ミルセリンホワイトNKBの効果や成分を徹底解説!利用者の口コミと副作用について

シミを消す薬の「ミルセリンホワイトNKB」はシミやそばかすだけではなくにきびにも効果を発揮します。

ミルセリンホワイトNKBは、数あるシミを消す薬の中の一つで、「京都薬品ヘルスケア」が販売してる飲み薬になります。

ミルセリンホワイトNKBは通販専売の医薬品になりますので、基本的にはドラッグストアなどで入手することはできない薬になります。

シミの薬と言えばテレビCMで一度は見たことがあると思いますが、「トランシーノホワイトC」が有名ですね。

実は、トランシーノホワイトCを製造している会社はミルセリンホワイトNKBを製造している会社と同じ京都薬品ヘルスケアなのです!

つまり、シミを消す薬の製造にあたっての実力や実績は誰もが認めている会社だと言うことです。

そのような会社がネット通販専売で販売している薬となると、少し気になりませんか?

そこで今回は、ミルセリンホワイトNKBの効果や成分と副作用、それから実際に利用した方の口コミなども併せてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ミルセリンホワイトNKBの特徴について

ミルセリンホワイトNKBの特徴としましては、数あるシミ消し薬の中でも配合されている成分の種類が多い点になります。

基本的にシミを消す薬に配合されている成分と言えば「L-システイン・パントテン酸カルシウム・アスコルビン酸(ビタミンC)」が主成分になります。

ミルセリンホワイトNKBの場合は、この主要成分以外にも「ビタミンE・ビタミンB群」などの肌に良いと言われているあらゆる成分を同時に配合しています。

そして、最大の特徴としましては冒頭でも少し触れましたが、トランシーノホワイトCの製造会社と同じと言うことで、配合成分の含有量は両者全く同じと言うことになります。

ちなみにですが、トランシーノホワイトCの効果効能は「しみ・そばかす・日やけ・かぶれによる色素沈着」になります。

一方ミルセリンホワイトNKBの効果効能は「シミ・そばかす・ニキビ・湿疹・日焼け・かぶれ・じんましん・くすりまけ・色素沈着」になります。

同じ成分含有量で、配合されている成分もミルセリンホワイトNKBとトランシーノホワイトCは同じなのに効果効能に若干の違いが出ています。

もちろん「しみ・そばかす・日やけ・かぶれによる色素沈着」以外の効果が不要と言う場合であればトランシーノホワイトCでも良いと思いますが、トランシーノホワイトCにはない「ニキビ・湿疹・じんましん・くすりまけ」などの効果も必要と言うのであれば、ミルセリンホワイトNKBの方が圧倒的にお得になります。

それだけの効果効能が多いにも関わらず、価格はミルセリンホワイトNKBの方が圧倒的に安いので、トランシーノホワイトCの購入を検討されていると言う方は、もう一度考え直してみても良いのではないでしょうか?

ミルセリンホワイトNKBの商品概要

トランシーノホワイトCの上位版!有効成分をバランスよく配合した医薬品

販売価格 2,200円(26%OFF)
通常価格 4,320円
内容量 180錠/30日分(1日6錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・ニキビ・湿疹・日焼け・かぶれ・じんましん・くすりまけ・色素沈着
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム
販売会社 京都薬品ヘルスケア株式会社
公式HP http://www.e-kirei.net/
商品説明
ミルセリンホワイトNKBはシミを防ぐL-システイン240mgとシミを薄くするビタミンC1000mg、ターンオーバーを促進させるビタミンE、B2、B6をバランスよく配合している医薬品で、シミやそばかすに効果のある薬になります。しかも、システイン製剤ではトップクラスのビタミン含有率を誇っている薬で、アスコルビン酸1000mgとなります。肌のターンオーバーを促進させて3つのステップでシミを消してくれます。ビタミン類も豊富に配合していますので、ビタミン剤としても優秀なシミ消し薬となりますので、体が疲れやすいと言う人にもおすすめになります。

ミルセリンホワイトNKBとトランシーノホワイトCの比較

ミルセリンホワイトNKBとトランシーノホワイトCの製造会社が同じと言うことで、両者を比較してみました。

自分にはどちらのシミを消す薬が必要かチェックしてみてください!

