アロマオイルでシミが消える!?シミ消し効果のあるアロマオイルをご紹介

アロマオイルと言えば「香り」を楽しむためのものですが、実は肌に塗ることでシミやくすみを消す効果や美白に期待できるアロマオイルもあるのです。

いい香りで癒されながらシミやくすみを消し、美白ケアができるなんて女性にとっては非常にうれしい限りですね!

ただし、全てのアロマオイルがこのような効果があると言う訳ではございませんのでご注意ください。

そこで今回は、シミやくすみを消し美白効果に期待できるアロマオイルについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

アロマオイルとは?

アロマオイルは、植物から有効成分を抽出した揮発性の「100%天然のエッセンシャルオイル」になりますので、香りを楽しむだけではなくさまざまな効果に期待できるのです。

香りを指す言葉で「フレグランス」もありますが、こちらは科学的に合成された香りが使用されているためアロマオイルとは全くの別物になります。

ちなみにアロマオイルによる自然の香りを利用した自然療法のことを「アロマテラピー」と言います。

アロマオイルの持つ癒し系の香りや含有成分が、心と体を癒してくれます。

アロマオイルと一口に言っても種類が豊富でそれぞれに香りや効果が異なります。

花の香りや草木の香り、他にも果物の香りなどの自然の香りは人間の疲れた心と体にやさしく働きかけ癒してくれます。

香りによってさまざまな効果や作用があるので、自分の気になる症状に合わせた香りを選ぶことでリラックス効果が生まれ、心も体もリフレッシュすることができます。

中には新陳代謝を促進させたり、肌の漂白効果が高いものもあります。

そのため、アロマテラピーで美白効果を得たい場合は、シミの原因を理解し、その原因に作用する効果のあるアロマオイルを選ぶようにしてください。

アロマオイルはただ香りを楽しむためだけのものと思われがちですが、医薬品に匹敵するような効果を得ることができるものもあります。

美容へのこだわりが強い人ほどアロマテラピーを積極的に取り入れている人が多くなります。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは、花や植物、果物などの自然の香りを楽しみ、心と体に癒しを与えるために行うものです。

アロマテラピーと聞くと「香りを楽しむ」と言うイメージが強いと思いますが、ハーブティーとして体内に摂りいれたり、スキンケアアイテムやマッサージオイルにアロマオイルをブレンドして使用することもアロマテラピーと言います。

アロマテラピーはシミの改善に効果があるの?

アロマテラピーは使用するアロマオイルによってさまざまな効果を得ることができます。

例えば今回で言いますと「シミの改善」にアロマテラピーが効果があると言うことになります。

美白効果の高いアロマオイルを使用することで、シミを改善し悩みを解消することも可能になります。

また、アロマテラピーでシミの予防対策を行うことも可能になりますので、シミに効果を発揮してくれるアロマオイルを以下で紹介していきたいと思います。

シミ消し効果のあるアロマオイル

数あるアロマオイルの中でもシミの改善や予防対策に効果があると言われているアロマオイルをご紹介していきたいと思います。

まずはアロマオイルの種類とそれぞれの働きについてまとめてみましたのでご覧ください。

アロマの種類 アロマの働き
カモミール メラニン抑制・抗炎症作用・保湿
ラベンダー 新陳代謝の促進
ローズヒップ メラニン抑制・保湿
ローズウッド 肌細胞の活性化
ローズマリー 抗酸化作用・血行促進
キャロットシード 抗酸化作用
ネロリ 肌のターンオーバーの正常化・収れん作用
ゼラニウム 肌のターンオーバーの正常化・ホルモン分泌調整

以上がシミに効果的なアロマオイルの種類になります。

それでは細かく解説していきたいと思います。

シミに効くカモミールの特徴

カモミールの働きは「メラニン抑制・抗炎症作用・保湿」になります。

カモミールティーなどのハーブティーとしてもお馴染みなのでカモミールを知らない人はほとんど居ないと思います。

青リンゴのような甘い果実のような香りが特徴で、いらだちや疲労を鎮める鎮静効果にも期待できるアロマになります。

また、不眠症気味の方に特におすすめで、安眠効果が高く寝つきが悪いと言う人は就寝前にカモミールティーを飲むと良いでしょう。

それから最も女性にとってうれしい効果が「メラニン抑制」になります。

メラニン色素の生成を抑える働きがあることでシミの予防対策はもちろんシミ改善にも繋がり美白効果も高くなります。

他にもアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患の症状を緩和してくれる効果や、ニキビなどの肌トラブルの炎症を抑制する効果にも期待できます。

