美白成分ルシノールの効果と特徴について!副作用はあるの?

シミに効果のある美白成分に「ルシノール」と言う成分があります。

このルシノールと言う成分は、化粧品で有名な「ポーラ(POLA)」が10年と言う年月を費やして独自開発した美白成分で、「1988年に厚生労働省に認可された」ことをきっかけに、さまざまな美白化粧品等に配合されるようになり現在ではルシノールの知名度も高く、効果も非常に高いと言う事が認知されています。

ちなみにですが、「ルシノール(R)」はポーラの商標名であり、一般的な科学名は「4-n-ブチルレゾルシノール」になります。

今回は美白成分ルシノールについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミに効く美白成分ルシノールとは

ルシノールは、シベリア地域のモミから抽出し「4-n-ブチルレゾルシノール」と言う成分表示でシミ等を消す効果のある美白化粧品等に配合されています。

ルシノールの特徴は、ハイドロキノンと似た構造を持っていると言う事です。

ルシノールの主な働きは、メラニン色素を黒色化させてしまうチロシナーゼの働きを阻害することで、メラニン色素の生成自体も抑制してくれることです。

ルシノールの働きや美白効果について

チロシナーゼがチロシンと結合することでメラニン色素を作り出してしまうのですが、ルシノールはチロシンと成分構造が似ていることからチロシンよりも早くチロシナーゼと結合することが可能なのです。

その結果、チロシナーゼとチロシンの結合をブロックしてメラニン色素の黒色化を防いだりメラニン色素の生成を抑える事が可能となるのです。

この働きのことを、

「メラニンロック機能」

と言います。

ルシノールと同じような機能を持つ美白成分で、「アルブチン・コウジ酸」と言う成分もありますが、ルシノールの方が肌への浸透力が高いためより美白効果が実感できるのです。

ルシノールは浸透力が高い事から、

「アルブチンの約400倍」

「コウジ酸の約5倍」

の美白効果があると言われています。

しかも、さまざまな臨床試験を繰り返し行った結果、シミだけではなく肝斑にも効果がある事が明らかとなっています。

ルシノールとハイドロキノンの違い

ルシノールはシミに対する効果や分子構造が、ハイドロキノンとよく似ていて「同じ働きをする」と言われています。

ハイドロキノンと言えば、その美白(漂白)効果の高さで注目されている成分で、さまざまな化粧品に配合されており、現在では最も美白効果の高い成分として知られています。

ルシノールとハイドロキノンの効果や働きは、ほとんど同じで「チロシナーゼの働きを阻害して、メラニン色素の生成を抑制する」ことになります。

しかし、この両者には決定的な違いがあるのです。

それは、ルシノールは完全にシミを消す事ができないけど、ハイドロキノンはシミを消す事ができると言う点になります。

つまり、ルシノールはシミの予防対策としては効果的だけど、シミ消しとしてはハイドロキノンの方が効果的と言う事なのです。

ただし、シミが一度できてしまうことで、その周辺はメラニン色素が生成されやすくなってしまいますのでルシノールの働きによって今以上にシミが増えることを防ぐ事ができますし、今以上にシミを濃くしないようにもできます。

ですから、今あるシミを消したいのであれば、ルシノールよりもハイドロキノンの方が優れていると言う事になるのです。

美白成分ハイドロキノンの効果と特徴について!副作用はあるの?

2017.01.27

ルシノールの副作用について

ルシノールは美白効果の高い成分でハイドロキノンと似ていることから「副作用」が心配な人も多いと思います。

しかし、ルシノールは天然植物由来の成分で、刺激が少なくなりますので「副作用のリスクは低い成分」になります。・

ハイドロキノンと効果や働きが似ていることから、副作用が心配されがちな成分でもあるのですが、ルシノールに関しましてはそこまで気にする必要はないと言う事です。

しかし、肌への副作用のリスクが低い分シミを消す事は難しく、あくまでも「シミの予防対策」としての効果しか期待できません。

もちろん今後できる可能性のあるシミに対しての予防はできますので、今以上にシミを増やしたり、シミの色を濃くしたりする事の対しては効果を発揮してくれます。

ですから、シミを完全に消したいと言う人は、ルシノール配合の化粧品で、なお且つ今あるシミを除去する働きのあるハイドロキノン等の成分が配合された美白化粧品を選ぶようにしてください。

ただし、ハイドロキノンは副作用のリスクが高い成分で炎症・赤み・かぶれ等の副作用を起こす可能性もありますので、ご利用の際は十分注意するようにしてください。

副作用のリスクなくシミを消したいのであれば、ルシノール配合の美白化粧品で今以上にシミを増やさない努力をしつつ、飲む医薬品で今あるシミを除去することをおすすめします。

医薬品と言いましても、一般用医薬品の市販薬になりますので、皮膚科等を受診する必要なく手軽に手に入れる事ができます。

ルシノール配合の美白化粧品で体の外側からシミをブロックしながら、シミを消す薬で体の内側からシミを消す方法が最も安全で効果的な方法になります。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!