  ミルセリンホワイトNKB トランシーノホワイトC
価格 2,200円 2,808円
内容量 180錠/約30日分 180錠/約30日分
種別 第3類医薬品 第3類医薬品
効果効能 シミ・そばかす・ニキビ・湿疹・日焼け・かぶれ・じんましん・くすりまけ・色素沈着 しみ・そばかす・日やけ・かぶれによる色素沈着の緩和
有効成分 アスコルビン酸:1000mg
L-システイン:240mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE):50mg
リボフラビン(ビタミンB2):6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):12mg
アスコルビン酸:1000mg
L-システイン:240mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE):50mg
リボフラビン(ビタミンB2):6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):12mg
1日服用回数 2錠:1日3回(食前または食後) 3錠:1日2回(朝夕)

上記比較表をご覧いただければわかると思いますが、同じ成分同じ含有量になりますので、効果効能に違いはないはずなのですが、なぜかミルセリンホワイトNKBの方が優れています。

どちらも公式サイトの方から抜粋していますので誤りはありません。

そのため、トランシーノホワイトCにも記載はありませんがミルセリンホワイトNKBと同じ効果に期待できる可能性はあります。

どちらの薬も同じ製造会社で配合成分も成分の含有量も同じとなれば後は価格だけの問題になるのではないでしょうか?

価格はミルセリンホワイトNKBの方が安いと言うのは一目瞭然ですね!

どちらのシミ消し薬を選ぶかはあなた次第ですが、長期的な目線で考えると約600円ほど安いミルセリンホワイトNKBの方が圧倒的にお得になります。

基本的にシミ消し薬の効果が表れ始めるのは約3ヶ月と言われていますが、確実にシミが消えてキレイになるまでには個人差があり、ながい場合だと1年以上の期間が必要になる場合もあります。

例えばですが、シミの薬を飲みはじめて10ヶ月でシミが消えたとすると、1個当たり約600円もの差があればトータル6,000円もの価格差になってしまいます。

そう考えるとミルセリンホワイトNKBの方が圧倒的にお得になりますね!

しかもわざわざ店舗に出向いて買いに行かなくても、郵送で送ってくれますので買い物に行く手間も省けますね。

このように比較してみるとどちらのシミ消し薬がお得なのかすぐに分かってしまいますね!

ミルセリンホワイトNKBの効果について

ミルセリンホワイトNKBの効果については「シミやそばかすを消す効果」とにきびや湿疹、日焼け等にも効果があります。

ミルセリンホワイトNKBはサプリメントではなく「医薬品」になりますので、効果に期待できるのではなく効果があると言う認識になります。

つまり、サプリメントの場合はあくまでも栄養補助食品になりますので確実な効果には期待できないのです。

一方ミルセリンホワイトNKBのような医薬品につきましては確実なシミ消し効果に期待できると言うことになります。

もちろん、シミが消えるまでの期間に関しましては人それぞれ個人差がありますので一概に何ヶ月でシミが消えるとは言えませんが、確実にシミを消したいと言うのであれば医薬品をおすすめします。

ミルセリンホワイトNKBは、シミ消し効果に有効な「L-システイン240mg」と、ビタミンCである「アスコルビン酸1000mg」と最大容量配合しているので高いシミ消し効果を発揮します。

