妊娠するとシミができる!?妊娠性肝斑の予防対策について

妊娠を経験している人で、妊娠中に顔やお腹のあたりにシミができた経験がある人も多いと思います。

これは「妊娠性肝斑」と言うシミで、妊娠中のホルモン分泌の影響でできやすくなり、特にお腹周りにできやすいシミになります。

そこで今回は、妊娠性肝斑について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠性肝斑とは?

妊娠性肝斑とは、妊娠の影響で顔やお腹周りにできるシミのことで、女性ホルモンのバランスが乱れることで現れるシミになります。

そもそも頬等にできる肝斑の原因も「女性ホルモン」が関係していて、ホルモンバランスが崩れることで現れるシミになりますね!

女性ホルモンは「エストロゲン」「プロゲステロン」とがありますが、最も関係しているのは黄体ホルモンであるプロゲステロンであると言われています。

つまり、プロゲステロンのバランスが崩れることによって肝斑が発生すると言うことです!

他にもプロゲステロンが与える影響は、「シミが濃くなる」と言う現象もありますので、ホルモンバランスを崩さないようにすることが大切になってきます。

特に妊娠中の場合は、女性ホルモンの分泌量のバランスが妊娠前とは違いバランスを崩しやすくなる傾向があるので注意が必要になります。

妊娠を継続するために「ホルモンの変化・代謝の変化・免疫の変化」等、体内のあらゆる箇所でさまざまな変化が生じるのでホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。

シミの原因であるメラニンを生成するメラノサイトは肌にあるため女性ホルモンとは関係ないように思いますが、妊娠性ホルモンがメラノサイトを刺激しメラニンの生成を促進させてしまいます。

その結果シミが濃くなったり、増えやすくなったりするのです。

しかし、妊娠が原因でホルモンバランスが崩れてできるシミに関しましては、出産後数ヶ月で自然と消える場合がほとんどで、そこまで心配する必要はないでしょう。

ただし、出産後すぐに妊娠をして何度も出産を行うことでシミが消えることなく肌内部に沈着して残ってしまう場合もありますので注意が必要になります。

妊娠性肝斑を予防する方法について

妊娠をすることで女性ホルモンのバランスが崩れてしまう事は仕方がないことです。

しかし、いくら妊娠中だからと言ってもシミがドンドン増えていくのは黙ってみてられませんよね?

ですから、これから妊娠の予定がある人、すでに妊娠中の人は、しっかりと妊娠性肝斑を予防対策するようにしてください。

予防対策をしたからと言って、確実に妊娠性肝斑を防ぐことができると言う保証はありませんが、何もしないよりは確実に症状を抑えることが可能となります。

水分補給とビタミンCの摂取で妊娠性肝斑を予防しよう!

通常の肝斑の場合は、皮膚科などを受診して「トラネキサム酸」を処方してもらい、服用して改善を試みますが、妊娠中の場合は医薬品を服用することは好ましくないのは言うまでもありませんね。

もちろん妊娠中と言うことで服用できる薬に制限もあります。

ですから、妊娠性肝斑が発症したとしてもなるべく市販薬を含む医薬品は飲まないように注意してください。

妊娠性肝斑の予防対策として最も効果的な方法は「水分補給」「ビタミンC摂取」になります。

この方法が母体にも退治にも影響を与えることなく妊娠性肝斑の予防対策をすることができます。

それと、もう一つ意識してほしいことが「規則正しい生活」になります。

規則正しい生活を送りながら、水分とビタミンCをバランスよく補給することで妊娠性肝斑を予防することが可能となります。

ただし、確実に防ぐことは難しく、どれだけ以上のことを守っていたとしてもシミが現れてしまう場合もあります。

紫外線対策を徹底する!

シミの予防対策と言えば「紫外線対策」が最も重要になります。

一般的なシミやそばかすはもちろん、妊娠性肝斑を予防するのにも紫外線対策は必須となります。

上記でも言いましたが、妊娠中は妊娠性ホルモンがメラノサイトの働きを促進させますので、紫外線を浴びることによってメラニンを大量に生成してしまいます。

ですから、妊娠前よりも圧倒的にシミができやすい状況になりますので、紫外線対策はいつも以上に徹底するようにしてください。

日焼け止めクリームはもちろん、帽子や日傘、サングラスなどを活用し、徹底的に紫外線から肌を守るようにしましょう。

妊娠性肝斑のケアにおすすめのスキンケア化粧品

妊娠性肝斑を防ぐには、上記で紹介しました予防対策と毎日の小まめなスキンケアが重要になります。

妊娠中は医薬品等を服用することができませんので毎日のスキンケアがとても大切なのです。シミを増やさない!濃くしない!ためにも紫外線対策やスキンケアを徹底するようにしましょう。

