美白成分コウジ酸の効果と特徴について!副作用はあるの?

シミやくすみ等の改善効果があると言われている美白成分に「コウジ酸」と言う成分があります。

老化を防ぐ抗糖化作用があることからシミだけではなく肌のシワやたるみにも効果が期待できる成分になります。

今回は美白成分であるコウジ酸について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミに効く美白成分コウジ酸とは

コウジ酸とは、「味噌・酒・醤油」等に使われる麹菌から生まれた成分になります。

酒造り等に携わる職人の手が、白くてキメ細かい肌質だったことから麴に含まれる成分が注目されるようになったのです。

そして、1988年に厚生労働省によって美白有効成分として認可を受けたのです。

それから日本人の体質と良い美白成分としてさまざまな美白化粧品等に使用されるようになったのです。

つまり、「日本初の美白成分」がコウジ酸と言う事なのです。

コウジ酸の歴史

コウジ酸の歴史は1900年代前半と古く、農芸化学者である薮田貞次郎がコウジ酸発見に関する論文を発表したのです。

麹を扱う酒職人(杜氏)の手が白くキメ細やかでなめらかだと言う事で、さまざまな研究が進められたのです。

そして、1988年に厚生労働省の認可を受けて美白成分として認知されはじめ、日本だけに留まらず諸外国でも注目される美白成分となったのです。

コウジ酸の働きや美白効果について

コウジ酸の主な働きは、メラニン色素生成や黒色化の原因である酵素チロシナーゼの働きを阻害し、活性化を抑制する働きになります。

紫外線の影響で肌がダメージを受けると、メラノサイトが活性化されてメラニン色素が生成されます。

そして、メラニンにチロシナーゼが作用することでメラニン色素が黒色化を起こしシミができてしまうのです。

しかし、コウジ酸がチロシナーゼの働きを阻害してくれるので、メラニン色素の黒色化を防ぐ事が可能となるのです。

また、紫外線の他にも何らかの外部刺激やホルモンバランスの乱れによってチロシナーゼは過剰に生成されてしまいます。

ですが、コウジ酸はチロシナーゼの原動力である銅イオンを取り除いてくれますので、チロシナーゼの働きが阻害されてメラニン色素の生成が抑制されるのです。

それから、コウジ酸はシミやくすみ等の改善だけではなく、肌の老化現象にも高い効果があることも明らかとなっているのです。

その理由が「抗糖化作用」になります。

抗糖化作用の糖化とは、アミノ酸やタンパク質と糖が結合することを指し、これらが結合することで肌の老化が促進されシミやシワ、たるみの原因となってしまうのです。

糖化が進行すると、糖化最終生成物であるエイジス(AGEs)と呼ばれる褐色の物質が蓄積され、肌の弾力が低下してハリがなくなったり、シワが増えたり、肌がたるみはじめたり、ターンオーバーが乱れたり、黄ぐすみ等の肌トラブルを引き起こしてしまう事になるのです。

また、最近の研究で表皮細胞が糖化することでシミの発生に大きく関わっている可能性が高いと言う事も分かってきているのです。

コウジ酸は黄ぐすみにも効果的

黄ぐすみで悩まれている方も多いのではないでしょうか?

女性の悩みの一つでもある黄ぐすみの原因は糖化によるものなのなのです。

上記でも言いましたが、糖化とはアミノ酸やタンパク質が等と結合することで、通常に誰にでも起こり得る自然な現象になります。

そしてこの時にエイジスが生成され肌内部に蓄積してしまう事で肌が黄色っぽくくすむ減少を黄ぐすみと言います。

しかし、コウジ酸には抗糖化作用がありますので、黄ぐすみの元であるエイジスの生成を抑える事が可能となるのです。

また、コウジ酸は皮膚科でも活用されている成分で、肌が弱い人にはコウジ酸クリームが処方される事もあります。

基本的に皮膚科では美白効果の高い成分のハイドロキノンを処方していますが、ハイドロキノンは刺激が強く副作用のリスクが高いため、ハイドロキノンが使えない敏感肌の人や肌が弱い人にはコウジ酸を処方しているのです。