ちなみにですが、L-システインは皮膚科でも処方される有効成分になります。

L-システインの役割は、シミの原因であるメラニンの生成を抑制することと、メラニンを排出することになります。

また、アスコルビン酸とはビタミンCのことで、美肌効果やシミ消し効果には必須の成分になります。

L-システインと協力してメラニンの生成を抑えてくれます。

この2つの主成分とその他成分がシミを根本から消してくれて、さらに今後のシミ予防対策にも効果的なのです。

つまりミルセリンホワイトNKBは、シミを消すだけではなくシミの予防対策にも役立つと言うことです。

ミルセリンホワイトNKBの効果効能について

ミルセリンホワイトNKBの効果効能をまとめますと、

  • シミ
  • そばかす
  • ニキビ
  • 湿疹
  • 日焼け
  • かぶれ
  • じんましん
  • くすりまけ
  • 色素沈着

になります。

たった一つでこれだけの効果効能があります。

ミルセリンホワイトNKBの用法用量について

ミルセリンホワイトNKBは、1回量を食後に水またはぬるま湯で、かまずに服用してください。(※15才未満の方は服用しないでください)

成人(15歳以上) 2錠:1日3回(食前または食後)
7歳以上15歳未満 1錠/1日3回(食前または食後)
7歳未満 服用しないこと

※用法・容量を厳守してください。
※7歳以上の小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ミルセリンホワイトNKBに配合されている成分

ミルセリンホワイトNKBに配合されている全成分をご紹介していきます。

まずはシミ消し効果に必要不可欠な2つの有効成分をご紹介します。

L-システイン

L-システインは「皮膚・髪の毛・爪」等にも多く存在しているアミノ酸の一種で、体の内側から代謝をサポートしてくれています。

毎日の食事だけでは必要量を摂取する事が難しく不足しがちなアミノ酸であるため、

「準必須アミノ酸」

と言われています。

紫外線の影響でメラノサイトが活性化され、シミの原因となるメラニン色素が生成されますが、L-システインがそれを阻止してくれるのです。

また、L-システインはアスコルビン酸(ビタミンC)と協力して「シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制」し、紫外線等の影響で大量発生してしまったメラニン色素を無色化し、肌の代謝を正常化して角質層に沈着した「メラニン色素の排出をサポートする働き」があります。

ですから、L-システインを摂取することで体内でコラーゲンが生成され、肌にハリが出たり、角質を柔らかくしてくれるのでニキビができにくい肌質へと変わり、肌トラブルの無い肌へと改善するのです。

要するに、L-システインを効率よく摂取することで肌の「ターンオーバーが正常化される」ので、シミや肌トラブルに悩む事は無くなると言うことです。

また、L-システインは冷え症や体の疲れ、だるさ、二日酔い等の改善効果にも期待できます。

アスコルビン酸(ビタミンC)

アスコルビン酸とは、ビタミンCの事で主に柑橘類や野菜に多く含まれています。

アスコルビン酸は、人間の体内のあらゆる箇所で必要不可欠な成分で、さまざまな役割を担っています。

中でも、アスコルビン酸は「美肌効果」「育毛効果」が高いと言われていて、シミの原因でもあるメラニン色素の生成を抑制させる効果もあります。

人間は生きていく為に酸素を体内に摂り込んで呼吸をしますが、この時に一部の酸素が活性化される事によって「活性酸素」が生成されます。

この活性酸素が大量に生成されてしまうと正常な細胞などを攻撃してしまい、細胞膜に含まれている不飽和脂肪酸と結合して過酸化脂質となり細胞を酸化させてしまうので「肌のシワやたるみの原因」となってしまうのです。

人間の体にはもともと活性酸素を取り除くための「SOD酵素(super oxide dismutase)」と言う活性酸素を除去してくれる酵素があるのですが、一生で生成される量が決まっているので、年齢を重ねる毎にSOD酵素の量は減少していきます。