最近ではカモミールエキスが配合された化粧品やスキンケア商品も多く、カモミールが肌に良いと言うことを認識している女性の方も多いのではないでしょうか。

また、メラニン抑制による美白効果と保湿効果にも優れていて、植物由来の100%天然のエッセンシャルオイルになりますので副作用の心配もありません。

以上のことからアロマテラピーとして多くの女性に選ばれているアロマオイルと言えます。

シミに効くラベンダーの特徴

ラベンダーもシミに効くアロマオイルの一つで「新陳代謝の促進」に期待できます。

エッセンシャルオイルとしても馴染み深いオイルで、他にもさまざまなものに使用されていることから誰でも一度は香りをかいだことがあると思います。

ラベンダーはリラックス効果が高く安眠効果にも優れているので、寝つきが悪い人におすすめになります。

特に注目してほしい効果が新陳代謝の促進で、肌のターンオーバーが乱れている人に使っていただきたいアロマになります。

シミを改善するには肌のターンオーバーが鍵を握っています。

肌にできてしまったシミを改善するためには、メラニンの生成を抑制しシミの元を防ぐことと、色素沈着を起こしてしまった肌の古い角質をターンオーバーによって排出する必要があります。

そのため、新陳代謝が低下し肌のターンオーバーが正常に行われないといつまでたってもシミは消えることはないのです。

また、新陳代謝が低下すると、体内の老廃物が排出されにくくなることと、体内に摂り込んだ栄養素を体の隅々までしっかりと行き渡らせることが難しくなるのです。

その結果肌のターンオーバーが停滞しシミのできやすい肌質になってしまうのです。

しかし、肌のターンオーバーが正常に行われることでシミのできた古い角質を排出し、新しいシミのない肌が生まれ変わってくるのです。

ラベンダーはその役割を担ってくれるアロマオイルになります。

シミに効くローズヒップの特徴

ローズヒップに期待できる効果は「メラニン抑制・保湿」になります。

ローズヒップもハーブティーでお馴染みになりますので、ほとんどの方がご存知かと思います。

ローズヒップは美容効果が高く、シミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる働きに加え、保湿効果が高いことからシミができやすい乾燥肌を防ぐ効果にも期待できます。

肌の乾燥はターンオーバーを停滞させてしまう原因になりますので、シミを予防するためには徹底的な保湿が必須になります。

また、肌の乾燥が原因で肌内部のコラーゲンが不足してしまい新しい肌を作る肌細胞の生成にも影響し、ますます肌のターンオーバーに悪影響を与えてしまうことになるのです。

シミの改善には欠かすことができないのが肌の潤いになりますので、保湿ケアは必要不可欠になります。

そこで役に立つのがローズヒップによるアロマテラピーになります。

ローズヒップには、肌に潤いを与えてくれるビタミンCが豊富に含まれているため、乾燥肌の方に特におすすめになります。

加齢と共に肌は乾燥しやすくなっていきますので、アンチエイジングとしてもローズヒップは有効なアロマオイルになります。

シミに効くローズウッドの特徴

ローズウッドに期待できる効果は「肌細胞の活性化」になります。

名前からして「ローズ」が入っているので薔薇をイメージされる方も多いと思いますが、薔薇とは異なり樹木を原料としたアロマになります。

これは余談ですが、音の響きが良く音質がキレイなことからギターなどの楽器にもよく使われています。

薔薇とは関係ありませんが、樹木の香りが薔薇に似ていることからローズウッドと言う名前になりました。

ローズウッドの効果は、肌の細胞を刺激して活性化させることになりますのでシミ改善はもちろんシワやハリなどの改善にも効果を発揮してくれます。

しかも、ローズウッドは肌質に関係なく誰もが使用できますので、さまざまなスキンケア用品に使用されています。

また、肌細胞の活性化だけではなく、その香りの良さからスキンケアしながら気分もリフレッシュできるので、疲れているときやストレスを感じているときにおすすめになります。

