因はホルモンバランスの乱れやストレスが大きく影響している!?シミの原因にも!

乾燥肌でお悩みの女性の方も多いと思いますが、実はホルモンバランスの乱れが原因でスキンコンディションが乱れて乾燥肌になっていると言うことを知っていましたか?

女性の身体はとてもデリケートにできていて、ちょっとした生活習慣の乱れなどでホルモンバランスを乱してしまいます。

ホルモンバランスが乱れることで、肌に影響が出てしまい乾燥肌を招いてしまうことになるのです。

乾燥肌はシミやシワの原因にもなりますので、なるべくホルモンバランスを整えて肌の乾燥を避けることを心がけるようにしたいですね。

そこで今回はホルモンバランスの乱れがどのようにスキンコンディションに影響を与えているのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスが体調不良や乾燥肌などのスキンコンディションに関係している!

女性の体調と深く関係していて切り離すことができないのが「女性ホルモンと身体の関係」になります。

女性ホルモンと一口に言っても「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類のホルモンがあり、この2種類のホルモンが優位性を交代しながら約28日間と言う周期で月経を繰り返し行います。

この2種類の女性ホルモンがあるおかげで女性のは妊娠や出産をすることができるのです。

ちなみにですが、エストロゲンの分泌量は生まれてから一生を終えるまでに「わずかスプーン1杯程度」しか分泌されません。

非常に少ない量の女性ホルモンではありますが、女性らしい身体を作り外面と内面を健やかにし健康状態を維持する上で女性にとって必要不可欠なホルモンになります。

また、プロゲステロンはいつでも妊娠できるように備えた準備をしてくれている女性ホルモンで、排卵後に優位に立って行く女性ホルモンになります。

しかし、一定期間内に妊娠できな場合はプロゲステロンの分泌は減少し、月経の準備へと入っていきます。

そしてエストロゲンが優位に変わっていきます。

プロゲステロンが優位性に立っているときは妊娠準備期間になり、体温が高くなり休息を求める時期になります。

この時の状態は「PMS(月経前症候群)」の症状とも大きく関係しています。

例えばですが、妊娠中に体がだるかったりすぐに眠たくなったりするのもプロゲステロンが大量に分泌されているからになります。

このように女性ホルモンの性質を知ることで、休息の時間を増やしてあげることが可能となり、スキンコンディションへの悪影響も免れることが可能となります。

その結果乾燥肌などの肌トラブルも減り、美肌をキープすることができるのです。

また、月経がはじまると同時にPMSの憂鬱な症状がなくなるのもエストロゲンが優位に立っているからで、こういった症状も女性ホルモン特有の性質になります。

ホルモンバランスが崩れると肌にどのような影響を及ぼすのか

上記でも言いましたように、女性ホルモンのホルモンバランスが崩れると女性の身体にさまざまな女性特有の不調が表面化し体調に悪影響を及ぼしてしまいます。

プロゲステロンが分泌している状態のときは憂鬱になりがちですが、エストロゲンが分泌して優位性の状態のときは気分が良く月の半分ほどが好調だと思います。

女性の場合はホルモンが体調に大きく影響し、健康体であればあるほど女性ホルモンが体質そのものを大きく変えてしまいます。

そのため女性ホルモン自体の性質をしっかりと把握し見極めることで、適切な対処をとることが可能となるのです。

女性が女性らしい身体を維持し美しさを保つために必要不可欠なのが女性ホルモンであるエストロゲンになります。

ですから、生活習慣などの乱れでホルモンバランスが乱れ、エストロゲンの分泌が減少しているときこそより丁寧なケアが必要となり、しっかりと睡眠をとり、ストレスを溜め込まないようにリラックスする必要があるのです。

家事に仕事、がんばり過ぎていませんか?

たまにはゆっくりと体を休めてあげることも重要になりますので、肌トラブルが多い時や肌の調子が悪いと感じたときは、しっかりと睡眠をとり体を休めてあげるようにしてください。

二つの女性ホルモンと肌との密接な関係について

エストロゲンとプロゲステロンは肌の健康状態と密接な関係にあります。

エストロゲンは肌のハリやツヤを保ち美しさを保つために必要不可欠な女性ホルモンになります。

しかし、加齢と共にエストロゲンの分泌量が減少しますので、どうしても肌のハリツヤが失われ始めてしまうのです・・・

つまり、エストロゲンは年齢に逆らうことができない女性ホルモンと言うことです。

一方プロゲステロンは、皮脂の分泌を活発にし、角質層を厚くしますので肌荒れやニキビの原因となってしまいます・・・

また、角質層が厚くなることで毛穴の詰まりが起こりやすくなり、肌のターンオーバーが乱れ、乾燥肌を引き起こしてしまうことになります。

そのため、いつまでも美しさを保つためには、エストロゲンをしっかりとサポートしてあげるケアが必要になってくるのです。

エストロゲンを増やし女性ホルモンをサポートする方法について

女性ホルモンであるエストロゲンが女性の美しさを保ち、肌のハリツヤをキープしていると言うことは分かっていただけたと思います。

エストロゲンが減少しプロゲステロンが優位性に立つ月経時期や、加齢が原因でエストロゲンが減少してしまっている場合は、エストロゲンの分泌量を増やししっかりとサポートしてあげる必要があるのです。

