シミの予防対策のための日焼け止めとSPFとPAの意味とは?

シミの予防対策として最も一般的な方法が「紫外線対策」になります。

そんな紫外線対策の基本となるのが「日焼け止め」になります。

日焼け止めと一口に言っても種類は豊富で、「ローション・クリーム・スプレー」等々たくさんあります。

あなたは日焼け止めを選ぶとき何を意識して選んでいますか?

おそらくですが、

「SPF・PAの数値が高い日焼け止め」

を手に取っているのではないでしょうか?

SPFやPAの数値が高ければ高いほど紫外線カット効果が高いと言う事は、ほとんどの人が理解していると思いますが、「SPF・PAの具体的な意味を知っている人は少ない」と思います。

日焼け止め商品に記載されているSPFやPAの数値の意味や正しい使い方を理解しておくことで、正しい紫外線対策が可能になりますので、日焼け止め効果を最大限発揮することができ、よりシミの予防対策に効果的になるのです。

紫外線から的確に肌を守る為にも、以下で紹介するちょっとしたコツを理解しておくと、シミのできにくい肌を手に入れる事ができます。

今回は日焼けをして後悔しない為に、「日焼け止めの正しい使い方」をご紹介したいと思います。

紫外線によるダメージを最小限に抑えて、シミの無いキレイな肌を取り戻しましょう。

スポンサーリンク

紫外線のことを正しく知る事がポイント

日焼け止めの「SPF」「PA」の解説をする前に、まずは紫外線のことを理解する必要があります。

SPFとPAの最大の違いは、

「異なる紫外線の波長をそれぞれカットしている」

と言う点になります。

紫外線は、「UV-A(紫外線A波)」「UV-B(紫外線B波)」の2種類の波長のものがあります。

この内の、地上に届く長い波長の紫外線がUV-Aで、短い波長の紫外線がUV-Bになります。

日常生活の中で毎日少しづつ浴びているのがUV-Aで、海水浴等に出かけた時に急激な日焼けで炎症を起こしたりするのがUV-Bになります。

UV-AとUV-Bの特徴


先ほどからUV-AとUV-Bと言っていますが、UVとは「紫外線」のことを指します。

そして、A波とB波の2種類の紫外線があると言う事です。

UV-A(紫外線A波)の特徴

肌を黒くしてしまうと言われているのが、「紫外線A波(長波長紫外線)」で、略してUV-Aと言われています。

長い波長の紫外線であるUV-Aの特徴は、肌が炎症を起こすことなく皮膚の最深部の真皮層にまで入り込む事で、メラニン色素の生成を促しシミの原因を作ることと、「シミ・シワ・たるみ」の元を作ることになります。

そして、UV-Aは室内であっても窓やガラスを通して侵入してきますので、自宅内であってもUV対策をしておいた方が良いでしょう。

UV-Bよりも肌への影響が少ないように思われていますが、UV-Aの方がに皮膚の最深部の真皮層にまで届くことからシミの大きな原因となっています。

また、肌の最深部にまで侵入して、徐々に肌へさまざまな影響を与えてコラーゲンを変性させることでシワなどの原因にもなっているのです。

しかも、UV-A波はUV-B波と比較すると、年間通じて降り注いでいますので十分な注意が必要なのです。

たとえ、梅雨時期や曇りの日であっても、しっかりと紫外線対策しておかないと、気づいた時にはシミだらけになっている可能性もあります。

UV-A(紫外線A波)の特徴をまとめると、

  • エネルギーは弱いけど肌の最深部まで侵入する
  • 梅雨時期や曇りの日でも雲を透過して肌内部に届く
  • 長時間浴びると皮膚の老化がはじまり「シミ・シワ・たるみ」の原因となる
  • 1年中降り注いでいるので常に紫外線対策が必要

になります。

ちなみに、以下のグラフをご覧いただければわかると思いますが、肌に届く紫外線量の「約95%がUV-A」になります。

UV-B(紫外線B波)の特徴

長時間の日光浴等で肌を赤くしてしまうと言われているのが、「紫外線B波(中波長紫外線)」で、略してUV-Bと言われています。

UV-BはUV-Aと比較すると、皮膚の浅い部分に影響を与え、刺激が強いので炎症などのダメージを受けやすい紫外線になります。

日焼け等で肌がヒリヒリしたり、水膨れができるのはこのUV-Bの紫外線の影響で、真っ赤に焼ける日焼けのことを「サンバーン」と言い、主な原因はUV-Bになります。

ちなみに紫外線の影響ですぐに肌が黒くなってしまう日焼けのことを「サンタン」と言います。

UV-Bはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり炎症を起こすので、「皮膚がん」「シミ」の原因となります。