シミに効くローズマリーの特徴

ローズマリーと言えば、ハーブティーやお肉料理に使うハーブとして有名ですが、実はシミ改善効果にも期待できるのです。

そんなローズマリーに期待できる効果は「抗酸化作用・血行促進」になります。

ローズマリーには「ファイトケミカル」と言う成分が含まれていて、非常に高い抗酸化作用を持っているのです。

シミの原因の一つに肌の酸化がありますが、肌細胞の酸化を防いでくれるのが抗酸化作用になります。

抗酸化作用はシミの改善だけではなくエイジングケアにも効果が期待でき、スキンケアアイテムの成分として注目されている成分になります。

また、ローズマリーには血行促進効果もありますので、肌のターンオーバーが促進される効果にも期待できます。

特に女性の方は血行不良の方が多く「冷え性」などの悩みを抱えている方も多いと思いますので、ローズマリーの効果で健康面からも改善してみてはいかがでしょうか。

つまり、ローズマリーはシミ改善はもちろん肌のターンオーバーの促進や血行促進効果が高いので美容のためにも健康のためにもおすすめできるアロマオイルと言うことになります。

シミに効くキャロットシードの特徴

キャロットシードはあまり聞きなれないアロマだと思いますが、名前の通りニンジンの原種となる種子を原料としているアロマになります。

キャロットシードの効果は「抗酸化作用」になりますのでシミの予防対策に最適ですが、独特な香りなため苦手と感じる人も実際多くなります。

しかし、キャロットシードには抗酸化作用以外にも肌を再生させる働きと肌細胞を活性化させる働きがあるため、スキンケアにとても良い効果を発揮してくれるのです。

シミの原因は肌内部で生成されるメラニンで、このメラニンが活性酸素によって酸化し肌内部に色素沈着してしまうことになります。

メラニンは紫外線などのダメージから肌を守るために生成されるものになりますので、メラニンの生成自体を防ぐことはできませんが、酸化を防ぐことでシミの予防に繋がります。