厳密にいうと、エストロゲンの一生の分泌量はスプーン1杯程度と決まっているので、エストロゲンの量自体を増やすことはできませんが、エストロゲンとよく似た働きをする成分を摂取することでしっかりとサポートすることができるのです。

その成分こそが大豆に含まれる「大豆イソフラボン」なのです!

エストロゲンは補充が必要!

エストロゲンの量を増やすことはできないと上記で言いましたが、エストロゲンの補充を行うことは可能になります。

実はほとんどの女性がこのエストロゲンの補充を意識していません。

エストロゲンの多い女性は女性らしい身体で肌もハリツヤがあり弾力性もあることからとても魅力的に見えます。

しかし、エストロゲンは年齢と共に減少していく傾向にあるので、乾燥肌や更年期障害などの原因になってしまうのです。

若い間は何もしなくても肌がキレイで美しさをキープできますが、30代に入ったあたりから徐々に気になりはじめます・・・

ですからしっかりとエストロゲンを補充しサポートしてあげる必要があるのです。

大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」と呼ばれているほどエストロゲンと非常によく似た働きをしてくれます。

大豆イソフラボンはコラーゲン生成を促進させ、肌のハリやツヤ、弾力のある肌を保ってくれるのです。

また、同時に保湿力も高まりますので、肌バリア機能が向上し肌トラブルを起こしにくい肌へと変化させてくれます。

他にもローヤルゼリーに含まれる「デセン酸」も女性ホルモンと似た働きをすることで有名になります。

植物性エストロゲンは大豆イソフラボン以外にも「ザクロ・いちじくの種子」などにも豊富に含まれています。

昔からザクロやいちじくは女性の象徴と言われているのはこのためです。

これは余談ですが、ザクロやいちじくは世界中で豊穣や子孫繁栄の意味で崇められている果実であり、いちじくはアダムとイヴの物語でも禁断の果実と言われています。

古くから女性の象徴とされていたこれらの果実が、現代の科学で女性ホルモンであるエストロゲンと似ていると言うことが明らかとなっています。

少し話がそれてしまいましたが、健康的な肌を手に入れるためにはしっかりとエストロゲンをサポートしてあげる必要があるのです。

エストロゲンはどうしても加齢と共に減少してしまう女性ホルモンになりますので、大豆などの身近な食べ物でしっかりとサポートしてあげましょう。

乾燥肌を防ぎ肌の調子を良くしてくれるものと言えばコラーゲン!?

コラーゲンは美容成分の代表格で知らない人はいないと思います。

そんなコラーゲン不足も実は乾燥肌の原因となってしまうのです。

コラーゲンとは、簡単に言いますとタンパク質の一種で、体内で合成することができる成分になります。

しかし、エストロゲンと同じくコラーゲンも年齢と共に減少していく傾向にありますので、コラーゲン不足に陥り肌のうるおいがなくなり乾燥肌に繋がってしまう場合があるのです。

エストロゲンの補充は食べ物が限られてきますが、コラーゲンの補充の場合は保有している食材が多いためそれほど補充に困ることはありません。

巷ではコラーゲンの経口摂取はあまり意味がないと言われていますが、全くそんなことはなく経口摂取であってもコラーゲンを補給することで肌の調子は断然良くなります。

実際にコラーゲン不足の食事内容だと肌荒れなどの肌トラブルを起こしやすくなり、コラーゲンを配合したサプリメントで肌の状態が良くなったと言う声もよく聞きます。

つまり、コラーゲンの経口摂取は全く無意味なのではなく、しっかりと効果があると言うことになります。

ですから、コラーゲン不足の場合はある程度食事やサプリメントなどから摂取するようにしましょう。

コラーゲンを多く含む食べ物について

乾燥肌対策としてコラーゲンの摂取がありますが、コラーゲンを多く含む食材とはどのようなものがあるのでしょうか?