ただし、UV-Bは波長が短いのでUV-Aに比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれて地上へ到達する量は紫外線量の10%以下と言われています。

ですから、毎日小まめに日焼け止めを塗ったり、日傘などの紫外線対策アイテムを利用することで、ある程度は防御することが可能なのです。

UV-B(紫外線B波)の特徴をまとめると、

  • エネルギーが強く肌表面の細胞を傷つけて炎症を起こす
  • 長時間の日光浴で肌がヒリヒリしたり水膨れを起こす
  • 長時間浴びると「シミ・皮膚がん」の原因となる
  • 日焼け止めや日傘等である程度は防げる

になります。

紫外線は、上記の2種類ありますので、どちらに対しても対策が必要になってきます。

ちなみに上記では説明しませんでしたが、UV-Cと言う紫外線もありますが、UV-Cはオゾン層に阻まれて地上に届く事はありません。

以上のことを踏まえて「SPF・PAの数値」について解説していきたいと思います。

SPF値とPA値の数値について知っておくと紫外線対策に役立つ!

紫外線には急激な日焼けである「サンバーン」を引き起こすUV-Bと、肌内部まで侵入しさまざまな悪影響を及ぼす緩やかな日焼け「サンタン」を引き起こすUV-Aがある事は上記でお分かりいただけたと思います。

これらの紫外線の影響を防ぐ効果のあるのが、SPFとPAになります。

ちなみにですが、UV-Bに効果を発揮するのがSPF値で、UV-Aに効果を発揮するのがUV-Aなのです。

それでは、それぞれの効果や特徴を見ていきましょう!

UV-Bに効果のあるSPF値について

SPFとは、

「Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)」

の略語で、日本語の意味では、

「紫外線防御指数」

と言われています。

SPF値は、紫外線の中でも「UV-B(紫外線B波)をカットする数値」の指標になります。

SPF値は、「皮膚1㎠に対して2mgの日焼け止めを塗った場合の紫外線B波による影響で起こる肌の赤みの状態を測定し算出した数値」になります。

そして、日焼け止めを塗った部分と塗らなかった部分とを比較して、赤みが表れるまでの時間を測定し、1回の塗布でどれだけの時間持続するのかを測定した数値になります。

つまり、SPFの意味は保護力の強さではなく何時間持続できるかと言う指標になると言う事です。

ちなみにSPF値の範囲は「50+が限界」でそれ以上の数値のものはありません。

一つ例を挙げると、

日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びると20分ほどで肌が赤くなる人が、SPF20のUVカットを塗ると「20×20=400分(6~7時間)」は肌が赤くならないと言う計算になります。

ですから、SPF50であれば「20×50=1000分(16~17時間)」ぐらい持続すると言う事になります。

しかし、これだけ長時間日光浴をする人はいないと思いますので、普段使いで日焼け止めを選ぶのでしたら、SPF15ぐらいで十分なのではないでしょうか。

休日に朝から夜までスポーツをしたりする場合は、SPF30~50ぐらいを使うと良いと思います。

その日1日でどれだけ外で紫外線を浴びるかを予測して、使い分けるのが一番良いと思います。

SPF値はあくまでも肌が赤くなるまでの時間に対しての持続力を表した数値で、肌にシミができるまでの時間を表したものではありません。

実際日焼けをそれほどしていない場合でもシミができることは多々あります。

サンバーンを起こすほどの紫外線量の10分の1の量を浴びただけでもシミやシワの原因となるメラニン等の物質が生成されると言う事が研究によって明らかとなっています。

ですから、SPF30の日焼けを塗って10時間は安心と言う訳ではないのです。

汗で流れ落ちてしまう事もありますので、定められた量を守ってこまめに塗り直す事をおすすめします。

また、日焼け止めはSPF等の数値が高ければ高いほど肌への負担も大きくなりますので、それぞれのシーンに合ったものを選択して使うようにしましょう。

それから、肌質等の問題もありますので自分の肌状態にあったものを選択しましょう。

UV-Aに効果のあるPA値について

近年のエイジングブームで最も注目されているのが「PA値」になります。

このPAとは、

「Protection Grade of UV-A」

の略語で、

「UV-Aの防御指数」

と言われています。

PA値の表し方は「+~+++++」の4段階で別れています。

  1. 「PA+」・・・2~4倍の効果
  2. 「PA++」・・・4~8倍の効果
  3. 「PA+++」・・・8~16倍の効果
  4. 「PA++++」・・・16倍以上の効果