そこで役に立つのがキャロットシードが持つ抗酸化作用なのです。

しかも、キャロットシードはニンジン同様に肌のハリや弾力を高めてくれる効果のある「ベータカロチン」が含有されているため、エイジングケアにも有効なアロマなのです。

どうしても香りが気になると言う方は、柑橘系のアロマとブレンドして使用することで多少は香りを軽減することができますので是非お試しください。

シミに効くネロリの特徴

ネロリもあまり聞きなれないと思いますが、フローラル系の優雅な印象と柑橘系の爽やかな印象から高級香水にも使用されているアロマになります。

ネロリの効果は「肌のターンオーバーの正常化・収れん作用」に期待できます。

肌の新陳代謝を促進してくれる効果があることから、ターンオーバーの正常化に役立ちます。

また、ネロリには収れん作用もあり、肌や毛穴をしっかりと引き締めてくれ、他にも皮脂分泌のコントロールや肌に潤いを与える効果にも期待できます。

そのため乾燥肌におp悩みの方にもおすすめできるアロマになります。

肌の乾燥はシミの原因になりますので、しっかりと潤いを与えて保湿ケアを心がけるようにしてください。

ネロリはその香りの良さから高いリラックス効果があり、アロマテラピー以外にもルームフレグランスとしても多くの方に利用されています。

シミに効くゼラニウムの特徴

シミに効くゼラニウムの効果は「肌のターンオーバーの正常化・ホルモン分泌調整」になります。

ゼラニウムもあまり聞きなれないと思いますが、肌細胞の成長を促進させたり、血行促進効果にも期待できます。

特に新陳代謝の促進効果が高く、肌のターンオーバーの正常化に役立ちます。

何度も言っていますがシミの改善や予防対策には肌のターンオーバーが深く関係していますので、シミを改善するためにはターンオーバーの正常化は必須となります。

また、血行不良を起こしているとせっかく体内に摂りいれた栄養素も体の隅々まで行き渡らないので老廃物がどんどん蓄積されてしまうことになります。

その結果肌のターンオーバーが停滞しシミの原因となってしまうのです。

それに血行不良は冷え性などの原因にもなりますので、早めに改善しておいた方がいいでしょう。

さらにゼラニウムにはホルモン分泌調整効果もあります。

シミの原因のほとんどが紫外線のダメージによるメラニンの生成になりますが、中には紫外線のとは関係ないホルモンが影響してできる「肝斑」があります。

シミの中でも肝斑の場合はホルモンバランスの乱れが原因でできるシミになりますので、改善するためにはホルモンバランスを整えることが必要になるのです。

そのため、肝斑でお悩みの方はゼラニウムのようなホルモン分泌を調整してくれるアロマがとても有効になります。

以上がシミに効果的なアロマオイルの種類になります。シミを改善するためにも自分のシミの原因や種類をしっかりと把握し、症状に合ったアロマでシミを改善するようにしましょう。特に肝斑に関しましては、最後にご紹介しましたゼラニウムが効果を発揮しますので、自分のシミが肝斑なのかをはじめに見極めるようにしてください。肝斑については以下の記事を参考にしてみてください。

女性ホルモンとシミの関係とは?肝斑特有の原因と予防対策

2017.01.23

シミケアでアロマオイルを使用する際の注意点

シミケアでアロマオイルを使用する際はいくつか注意点がありますのでしっかりと理解してから使用するようにしてください。

アロマオイルの原液の取り扱い方に関する注意点

まず、アロマオイルを使用する際の注意点としましては「原液の取り扱い方」になります。

はじめに言っておきますが、原液は絶対に飲んだりしないようにしてください!

アロマオイルの原液は高濃度に凝縮されていて、万が一飲んでしまうと肝臓や腎臓に大きな負担を与えてしまう場合があり、重大な病気の原因になってしまう場合もあります。

稀に医師の指導のもとでアロマの原液を治療目的で服用する場合もありますが、あくまでも医師の指導のもと行われる治療法になりますので、絶対に自己の判断でアロマオイルを飲んだりしないようにしてください。

また、小さなお子様が居るご家庭での使用にも十分注意するようにしてください!

誤って誤飲してしまう恐れもありますので、お子様の手の届くところには保管しないようにしてください。

ちなみにですが、ラベンダーのアロマは高濃度ですが低刺激になりますので、直接原液を塗布することも可能になります。

ただし、ラベンダーが低刺激だからと言っても自己の判断で塗布することは危険な行為であり、特に敏感肌の方や刺激に弱い肌質の方は炎症などの肌トラブルの原因になり兼ねませんので十分注意するようにしてください。

アロマオイルを肌につける際の注意点

アロマオイルは「100%天然のエッセンシャルオイル」ではありますが、濃縮されたオイルで肌に直接塗布するには刺激が強すぎますので注意が必要になります。

ですから原液を直接肌に塗ることは絶対にしないようにしてください。

もしスキンケア目的でアロマオイルを肌に塗布したいと言う場合は、「キャリアオイル」で薄めてから使用するようにしてください。

キャリアオイルとは、植物の種子などから作られたオイルで、アロマオイルの濃度を薄めることができ、肌への浸透力が良くなり作用も穏やかになります。

ちなみにですが、日本アロマ環境協会では、エッセンシャルオイルの量はキャリアオイルの1%以下と推奨しています。

エッセンシャルオイルは1滴0.05mlなので10mlのキャリアオイルにエッセンシャルオイルは2滴以下と言う割合になります。

初めて使用する際はなるべく薄い濃度からはじめて、慣れてきた場合でも1%を超えないように注意してください。

万が一皮膚に炎症などの異常が見られた場合はすぐに使用を中止し、皮膚科等の専門医に相談するようにしてください。

植物アレルギーに関する注意点

アロマオイルは、花や植物、果物などから有効成分を抽出した揮発性の「100%天然のエッセンシャルオイル」になりますので、植物アレルギーなどをお持ちの方は注意する必要があります。