すると活性酸素が増えてしまい体の至る所で酸化が起こってしまうのです・・・

この酸化こそが「老化現象」と言われている症状なのです。

しかし、ビタミンCであるアスコルビン酸は抗酸化作用が強く、活性酸素の生成が抑制する働きがあるので積極的に摂取することで老化を防ぐ事が可能となるのです。

また、ビタミンCはあらゆる角度からシミを消す為の働きをしてくれます。

アスコルビン酸はシミの根本であるメラニン色素の生成を抑制しますので、シミのできにくい肌質に変化させることが可能なのです。

それから、ビタミンCには還元作用がありますので、シミの色を薄くする働きや消す働きがあるのです。

アスコルビン酸はシミを消す効果と抗酸化作用が強いので老化防止効果もあります。

これが「シミ消しの基本はビタミンC」と言われている理由でもあるのです。

ミルセリンホワイトNKBに配合されているその他成分

  • コハク酸d-α-トコフェロール・・・天然型ビタミンE
  • リボフラビン・・・ビタミンB2
  • ピリドキシン塩酸塩・・・ビタミンB6
添加物
トウモロコシデンプン・乳糖水和物・セルロース・CMC・ヒドロキシプロピルセル・ロース・ステアリン酸Mg・ヒプロメロース・ポリビニルアルコール(部分けん化物)・酸化チタ・タルク・大豆レシチン・カルナウバロウ

ミルセリンホワイトNKBのシミを消すメカニズムについて

ミルセリンホワイトNKBのシミを消すメカニズムは3ステップになります。

まずはL-システインで今以上に増やさないようにシミを防ぎ、ビタミンCの力で表皮に沈着したシミを薄くします!次にビタミンE、B2、B6の力で肌のターンオーバーを促進させ、色素沈着してしまった古い角質を排出しシミを消していきます。

ミルセリンホワイトNKBの副作用について

ミルセリンホワイトNKBは一般用医薬品(市販薬)になりますので、シミ対策サプリ(栄養補助食品)や美白化粧品とは違い確実にシミを消す効果があります。

つまり、科学的根拠を基にシミを消す効果に対しての裏付けがきちんとある薬と言う事です。

しかし、そうなってくると心配になってくるのが「副作用」だと思います。

ミルセリンホワイトNKBは市販薬になりますが、市販薬と一口に言っても大きく分けると4種類あることを知っていますか?

  1. 要指導医薬品
  2. 第1類医薬品
  3. 第2類医薬品
  4. 第3類医薬品

上から副作用のリスクが高い順になります。

医薬品の種類について詳しくはこちら>>

そしてミルセリンホワイトNKBは一番下の「第3類医薬品」に該当されます。

つまり、「ミルセリンホワイトNKBは副作用のリスクが低い」と言うことなのです。

ちなみにですが、みなさんがよく飲まれている市販薬の胃腸薬は第1類医薬品に該当され、風邪薬や解熱鎮痛剤は第2類医薬品に該当されます。

これらの市販薬を飲んで風邪が改善したり、胃のむかつきが改善した経験はあると思いますが、副作用を起こしてしまったと言う人は少ないのではないでしょうか?

要するに、ミルセリンホワイトNKBは第3類医薬品になりますので、市販薬の胃腸薬(第1類医薬品)や風邪薬(第2類医薬品)よりも、圧倒的に副作用のリスクが低いと言うことになるのです。

ですから、ミルセリンホワイトNKBを飲んでシミを消したいけど副作用が心配と言う人でも、それほど心配する必要は無いと言うことなのです。

ミルセリンホワイトNKBを飲んで副作用を起こす可能性がある場合

ミルセリンホワイトNKBを飲んで副作用を起こす可能性があるとすれば、

「過剰摂取」

になります。

要するに、早くシミを消したいからと言って用法用量を守らずに過剰に服用した場合と言うことです。

しかしこれは、ミルセリンホワイトNKBが医薬品だからと言う訳ではなく、サプリメント等にも同じことが言えます。

サプリであっても、医薬品であっても用法用量は必ず守らないといけません。

また、多く飲んだからと言ってその効果が早く現れると言うことでもありませんので、十分ご注意ください。

ミルセリンホワイトNKBは用法用量さえしっかり守って正しいお付き合いをすれば、副作用の心配をする必要はないでしょう。

ミルセリンホワイトNKBの利用者の口コミをご紹介

実際にミルセリンホワイトNKBを利用した人から当サイトに寄せられた口コミになります。

あいこ 30代

ミルセリンホワイトNKBを知人に教えてもらい、飲みはじめて早や3ヶ月。肌の調子がすこぶる良くて非常に満足しています。シミ消し効果については、頬の上あたりにあった複数の小さなシミがほぼ消えてほぼ分からなくなっています。こめかみにあるシミはまだ消えてはいませんが、徐々に薄くなってきているので消えるのが楽しみです。化粧品でシミが消えると信じて使い続けてきたけど、美白化粧品ではシミは消えないと言うことを知り、医薬品を試してみました。知人には本当にありがとうの言葉しかありません。
まさみ 50代

