L-システインがシミの元であるメラニン色素の生成を抑制する

L-システインは美容クリニック等で処方される医療用医薬品や、一般用医薬品である市販薬のシミを消す薬に配合されている成分になります。

シミの元であるメラニン色素の生成を抑制する効果や肌の代謝をサポートしてターンオーバーを正常化してくれた利する働きがるので、シミを消すためには欠かせない成分と言う事になります。

今回はシミを消す薬にも配合されている、シミを消すためには必要不可欠な成分L-システインの効果や働き、副作用について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミを消すのに効果的なL-システインとは

L-システインは「皮膚・髪の毛・爪」等にも多く存在しているアミノ酸の一種で、体の内側からの代謝をサポートしてくれている成分になります。

食品からも摂取可能な成分なのですが、十分な量を取り入れる事が難しいことから「準必須アミノ酸」とも言われています。

シミを消す薬には必ずと言ってもいいほど配合されている成分で、現在では多くの皮膚科や美容クリニックでシミ消しの治療薬として処方されています。

L-システインは直接メラニン色素に働きかけることから、メラニン色素を原因とするシミであれば、全般的に効果を発揮してくれます。

特に、薄めのシミあれば完全にシミをキレイに除去してくれます。

例え濃いシミであっても、根気よくL-システインを摂取し続ければキレイにシミを消すことが可能となります。

それぐらいL-システインはシミ改善効果が高い成分になりますので、美白化粧品やクリーム等でシミが消えなくて諦めていた方にもおすすめの成分になります。

L-システインは当サイトで紹介している市販薬にも、皮膚科等で処方される医療用医薬品にも配合されていますので、シミをキレイさっぱり消したい方は、医薬品がおすすめになります。

L-システインがシミを消すメカニズムについて

L-システインはさまざまな効果のある成分ですが、シミに対しては以下のような効果があります。

L-システインはメラニン色素の生成を抑制し、紫外線等の影響で大量発生してしまった「メラニン色素を無色化すると言う還元作用」があります。

つまり、黒色メラニン色素を薄くすると言う事なので、摂取し続けることで徐々にシミが薄くなっていくと言う事です。

部分的に色素沈着を起こして黒ずんでしまったシミや、全体的に黒ずんでしまった皮膚自体を白くする効果があるのです。

ですから、L-システインは美白効果を謳っている化粧品には必ずと言ってもいいほど配合されているのです。

また、L-システインは肌の代謝を正常化して角質層に沈着したメラニン色素の排出をサポートする働きもあります。

さらに、アスコルビン酸(ビタミンC)と併用する事で、相乗効果が生まれより強力な還元作用やメラニン色素の抑制効果に期待できるのです。

それから、L-システインは強力な抗酸化作用があるため、活性酸素がメラニン色素の生成をする働きを抑制してくれることから、「シミのできにくい肌になる」のです。

ですから、肌に紫外線を浴びた場合でも、通常よりもシミができにくくなるのです。

したがって、シミを消す医薬品には、ほとんどの場合L-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)の両方が配合されているのです。

また、L-システインを摂取することで体内でコラーゲンが生成されるので肌にハリが出たり、角質を柔らかくしてくれるのでニキビができにくい肌質へと変わり肌トラブルの無い肌へと改善します。

基本的に肌が生まれ変わる期間は「約42日間」と言われていて、このサイクルが「ターンオーバー」と言われている肌の代謝になります。

このサイクルが乱れてしまうと、シミができてしまったり、ニキビ等の肌トラブルの原因になってしまうのです。

しかし、L-システインを効率よく摂取することで肌のターンオーバーが正常化されるので、シミや肌トラブルに悩む事は無くなるのです。

また、L-システインは体の疲れやだるさ、二日酔い等の改善効果にも期待できますので、疲れやすいと言う人はL-システインを積極的に摂取した方が良いでしょう。

L-システインには副作用はあるの?

L-システインの副作用は現在のところ確認されていません。

しかし、過剰摂取をした場合は「吐き気・腹痛・下痢」等の副作用を起こす可能性は十分ありますので、適量を摂取するように注意してください。

基本的に、医薬品等に配合されている分量は、副作用を引き起こすほどの分量ではございませんので安心して飲んでいただいても大丈夫です。

ただし、その薬の用法用量を必ず守ったうえで服用するようにしてください。

早くシミを消したいからと言って用法用量を守らずに過剰摂取した場合は、上記でも言いましたように副作用を起こしてしまう可能性が考えられます。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!