原液の濃度に関わらず、原料による植物にアレルギーがないかを事前にチェックしてから使用するようにしましょう。

最悪の場合アレルギー反応で肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまう場合もありますのでご注意ください。

妊娠中の方や乳幼児への注意点

妊娠中の方や乳幼児が要る方は使用料や使用方法に注意が必要になります。

妊娠中の方が気分転換にアロマを楽しむこともあると思いますが、強すぎる香りが逆効果となり不快に感じてしまう場合もありますので、使用する際のアロマオイルの選択にはご注意ください。

特にスキンケアの目的で肌に塗布する場合は要注意で、最悪の場合出産に悪影響を与えてしまう可能性もありますので、十分注意する必要があります。

中にはホルモンバランスに影響を与えてしまうアロマもありますので注意が必要になります。

また、乳幼児がいる過程でもアロマの取り扱いには十分注意するようにしましょう。

乳幼児はアロマに限った話ではありませんが、さまざまな事象に対して抵抗力が低くアロマの香りが強い刺激となり悪影響を与えてしまう可能性もあります。

そのため乳幼児が居るご家庭でのアロマオイルの使用に関しましては、使用量を減らして使用することをおすすめします。

また、乳幼児が不快感を表している場合はすぐに使用を中止するようにしてください。

アロマオイルは天然成分だから安心?植物毒について

アロマオイルには基本的に毒はありませんが、使用方法によっては毒になってしまう場合もありますので注意が必要になります。

「植物毒」と言えば、もともと毒性を持つ植物を指しますが、ここで言う植物毒はこの限りではありません。

例えば極端な話で言いますと、毎日口にしている塩や脂質なども過剰摂取することで体の毒になってしまいます。

これと同じように、もともと毒性のないアロマオイルであっても使用方法を間違えると毒になってしまう場合もあると言うことです。

アロマで使用するエッセンシャルオイルはもともと天然成分から作られています。

ただし、アロマオイルの濃度は自然にある状態のときの「何十倍」もしくは「何百倍」も濃縮されて非常に濃い濃度になっています。

つまり、自然界にある時は毒性がない場合でも、濃度が濃くなることによって強い刺激や毒性を持つものになってしまう場合があると言うことです。

もちろん濃縮されたアロマオイルでも安心して使用することができるものもありますが少数になります。

要するに、アロマオイルが天然成分でシミ改善効果やスキンケアとして効果があるからと言って、何も考えずにやみくもに使用すると最悪の場合体に害を及ぼしてしまう可能性もあると言うことです。

そのためアロマオイルを使用する際は、使用量や使用濃度についての知識をしっかりと身につけてから使うようにしなければなりません。

また、いつも使用しているアロマオイルだからと言ってもその日の体調によっては肌荒れを起こしてしまったり・・・なんてこともあり得ますので、異変を感じましたらすぐに使用するのを止めるようにしてください。

他にも体調がすぐれないときは薄めて低濃度で使用したりと工夫をするのも大事になってきます。

そして状態が回復しない場合は、医師への相談をおすすめします。

まとめ

アロマオイルの種類によってはシミ改善やシミの予防対策に効果があるものもあります。

シミに効果的なアロマオイルは上記で紹介したものが代表的なものになります。

シミを消す効果やシミの予防対策に良いと言われているアロマオイルではありますが、使い方を間違えると毒にもなりますし、肌トラブルなどの原因にもなりますので使用する際は十分注意するようにしてください。

シミを早く消したいからと言って高濃度のアロマオイルを肌に直接塗布するようなことは絶対にしないようにしてください。

アロマオイルでシミが消える効果はありますが、即効性がある方法ではありませんので気長にケアすることをおすすめします。

もし今すぐシミを消したいと言うことであれば、皮膚科を受診してレーザー治療を行うか、シミを消す薬などを服用してシミを消すようにしましょう。

顔のシミを取りたい人必見!シミを取るための方法を徹底解説!

2017.02.14

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!