スキンケア化粧品はたくさんありますけど、自分の肌に合う化粧品はそう簡単に見つかるものではありません。

また、妊娠中は肌質も変化しますので、いつも通りのスキンケア化粧品だと合わない場合もあります。

ですから、化粧品選びをする時はトライアルキットがある化粧品をまずは試すようにしましょう。

そして、トライアルキットを使ってみて肌に問題がなければ継続して使用することをおすすめします。

透明感と輝きに満ちた美白肌を手に入れるにはアスタリフトホワイト

通常価格 -円(税込み)
トライアルセット 1,000円
セット内容
  • 美白化粧水 18ml
  • 美白クリーム 5g/li>
  • 美白美容液 5mL
  • 先行美容液 0.5g×10包
送料 無料
おすすめの肌質 敏感肌・乾燥肌
販売会社 株式会社decencia(ポーラ・オルビスグループ)
公式HP https://shop-healthcare.fujifilm.jp/
商品説明
独自成分である「ナノAMA(ツボクサエキス)」と美白有効成分を配合していて、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ美白クリームになります。トロリと軽やかなクリームが肌全体を滑らかに包み、美白有効成分をしっかりと肌内部にとじこめて輝くような透明感とハリを肌に与えてくれます。美白の道を作る化粧水が肌に潤いを与えてしっかり美白美容液がシミに届きます。富士フィルム独自のシミに届くナノテクノロジーでシミ消しを徹底サポート。まずは5日間のトライアルセットをお試しください。

24時間徹底美白のアンプルール ラグジュアリーホワイト

通常価格 6,500円(税込み)
トライアルセット 1,890円
セット内容
  • コンセントレートHQ110 3g
  • ローションAOⅡ 20mL
  • 薬用アクティブフォーミュラ 20mL
  • エマルジョンゲル 10g
  • メイク落とし・洗顔料 2包
送料 無料
おすすめの肌質 乾燥肌
販売会社 株式会社ハイサイド・コーポレーション
公式HP http://www.ampleur.jp/
商品説明
アンプルールはシミ消し効果の高い美白化粧品で有名なので知っている人も多いと思いますが、「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」は、ハイドロキノンが高配合なので今あるシミにピンポイントで効果を発揮してくれます。しかもアンプルールは洗顔料をはじめ「美白美容液・美容乳液ジェル・化粧水」等のセットになっているため、全体的にフェイスケアでき顔全体に美白効果が期待できます。実際利用した人からも驚きの声が高く30代から60代と幅広い年齢層の女性に愛用されています。気になる方はまずはトライアルキットからはじめてみてください。

敏感肌の人におすすめ!ディセンシア サエル

通常価格 2,160円(税込み)
トライアルセット 1,480円
セット内容
  • 薬用美白クリーム 9g
  • 薬用美白化粧水 14mL
  • 薬用美白美容液 8mL
送料 無料
おすすめの肌質 敏感肌・乾燥肌
販売会社 株式会社decencia(ポーラ・オルビスグループ)
公式HP https://www.decencia.co.jp/
商品説明
ディセンシアはポーラ・オルビスグループから生まれた「敏感肌と乾燥肌の女性のための専門ブランド」になります。シミに悩んでいる敏感肌や乾燥肌の人で、自分に合った化粧水が見つからなかったと言う人におすすめしたいのがサエルになります。「ハイドロキノン不使用」になりますので、敏感肌の方でも安心して使用できる美白化粧品になります。また、ハイドロキノンに効果を感じなかったと言う人も効果が期待できますので試す価値のあるトライアルキットになります。まずは10日間のトライアルセットをお試しください。

まとめ

妊娠性肝斑は、妊娠することによって女性ホルモンのバランスが乱れて現れるシミになります。

妊娠中はシミを消す薬などを服用することは難しくなりますので、毎日の規則正しい生活と水分補給、ビタミンCの摂取などを徹底する必要があります。

それと毎日の紫外線対策とスキンケアもかなり重要になりますので、徹底するようにしてください。

妊娠性肝斑は出産後数ヶ月で消えると言われていますが、出産が重なったり、妊娠中にスキンケアを怠っている場合は消えることなくシミとして残ることもあります。

このような場合はお腹の中に赤ちゃんが居ないことを大前提にシミを消す薬でシミを消すことができますが、妊娠中の場合はそうはいきませんのでしっかりとスキンケア対策をするようにしましょう。

出産後に増える顔のシミの原因はなに?産後にできるシミを消す方法について

2017.07.27

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!