※全く日焼け止めを塗っていない状態を1と考えた場合

ちなみにPA値は日本独自の表示方法で、諸外国では「+UVA」と表示されたりもします。

PA値も肌の色素沈着が起こるまでの時間を引き延ばす事ができる数値で、SPF値とあわせて高いものを選べば日焼け止め効果は相当高くなります。

しかし、塗っているから日焼けをしないと言う事ではありません。

ですから、しっかり目に塗ることと、こまめに塗り直す事をおすすめします。

また、UV-Aは窓やガラスを通して室内にまで侵入してきますので、自宅内に居る時でも日焼け止めを忘れないようにした方が良いでしょう。

ちなみに「PA++」で日焼け(サンタン)を4~8倍遅らせる事が可能なので、普段使いでしたらこれぐらいで十分です。

しかし、海水浴に出かけたりする場合は「PA+++以上」の日焼け止めを選ぶようにしてください。

いずれにしても、シーンに合わせて使い分けることをおすすめします。

シミができる理由は日焼け止めを塗っているけどきちんと塗れていないから・・・


日焼け止めを普段から使っている女性は多いと思います。

そして、「数値が高い日焼け止めを塗っているから安心」と言う人も多いと思います。

しかし、日焼け止めはSPF値やPA値の数値だけで判断してはいけないのです。

たしかにSPF20だと20倍の時間持続しますし、SPF50だと50倍の時間持続することに間違いは無いのですが、しっかりと規定量を塗っていない人が大半なのです・・・

この数値の意味は、「皮膚1㎠あたりに2mgの日焼け止めを塗った時のもの」になりますので、顔だけに日焼け止めを塗る場合でも「500円玉」ぐらいの量を塗らないと意味がないのです。

この定められた量より塗っている量が少ないと、当然効果は下がってしまうのです・・・

一般的に女性が塗っていると言われている日焼け止めの量は、定められた量の4分の1程度だと言われています。

つまり、せっかく日焼け止めを塗っているにも関わらず、その効果は約20分の1程度にまで下がってしまい、何も塗っていないような状態となっているのです・・・

だから日焼け止めを塗って紫外線対策をしているはずなのに、いつの間にかシミやシワが増えてしまっているのです。

このような事実を知らない女性が非常に多く、自分ではしっかりと対策しているつもりだけど、実は全く紫外線対策できていないのです。

ですから、いつも以上に日焼け止めは多めに塗ることをおすすめします。

しかし、日焼け止めを多めに塗るとべたつき等が気になる人も多いと思いますので、そのような場合は、UVカット効果のある「SPF値表示の化粧下地やファンデーション」等を併せて利用することをおすすめします。

飲む日焼け止めサプリなら塗り直しなしで紫外線対策ができる!

日焼け止めと言えばクリームをイメージすると思いますが、2016年ごろから飲む日焼け止めサプリが話題となっています。

日焼け止めクリームとは違い塗り直しの手間がないことや、塗り忘れがないのでとても便利なアイテムになります。

しかも日焼け止めクリームの嫌なベタつきがなく、洋服も汚れないので多くの方が利用しています。

徹底的に紫外線対策をして、日焼けを阻止したい場合は飲む日焼け止めサプリがおすすめになります。

詳しくは以下にまとめていますので興味がある方は参考にしてみてください。

飲む日焼け止めサプリメントの決定版!おすすめ商品をランキングでご紹介

2017.04.08

日焼け止めの酸化が原因で油焼けする場合も・・・

日焼け止めは使い方さえ間違えなければ紫外線対策として最も頼れる商品ですが、しっかりと洗い流さないで肌に残っていると油が酸化して「油焼け」を起こしてしまって肌トラブルの原因となることもあります。

基本的に日焼け止め製品は、油分を含んだウォータープルーフになりますので肌にはあまり良いものではないのです。

なぜなら、日焼け止めは水や石鹸にも、皮脂にも耐えて肌を守るように強力に作られているからです。

それぐらい強力な日焼け止めを、いつまでも肌に付着したままにしておくと、油分が肌内部に浸透し黒ずみの原因にもなり兼ねないのです。

ですから、日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策をした後は、しっかりとクレンジングして落としきるようにしてください。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!