シミの薬に含まれるL-システインは白髪の原因!?その真実とは

シミの薬の有効成分としまして「L-システイン」があります。

L-システインとは、シミの原因であるメラニンの生成を抑制してくれる効果や肌の代謝をサポートしてターンオーバーを正常化してくれたりする働きがるので、シミを消すためには欠かせない成分になります。

巷ではシミを消すためにL-システインが配合された薬を服用したことで、体内のメラニンが抑制され「白髪が増えた」と噂になっているようですが、果たして本当にL-システインが原因で白髪が増えているのでしょうか?

今回はシミの薬に含まれるL-システインが白髪の原因になるのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

白髪の原因はメラニン不足?

人間(日本人)の髪の毛が黒いのはメラニン色素が関係しているからになります。

シミの原因も同じくメラニン色素が大きく関係しています。

しかし、年齢を重ねる毎にシミは増えていくのに対して髪の毛は白髪が増えていくと言う奇妙な現象が起こります。

シミも髪の毛も同じメラニンが関係しているのになぜこのような現象が起こるのでしょうか?

白髪の原因はメラニンが不足しているからではありますが、L-システインが白髪を増やす原因であると言うことは解明されていません。

つまり、シミやそばかすを消すためにL-システインを摂取している人も多いと思いますが、それが白髪が増えている原因とは限らないと言うことです。

要するに、白髪の原因としましては「老化」と言うことも忘れてはならないと言うことなのです。

メラニンは年を重ねる毎に変化する!?メラニン生成のメカニズムの違い

人間の髪の毛は毛母細胞と言う細胞から形成されていて、生まれたときは白髪になります。

そして、毛母細胞のすぐ近くにある「メラノサイト」と言う色素細胞があり、メラノサイトで生成されたメラニン色素が髪の毛の中に入り込むことによって黒色の髪の毛になります。

若い間は毛母細胞付近のメラノサイトが活発ですが、年齢を重ねる毎にメラノサイトが消滅していくので自然と白髪が増えてしまいます。

稀に年齢が若い方でも白髪が多い人を見かけますが、これはもともと色素細胞であるメラノサイトが少ない場合や、その機能が弱い場合が考えられます。

一方シミやそばかすの原因であるメラニンは、「紫外線のダメージから肌を守るために生成される」ものになります。

つまり、メラニンが肌内部で生成される現象は、肌を紫外線の刺激から守る為の現象と言うことです。

しかし、肌のターンオーバーが正常であれば肌内部でメラニン色素となった場合でも、ある一定の周期ごとに排出されるのでシミになることは無いのです。

肌のターンオーバーが乱れていると、肌内部にメラニン色素が沈着してしまいシミとります。

このように同じメラニンであっても、肌で生成されるメラニンと髪の毛に色を付けるためのメラニンが生成されるメカニズムは全く異なるのです。

L-システインはメラニンを抑制する働きがある

以上のように、メラニンが生成されるメカニズムは異なりますが、どちらも同じメラニンであると言うことは間違いありません。

では、シミの原因であるメラニンを抑制するためにL-システインを摂取することで髪の毛に必要なメラニンも抑制されてしまうの?と言うことになると思いますが、本当にそうなのでしょうか?

L-システインにはたしかにメラニンの生成を抑制する働きがあります。

ただし、あくまでも「肌を守るために過剰に生成されたメラニンを抑制する」と言うことになりますので、髪の毛に影響を与えるほどではありません。

長時間紫外線を浴び続けることで、肌に与えるダメージは相当なものになります。それを防ぐためにメラニンは大量に生成されます。

この過剰分泌したメラニンを抑制し、ターンオーバーを正常化させ排出すると言うのがL-システインの働きになります。

ですから、メラニンの生成を抑制する効果のあるL-システインを摂取したから白髪が増えたと考えるのは少し無理があると言うことになります。

それに、髪の毛の色付けのために生成される黒色メラニンは、シミやそばかすの原因であるメラニンの量と比較すると、圧倒的に髪の毛のメラニンの方が量が多くなりますので、L-システインはそこまで影響を与えることはできません。

普通に考えたら分かると思いますが、髪の毛の色とシミの色はそもそも濃さが全然違いますよね?

もし真っ黒の髪の毛がL-システインで真っ白になるのであれば、シミは一瞬で消えますし肌の色まで真っ白になってしまいますね!普通に考えるとそれはあり得ませんので、L-システインで白髪になるのでは?と言う心配は必要ありません。

つまり、シミやそばかすの原因であるメラニンには効果を発揮しますけど、髪の毛にはほとんど影響を与えることができないと言うことです。

上記でも言いましたが、白髪の原因として考えられるのは老化が原因で毛母細胞付近にあるメラノサイトの消滅や活動が弱ってしまっていることが考えられます。

L-システインが全く影響していないのかと言いますと、そうではありませんが、白髪を心配するほどでもないということです。

もし本当にL-システインが白髪の原因であるのであれば、L-システインを摂取したことがある人は今頃全員真っ白になっているのではないでしょうか。

まとめ

L-システインはメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすに効果的な成分になりますが、髪の毛に影響を与えて白髪を増やすような成分ではありません。

たまたまシミが気になりはじめる年齢と白髪が気になりはじめる年齢が同時期であるため、シミ予防対策やシミを消したいと言う思いでL-システイン配合の薬を摂取し始めたら白髪が増えてきたと言うだけになります。

ですから、L-システイン配合のシミを消す薬を服用しても、白髪が増える心配はありませんのでご安心ください。

L-システインがシミの元であるメラニン色素の生成を抑制する

2017.01.26

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!