コラーゲンを多く含む代表的な食材は、

  • 豚足
  • すっぽん
  • 手羽先
  • フカヒレ
  • うなぎ

などになります。

上記の食材はどれもコラーゲンを豊富に含んでいますが、毎日摂取するのは難しい食べ物になります。

ですから、コラーゲンを効率よく摂取したい場合は、サプリメントなどを活用することをおすすめします。

サプリメントでしたら低コストで効率よくコラーゲンを補給することができますので、非常に効率いいです。

乾燥肌を防ぎ肌のうるおいを取り戻してくれるコラーゲン配合の機能性表示食品

コラーゲンとヒアルロン酸配合で肌の潤いを確実に取り戻すことができる機能性表示食品と言えば「チョコラBBリッチセラミド」がおすすめになります。

機能性表示食品だから通常のサプリメントとは違い、国が審査を行い消費者庁がその効果を認めた食品であります。

チョコラBBリッチセラミド

チョコラBBのエーザイが開発したコラーゲン・ヒアルロン酸配合の飲むセラミド!

初回限定価格 8,046円(10%OFF)
通常価格 8,940円
内容量 30本/30日分(1日1本)
種別 機能性表示食品(届出番号:B60)
効果・効能 肌の潤いを逃がしにくくする・乾燥肌改善
有効成分 米由来グルコシルセラミド1800μg(機能性関与成分)・コラーゲンペプチド1000mg・ヒアルロン酸ナトリウム製造時5mg配合・他
販売会社 エーザイ株式会社
公式HP https://cp.eisai.jp//
商品説明
チョコラBBリッチセラミドは、エーザイ株式会社が開発した肌の潤いを逃がしにくくする機能性表示食品になります。年齢と共に減少していくコラーゲンやセラミドの減少を防いで、肌の潤いを保ってくれるセラミドドリンクは、コラーゲンだけではなくヒアルロン酸も配合されています。化粧品だと肌表面しか潤いませんが、チョコラBBリッチセラミドでしたら身体の内側から肌全体に潤いを与えることが可能となります。しかも顔の乾燥だけではなくひじや足など全身の乾燥にも効果を発揮してくれますので、乾燥肌でお悩みの方におすすめの商品になります。国が検査し消費者庁が効果を認めた機能性表示食品だからしっかりと効果があり安心です。潤いをつなぎとめるセラミドと潤い成分であるコラーゲンとヒアルロン酸を効率よく補給するなら、チョコラBBリッチセラミドがおすすめになります。

コラーゲンの摂り過ぎには要注意!

コラーゲンは乾燥肌を防いでくれると言いましたが、コラーゲンの過剰摂取には要注意です!

コラーゲンが充実することで肌が潤い乾燥肌も改善しますが、摂り過ぎると以下のようなトラブルを招いてしまいますのでご注意ください。

  • カロリーの摂り過ぎ
  • 高血圧症
  • 生活習慣病

コラーゲンはタンパク質になりますので、過剰摂取することによって上記のようなトラブルを招いてしまう場合があります。

タンパク質の摂り過ぎは肥満の原因にもなりますので、コラーゲンの過剰摂取には十分注意するようにしましょう。

上記でも紹介しましたコラーゲンを豊富に含んだ食べ物は、脂質やカロリーも相当高いので食べ過ぎてしまうと肥満体質になってしまう場合もあります。

乾燥肌改善のためにコラーゲンを過剰摂取し、太ってしまったでは何をしているのか分かりませんね・・・

そのためコラーゲンはあくまでもタンパク質と言うことを忘れないようにしてください!

毎日の食事で効率よくコラーゲンを摂取するなら、しっかりと野菜を多めにとり入れて栄養バランスの取れたメニューにしましょう。

もしくは、コラーゲンを意識しない栄養バランスのとれた食事メニューに、上記のような
チョコラBBリッチセラミドなどをプラスするようにしましょう。

そうすることでコラーゲンの過剰摂取を防止することができます。

過度なダイエットはホルモンバランスが崩れる原因になる!?

女性の方と言えば「ダイエット」をしている人が多いと思いますが、実は過度なダイエットはホルモンバランスを崩してしまう原因になりますので注意が必要なのです。

ホルモンバランスが崩れてしまうとそう簡単には戻りませんので負の連鎖のスタートとなってしまいます・・・

体調不良や肌トラブルなどの不調が次々と表面化してきますので、過度なダイエットは避けるべきでしょう。

ダイエット自体することはいけないことではありませんが、しっかりと栄養バランスのとれた食事をきちんと3食摂るようにしましょう。

ダイエットの基本は「摂取カロリー<消費カロリー」になりますので、この公式さえしっかりと守っていれば自然に痩せることができますので、くれぐれも絶食などの過度なダイエットはしないようにご注意ください。

ダイエットは痩せるためにするものでもありますが、肥満を防止し健康を維持するために行うものでもありますので、過度なダイエットで健康を害してしまっていたら本末転倒ですね!

