美白成分カモミラETの効果と特徴について!副作用はあるの?

シミに効果的な美白成分に「カモミラET」と言う天然由来の美白成分があります。

カモミラETは、カミツレ(カモミール)と言うキク科の植物の葉から抽出した成分で、化粧品メーカーの「花王」が開発したシミ改善効果のある美白成分になります。

今回は美白成分であるカモミラETについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミに効く美白成分カモミラETの特徴について

カモミラETは美白有効成分の中でも数少ない「天然植物由来の美白成分」になります。

冒頭でも言いましたが、カモミラETは大手化粧品メーカーの花王が発見して開発した美白成分で、カモミラETは花王の製品にのみ使用される名称になります。

ですから、他の化粧品等に配合される場合は「カミツレエキス・カモミラエキス・カモミールエキス」等のように表示名が異なります。

カモミラETは厚生労働省に認可された美白成分でもあります。

カモミラETの働きや効果について

カモミラETはチロシナーゼの抑制効果以外で美白成分としても認められた成分になります。

人間の肌には紫外線を浴びると、メラノサイトへメラニンの生成の指令を出す「エンドセリン」と言う物質があります。

このエンドセリンが指令を出すのを防ぐ働きをするのがカモミラETになります。この働きによってメラニンの生成が抑制されるのです。

紫外線の影響でエンドセリンが過剰に分泌されメラニンの生成が活発になりますが、カモミラETはこのエンドセリンの働きを抑制してくれます。

つまり、メラニン色素が生成される前にエンドセリンの指令をブロックする事が可能となるので、シミやそばかすの発生を防ぐことができるのです。

しかも、エンドセリンは今あるシミにも多く存在しているのですが、その働きを阻害して今あるシミを薄くする効果にも期待できるのです。

他にもカモミラETには、

  • 保湿
  • 血行促進
  • 消炎作用
  • アレルギー抑制
  • 収れん

等の効果も認められています。

保湿効果や収れんの効果もあることから「ヘアケア用品」に使用されたり、消炎効果が高いので「ニキビケア専門の化粧品」等にも配合される成分になります。

また、ニキビ跡や炎症性色素沈着などのシミの改善二も効果が期待できます。

カモミラETは肌トラブル全体に効果を発揮し、改善効果に期待できる成分で美白効果や美容効果も高いのでシミケアにはおすすめの成分と言えます。

カミツレエキスは入浴剤としても利用できる

カモミラETの原料であるカミツレは、美白化粧品等に利用するのも効果的ですが、入浴剤として利用することも可能で、「全身の肌ケア」にも効果を発揮します。

乾燥したカミツレの葉を水に入れて火にかけます。そして沸騰しましたら火を止めて10~15分程蒸らします。

あとはカミツレの葉を取り除けばカミツレエキスの完成になります。入浴前に浴槽に入れてゆっくり浸かりましょう。

カミツレエキスを作るのが面倒な場合は、カミツレの葉を目の細かいネットに入れてそのまま浴槽に浮かべておくだけでもOKです。

カモミラETやカミツレエキス配合の美白化粧品でスキンケアしながら、カミツレエキスの入浴剤で全身の肌ケアをすることで透き通るような美白肌を手に入れてください。

カモミラETの副作用について

カモミラETの副作用が心配な方も少なくはないと思いますが、カモミラETは天然植物由来の成分になりますので、基本的には副作用の心配はありません。

消炎作用やアレルギー抑制作用がありニキビケア商品にも使用されている成分になりますので、ニキビ肌や炎症を起こしている肌にも使用する事ができます。

また、美容皮膚科はもちろんエステサロン等でも使用されていることから極めて安全な成分であると言えます。

ただし、カモミラETの原料であるカミツレはキク科の植物になりますので、「キク科植物アレルギー」をお持ちの場合は要注意になります。

心当たりがある場合は、使用する前に必ずパッチテストを行い問題がないことを確認してから使用するようにしましょう。

それから、カミツレは「独特の香り」があり匂いが苦手な人も居ますので、化粧品等を購入する際は香をチェックするようにしましょう。

香りが嫌で毎日のスキンケアがストレスになってしまっては問題ですのでご注意ください。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!