トランシーノホワイトCからの乗り換えです。トランシーノは1年間使い続けたけどあまり効果はありませんでした。そしてたまたまネットで見かけたミルセリンホワイトNKBを購入して見たのです。今で飲み始めて半年ですが、気になっていた顔にあるシミが嘘のように薄くなりはじめています。製造会社は同じで成分なども同じのはずなのですがなぜでしょう?よく分かりませんが私の肌にはミルセリンホワイトNKBがあっていたみたいです。気のせいなのか?
まき 10代

そばかすとニキビの悩みがあってお母さんに美容皮膚科の相談していたけど、料金が高すぎるからダメと言われ続けてきました・・・。そんな時にミルセリンホワイトNKBを見つけました。7歳以上から飲める薬なので、お母さんに相談してみると、これならいいよと言ってくれました。1年ぐらい飲んでいるけど、今ではニキビの悩みが嘘のようになくなりました。そばかすは消えてはいないけど、気のせいか色が薄くなってきたように感じています。たぶん化粧すれば見えないぐらいだと思います。ミルセリンホワイトNKB飲んでよかった!
まり 40代

今までハイチオールCを飲んでいたけど、値段が高いことと効果がいまいちだったので、トランシーノホワイトCに乗り替えようとしていたところ、ミルセリンホワイトNKBとトランシーノホワイトCを作っている会社が同じだと知り、ミルセリンホワイトNKBに決めました。まず価格が安かったことが一番のキメ手です!wそして、通販なので買いに行く手間が省けるのも私にとっては嬉しい点でした。肝心のシミ消し効果ですが、これからなのでまだ微妙ですが、お肌の調子が良くなっているのは実感できます。こんな感覚も前まではなかったので、たぶんシミも消えてくれると思います。
ゆーみん 40代

ほほのシミを消したくてミルセリンホワイトNKBを買いました。今でちょうど半年ぐらいかな?シミがかなり薄くなり、化粧をするとほとんど分からなくなってきました。彼氏にも全然分からないよ!と言われてテンションマックスです。ミルセリンホワイトNKBの口コミにたどり着いて本当によかった!
えみり 30代

目尻にあるシミを取りたくてミルセリンホワイトNKBを飲みはじめました。もともと薄く小さかったので2ヶ月ぐらいで消えちゃいました。ミルセリンホワイトNKBはシミの予防対策にも効果的と言うことなので、シミが消えた今でも飲み続けています。特に紫外線の強い夏場は必須の飲み薬ですね。
たかこ 30代

顔のシミは女の大敵!と言うことでミルセリンホワイトNKBを飲んでシミと戦っています。まだ完璧にはシミが消えたわけではないけど、かなり薄くなってきています。3年かかってでもこのシミを消してやる!と言う気持ちで毎日飲み続けています。
まな 40代

シミってホントに消えるんだ!?って感じですwまさかとは思いダマされてもいいや!みたいな感じで買って飲んでみました。1ヶ月ではさすがにシミは消えなかったけど、私の場合は3ヶ月ぐらいで効果を実感し、4ヶ月目にはシミがなくなっていました。絶対に消えると言う保証は無いけど、私は試す価値はあると思います。特にシミで悩んでいる人は
まみ 20代

あごにシミができちゃいました・・・なんでよりによってあごなの?とりあえず友達も飲んでるミルセリンホワイトNKBを進められるがまま買いました。ちょうど2ヶ月ぐらいになるけど、シミの色はかなり薄くなってきています。早く消えないかな・・・私の友達はほっぺのシミが消えたらしいので、私もこのまま消えてしまうことを願って飲み続けたいと思います。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!