コウジ酸はハイドロキノンと似た働きを持っている

コウジ酸は美白成分ハイドロキノンと似たような働きを持っています。

コウジ酸もハイドロキノンと同じように、チロシナーゼの働きを阻害してメラニン色素が黒色化するのを防いでくれます。

しかし、その効果の高さに圧倒的な差があることは言うまでもありません。

ハイドロキノンは現時点で存在する美白成分の中でも、最高レベルの漂白効果があります。

したがって、シミを消したいのであればコウジ酸よりもハイドロキノンの方が効果的と言えます。

ただし、ハイドロキノンは効果が高い分刺激が強く、副作用のリスクが高くなりますので使用する際は注意が必要なのです。

特にもともと肌が弱い人や敏感肌の人は十分注意するようにしましょう。

また、ハイドロキノンの濃度が高い場合や、長期間の使用によって白斑等の症状が出る場合もありますので、ハイドロキノンの濃度や使い方にはご注意ください。

基本的に美白化粧品に配合されているハイドロキノンは、それほど濃度が高くない場合が多いのですが、皮膚科で処方されるハイドロキノンクリーム等は相当な高濃度になりますので、医師の指示に従って使用するようにしましょう。

美白成分ハイドロキノンの効果と特徴について!副作用はあるの?

2017.01.27

ルシノールの副作用について

コウジさんは1900年代前半から研究がすすめられ、1988年に厚生労働省が美白効果があると認可した日本初の美白成分になります。

しかし、発がん性が指摘されたことによって2003年に一旦使用禁止となってしまいました。

ですが、発がん性が指摘されたのは「ラットの動物実験」で、「1~3%」と言う高濃度においての結果だったのです。

したがって、医薬部外品等で使用されている濃度であれば人体に対する危険性(発がん性)がないと言う結果が報告されたことによって、2005年に使用が再開されたのです。

それから今のところはコウジ酸による重篤な副作用等は報告されていない事から、コウジ酸は副作用のリスクが非常に低いと言う事が言えます。

つまり、コウジ酸は極めて安全性の高い美白成分と言う事になります。

ただし、コウジ酸に限った事ではないのですが、肌に合わない場合もありますので、使用する際は注意が必要なことには変わりありません。

万が一コウジ酸を使用して、肌に違和感を感じたり何かしらのトラブルが起こった場合は直ちに使用をやめて皮膚科等の専門医に診てもらうようにしましょう。

また、コウジ酸を使用して手作りのオリジナル化粧品を使用している人も居ますが、取扱い方法や作る際には注意が必要になります。

麹を使って化粧品を作る時に注意してほしいこと

コウジ酸配合の化粧品は数多く販売されていますが、麹を利用してオリジナルの化粧水などの化粧品を作る人も稀に居ます。

その際に注意してほしい点がありますので解説したいと思います。

麹を使用する際に注する点とは、

「麹の扱い方」

になります。

麹は天然の成分で酸化しやすい傾向にあり、成分が安定しない等の問題があります。

ですから、もし化粧品を作ったとしても、保存状態が悪いと腐食してしまう可能性が高いので注意が必要なのです。

それから、コウジ酸は長期的な保存には適さない成分になりますので、少量を短期間で使い切ると言うサイクルが必要になります。

これは、コウジ酸に限った話ではないのですが、オリジナルの成分を配合した化粧品を使っている人も居ますが、科学的な処理をしていないため効果を十分に得る事ができていない可能性が非常に高いのです。

また、一見安全性が高いと思われがちですが、成分が安定していないので腐食している可能性も非常に高いのです。

手間だけかかって効果がない場合も考えられますので、麹を使ったオリジナルの化粧品を使用している人は十分ご注意ください。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!