美白成分エラグ酸の効果と特徴について!副作用はあるの?

エラグさんは天然のポリフェノールで、植物等が光合成をする際に生成される苦みや渋みの成分になります。

自然界にはおよそ5000種類以上のポリフェノールがあると言われていて、エラグ酸は主に「イチゴ・ブルーベリー・ラズベリー・ブドウ・ザクロ」等に含まれています。

その他にもクルミやナッツ類にもエラグ酸は含まれていると言われております。

今回は美白成分エラグ酸について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミに効く美白成分エラグ酸とは

エラグ酸は高い抗酸化作用をもっていることから、シミではなく癌の抑制効果で注目されていた成分になります。

1831年にフランスで発見されたエラグ酸は、日本で厚生労働省に認可されたのは1996年になります。

今では美白効果が認められたエラグ酸はさまざまな医薬部外品や美白化粧品等に活用されている成分となっております。

エラグ酸はポリフェノールの一種で抗酸化作用が高いことが認められています。

一時期赤ワインが健康に良いと言われブームになった時がありましたが、あれはポリフェノールの抗酸化作用が注目されたことがきっかけとなっていたのです。

しかし、ポリフェノールと一口に言っても種類はさまざまで、その効果はそれぞれ異なるのです。

ただし、効果は違えど共通している点が「抗酸化作用がある」と言う点になります。

エラグ酸は、この抗酸化作用が強いので活性酸素の生成や働きを抑制することが可能で、メラニン色素の生成を抑制したり細胞の老化を防止することができるのです。

エラグ酸の働きや美白効果について

エラグ酸にはメラニン色素を黒色化させる酵素チロシナーゼの働きを阻害する作用があります。

人間の肌は紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化されてチロシナーゼと言う酵素が活発に働き、メラニンの元であるチロシンを黒色メラニンに変えてしまいます。

しかし、エラグ酸がチロシナーゼの中にある銅イオンを奪い去ることで活性化を抑えてチロシナーゼの働きを阻害してくれるのです。

そしてシミの原因であるメラニン色素の生成や黒色化を防ぐので「シミ・そばかす・色素沈着」を改善する事が可能となるのです。

その効果は、美白成分の中でも最高峰の美白効果を誇るハイドロキノンと同等と言われており、既にできてしまっているシミにも効果を発揮すると言われております。

もともとメラニン自体は黒い訳ではなくチロシナーゼの働きによってチロシンが生成されチロシンの影響でメラニン色素が黒色化するのです。

つまり、エラグ酸がチロシナーゼの働きを阻害するので、メラニンは黒色化されなくなるので紫外線を浴びても肌が黒くなったりシミができたりしないと言う事なのです。

このような働きからエラグ酸は美白効果が高い成分として認められているのです。

また、エラグ酸は科学的成分としてみても低刺激の成分になりますので、肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して使用することが可能な成分になります。

エラグ酸の抗酸化作用が健康と美肌を守る

上記で解説した通り、エラグ酸はポリフェノールの一種で「高い抗酸化作用」があります。

ですから、肌の酸化を防いでくれて老化防止効果にも期待できるのです。

人間は紫外線を浴びたりストレスを感じたり、喫煙等が原因で活性酸素が過剰に発生してしまい細胞を酸化させてしまいます。

細胞が酸化されると、肌の老化や肌荒れ等のトラブルを起こしてしまうのです。

そして、それらのダメージから肌を守る為にメラニン色素が大量発生してしまいシミができてしまうのです。

しかし、エラグ酸には抗酸化作用があるので、活性酸素を除去する働きがあるので細胞の酸化やメラニンの生成を抑える事が可能となるのです。

つまり、エラグ酸は老化防止効果と美白効果の両方の効果に期待できる成分と言う事なのです。

エラグ酸はハイドロキノンと似た働きを持っている

現在化粧品等に含まれている美白成分の中で、シミを消す効果が最も高いと言われている成分はハイドロキノンになります。

ハイドロキノンはもともと皮膚科を受診して処方せんでしか手に入れる事はできませんでしたが、薬事法の改正により低濃度のハイドロキノンクリームや化粧品に配合されている程度でしたら一般販売が可能となりました。

それぐらい漂白効果の高い美白成分がハイドロキノンになるのですが、エラグ酸はハイドロキノンと似た働きを持っているのです。

ハイドロキノンは、チロシナーゼの働きを阻害してシミの原因であるメラニン色素を抑制する事で、既にできているシミに対しても効果を発揮します。

そして、エラグ酸もハイドロキノンと同じような働きをする事で、シミの予防だけではなくすでにできてしまっているシミに対しても薄くする効果や改善効果に期待できるのです。

それぐらいエラグ酸の美白効果は高いと言う事です。

しかし、現時点では高濃度のエラグ酸を化粧品等に配合することが難しいので、ハイドロキノン配合の化粧品等に比べると、美白効果は劣ってしまいます。

また、ハイドロキノン配合の化粧品であっても消せるシミはあくまでも表皮上にあるシミで、肌の最深部である真皮層にあるシミを消す事は難しいのです。

真皮層にまで達しているシミの場合は、飲み薬で体内から直接シミの原因へアプローチする必要があるのです。

エラグ酸の副作用について

エラグ酸は美白効果の高い成分になりますが、副作用が心配な方も多いのではないでしょうか?

しかしエラグ酸は、天然のポリフェノール成分になりますので、低刺激で副作用の心配はほとんどありません。

また、抗酸化作用が高い事からもともとは発癌を予防する成分として医療分野で使用されていた成分になりますので安心してお使いいただける成分になります。

ただし、化粧品等にエラグ酸を配合する際に制限が設けられていますので、シミを消すのに十分な濃度を配合することができません。

ですから、副作用のリスクはほとんどないのだけど、シミを完全に消すには物足りない状態となっております。

つまり、シミを根本から完全に除去するのでしたら、ハイドロキノンの方が効果が高いと言う事になります。

したがって、エラグ酸配合の化粧品等はシミを消すために使用するのではなく、シミの予防対策として使用するようにしましょう。

それから、エラグ酸配合の化粧品は基本的に低濃度の含有量になりますが、人によっては肌に合わない場合もありますので、何かしらのトラブルが発生した場合は直ちに使用をやめて、皮膚科等の専門医に診てもらうようにしてください。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!