美白成分ハイドロキノンの効果と特徴について!副作用はあるの?

ハイドロキノンは「強力な美白効果」を持つシミを消してくれる成分になります。

しかし、その美白効果が強力なだけに、肌への刺激が強く副作用が心配される成分でもあるのです。

今回は美白効果の高いハイドロキノンについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミに効く美白成分ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、「麦芽・胚芽・珈琲・紅茶・イチゴ」等にも含まれている成分になります。

ハイドロキノンの美白力は、アルブチン等の美白成分の「10~100倍」とまで言われるほど強力になります。

ハイドロキノンには「還元作用」があり、酸化(錆び)を抑制してくれるのです。

ハイドロキノンはアメリカ等の諸外国では美容成分として親しまれていますが、少し前までは日本では管理が難しいため「医師の処方のもと使用許可が下りる」と言うかたちになっていました。

つまりそれだけ作用が強いと言う事です!

しかし、2001年に薬事法の規制緩和によってハイドロキノンが美白を目的とした化粧品等にも使えるようになったのです。

ハイドロキノンは、メラニン色素のを生成するメラノサイトに働きかけてメラニン色素の生成を抑制する働きと、メラニン色素を黒色化させるチロシナーゼの働きを阻害する作用があります。

しかも、これからできるシミを予防するだけでなく、既にできてしまっているシミを除去(消す)する効果があると言うのがハイドロキノンの最大の特徴になります。

また、紫外線の刺激によってチロシナーゼが活性化し、酸化させて黒くなってしまうメラニン色素をハイドロキノンの還元作用によって酸化を還元することで、メラニン色素自体の色を薄くする働きもあるのです。

ハイドロキノンの歴史

ハイドロキノンには還元作用があり「写真の現像」などの還元剤、「ゴムの酸化防止剤や染料」として昔から利用されていて、古くから世界中で利用されてきた成分なのです。

そして、写真を現像していた人の肌の色が白くなったことからハイドロキノンに美白作用があることが発見されたのです。

アメリカではシミや色素沈着の治療薬として古くから利用されていて、美白化粧品等にも配合されていることから多くの女性に親しまれていました。

つまり、アメリカで美白と言えば「ハイドロキノン」が一般的と言うことになります。

ハイドロキノンの効果に期待できるシミのタイプについて

美白効果の高い成分はいろいろとありますが、ハイドロキノンの美白効果は他の成分の「10~100倍」と言われていて、圧倒的美白力を誇っています。

そんなハイドロキノンの効果に期待できるシミのタイプは以下になります。

  • 老人性色素斑
  • そばかす
  • 肝斑
  • 炎症性色素沈着

以上のようにハイドロキノンはほとんどのシミに効果を発揮してくれるのです。

ただし、ハイドロキノンの効果を得る事ができるシミは、あくまでも「表皮にあるシミ」になりますので、皮膚の最深部である真皮層に達しているシミに関してはあまり効果は期待できません。

そのため、真皮層に沈着してしまっているシミに関しましては、ハイドロキノンと併用して内服薬を使用するようにしてください。

最近の内服薬は、市販薬であってもシミを消す成分がしっかりと配合されていますのでおすすめです。

それに市販薬(一般用医薬品)になりますので、処方せんが必要になるような医療用医薬品とは違い副作用のリスクも低く利用できるので安心です。

シミを消す効果のある市販薬をお探しの方は、以下でシミのタイプ別に紹介していますので参考にしてみてください。

シミの種類別で改善方法をチェック!

老人性色素斑 そばかす 肝斑 炎症性色素沈着

シミの代表格の老人性色素斑。色は淡褐色~濃褐色で境界がはっきりと分かる。大きさは数mm~数10mm程度で平坦で丸に近い形の色素斑。

小さな斑点状のシミが鼻や目の周りを中心に頬まで無数に散らばっているシミ。色は淡褐色で大きさは米粒ぐらいまでの不規則な形が特徴。

30~40代の女性に多く見られるシミで、左右対称で顔の頬骨辺りに現れる淡褐色のシミ。頬・額・鼻の下等にも現れて形がハッキリしていない。

主にニキビ・虫刺されによる肌の炎症が原因となってできるシミ。色は褐色で年齢や性別に関係なくできる。通常のシミとは違い傷に近いシミ。

ハイドロキノンの副作用について

ハイドロキノンは美白作用が強力でシミを消す効果は抜群にありますが、「非常に不安定な成分」になりますので、使用方法一つ間違えれば肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

ですから、ハイドロキノンをご利用の際は、必ず用法用量を守って正しく使用するようにしてください。

ハイドロキノンは炎症や赤みを起こす可能性あり!