ダイエットを健康的に行うためにもしっかりと女性ホルモンの性質を把握するようにしてください。

エストロゲンと減量の関係性

2つある女性ホルモンのうちのエストロゲンが優位性に立っているときは、原料に最適な時期って知っていましたか?

エストロゲンは女性らしい身体を作るためのホルモンで、「美人ホルモン」とも言われているほど美容と深い関係がありますので、エストロゲンが優位性に立っているときこそ減量のチャンスなのです。

この時期に適切な運動や適度な食事制限(食事管理)を行うことで、キレイに美しく健康的に痩せることができるのです。

と言うことは、ダイエットを効率よく行う時期は「排卵前」がベストと言うことになります。

つまり、排卵前に適度な筋トレや適度な有酸素運動を行うことで、効率よくカロリー消費を行うことができると言うことです。

ですから、プロゲステロンが優位性に立っている時期は無理をすることなく小休止をとる感覚でダイエットを続けるようにしましょう。

プロゲステロンが優位性に立っている月経時期は、基本的に「休息を求めている時期」になりますので、水分を溜め込みやすく自律神経の働きも鈍くなっています。

この時期は無理をすることなくウォーキングやランニング程度の有酸素運動だけで十分になります。

早く痩せたい!と言う気持ちが先行してしまい焦って無理な食事制限をしたりする人も稀に居ますが、このようなダイエットで痩せてもすぐにリバウンドしてしまいますし、最悪の場合ホルモンバランスを崩してしまい負の連鎖がはじめってしまいますので、後悔しないためにも焦らずゆっくりダイエットを行うようにしましょう。

乾燥肌にはストレスも深く関係している!?

ホルモンバランスの乱れが原因で乾燥肌になってしまうことは間違いありませんが、「ストレス」が原因で乾燥肌を引き起こしてしまう場合もありますので要注意になります。

女性の身体はストレスを感じることで「卵巣の機能が著しく低下」します。

卵巣は女性ホルモンの分泌に深く関係していますので、乾燥肌を防ぐためにもストレスの低減を意識する必要があるのです。

実際に「イライラ」しているときに肌の調子が悪くなったと言う経験がある人も多いのではないでしょうか?

ストレスが溜まるとイライラしてしまいがちになり、その結果乾燥肌や肌荒れなどの肌トラブルとして表面化してしまうのです。

会社やパート先でのストレスやご近所付き合いのストレス、家庭内環境によるストレスなど、現代はストレス社会と言われているほどストレスが溜まりやすい世の中になっています。

しかし、ストレスは精神面にて改善することが可能になりますので、以下のような心がけを大事にしてください。

  • 乾燥肌や肌荒れなどの肌トラブルの改善を焦らない
  • 休日は仕事やご近所での嫌なことはきっぱりと忘れてゆっくりと過ごす
  • 自分の現状を否定することなく割り切って仕方がないと受け止める

上記のように前向きに考えることで精神面に負担がかかることがなくなるので、ストレスが溜まりにくくなり次第に肌の調子も良くなっていきます。

乾燥肌はシミの原因になる!

シミの直接的な原因は「メラニン色素」で、紫外線などの外部からの肌への刺激が主な原因になります。

しかし、乾燥肌もシミの原因になっているって知っていましたか?

肌が潤っている状態だと肌のターンオーバーが正常に行われ、肌細胞の生まれ変わりが活発なため古い角質と共にメラニンは排出されますが、肌が乾燥した状態だとターンオーバーが停滞してしまいますのでメラニンが排出されずに肌内部に蓄積されてしまうのです。

その結果シミとなって表れてくるのです・・・

また、乾燥肌が原因で角質層が硬くなってしまい、角質と角質の間に隙間ができて肌の水分が蒸発しやすくなり、さらに肌の乾燥が促進されて肌の潤いがなくなってしまうのです。

ですからシミを作らないためにもしっかりとケアしてあげて乾燥肌を防ぐ必要があるのです。

まとめ

乾燥肌はシミの原因になりますので要注意ですね。

ホルモンバランスが乱れたり、エストロゲン不足、コラーゲン不足などが原因で乾燥肌を引き起こしてしまいます。

女性ホルモンであるエストロゲンは、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンなどで補給し、コラーゲンはチョコラBBリッチセラミドなどで補給することで乾燥肌対策ができます。

シミ対策は一つではありませんが、乾燥肌対策をすることでシミを防ぐことが可能になりますので乾燥肌対策を徹底するようにしましょう。

また、今あるシミを一刻も早くキレイに消したいと言う場合は、シミを消す薬がおすすめになります。

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!