ハイドロキノンは非常に強い成分になりますので、人によっては肌に合わずに「炎症」「赤み」を起こしてしまう場合もあります。

また、ピーリング作用を持つ乳酸が含まれていて、肌に塗布すると「皮が剥る」場合もあります。

これらの副作用は多くの人が体験していますが、状況が特にひどくない場合は様子を見ながら使用するようにしましょう。

ただし、もともと肌が弱い人や、敏感肌の人は使用する前に必ずパッチテストを行うようにしてください。

それから、ハイドロキノンの使用で炎症や赤みの症状が酷い場合は、すぐに使用を中止して専門の皮膚科医に診てもらうようにしてください。

ハイドロキノンは白斑になる恐れあり!

ハイドロキノンは美白(漂白)効果が非常に強い成分になりますので、配合率によっては「白斑」になる可能性があります。

ハイドロキノンの配合率が「4%以下は医薬部外品」で、「4%以上は医薬品」に分類されます。

当然配合率が高い高濃度のハイドロキノンを使用した方が美白効果に期待はできますが、副作用として肌の色が白く抜けた状態の白斑になる場合も考えられます。

使用する際は顔全体に塗布するのではなく、なるべくシミが気になる部分だけに使用するようにしてください。

また、長期的にハイドロキノンを使用した場合も白斑ができる可能性がありますので注意が必要になります。

1年以上ハイドロキノンを使い続けることで、メラニン色素を生成する働きが失われてしまい、部分的に白斑となる可能性があります。

ですから、6%以上の高濃度のハイドロキノンの使用や、低濃度であっても長期間の使用は白斑になる確率が高くなりますので、使用の際は十分注意するようにしましょう。

ハイドロキノンの使用で肌が黒くなることも!

ハイドロキノンは強い美白(漂白)効果のある成分になりますが、使い方を間違えると返って肌が黒くなってしまう事もあります。

ハイドロキノンは成分が不安定なため、紫外線の刺激で酸化されやすい性質を持っています。

そして、酸化することで活性酸素が生成されメラノサイトが活性化されるので、メラニン色素が大量発生し肌が黒くなってしまうのです・・・

ですから、ハイドロキノンを塗布した状態で外出する際は、必ず日焼け止めを重ね塗りするようにしてください。

皮膚科等によっては、紫外線の影響でこのようなことになる可能性が高いため、日中の使用は避けるように注意している場合もあります。

ですから、日中外出する予定がある日は、なるべくハイドロキノンは使用しないようにしましょう。

もしハイドロキノンを使用したまま外出するのであれば、「SPF20以上の日焼け止め」を塗って紫外線対策をするようにしてください。

ハイドロキノンまとめ

ハイドロキノンは美白効果が高く、シミに対して高い効果が期待できますが、その分副作用も強くなりますので、使用する際は十分注意する必要があります。

シミを予防するため、シミを消すためにハイドロキノンを使用すると思いますが、副作用などを起こしてしまうと大変なことになってしまいます。

ですから、ハイドロキノンを使用する際は、満足できる効果を得る為にも使用上の注意をしっかりと理解して用法用量を守って使用するようにしてください。

それから、ハイドロキノンには配合量(濃度)があると言いましたが、その濃度によっても副作用のリスクが左右されるため、初めは濃度の低いものを使用するようにしましょう。

また、肌が弱い人、敏感肌の人は、必ずパッチテストをするようにしてください。

ハイドロキノンの副作用が心配な人は、薬を飲んでシミを消す方法がおすすめになります。

シミを防ぐ栄養素やビタミンC、肌のターンオーバーを正常化してシミを除去してくれる市販の医薬品があります。

市販薬だと副作用のリスクも大幅に軽減されますので、副作用が心配な人でも安心ですね!

それに、化粧品やハイドロキノンクリームとは違い、体内からシミの原因に直接アプローチするので真皮層にあるシミに対しても、シミ消し効果も高くなります。

肌への副作用が気になる方は、市販薬でシミを消しましょう。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!