シミ消しクリームのおすすめと選び方や使い方について

年齢に関係なく女性の悩みの一つに「シミ」がありますね。

特に30代に突入するとシミで悩む方が急激に増加するので、何とかしてシミを消したいと誰もが思うと思います。

できることならシミを取りたい、消したいと思うのは女性ならあたりまえですね。

しかし、シミを取る場合は皮膚科でレーザー治療を受けるか、シミを消す効果のある医薬品を服用するかのどちらかが必要になります。

皮膚科は費用も掛かりますしリスクは高くなってしまいます。

医薬品の場合は当サイトで紹介している者でしたら第3類医薬品になりますので副作用のリスクなく服用していただく事は可能となります。

ですが、人によっては皮膚科のレーザー治療も医薬品も嫌だ!と言う人も居ると思います。

そこで今回は、シミ消しにおすすめなクリームと選び方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミ消しに効果的なクリームの選び方

まずは女性のシミ消しに効果的なクリームの選び方についてご紹介していきたいと思います。

シミと一口に言っても種類はさまざまで、それぞれのシミによって選ぶクリームが異なってきます。

シミの種類は大きく分けると、

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • そばかす
  • 肝斑
  • 脂漏性角化症
  • 対称性真皮メラノサイトーシス
  • 遅発性両側性太田母斑
  • 花弁状色素斑

のように8種類ほどあります。

上記のシミの中でも以下で紹介するクリームで改善する事ができるシミは、「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」のみになります。

炎症性色素沈着はニキビや肌荒れが原因でできるシミ!原因と対策と改善方法について

2017.01.26

多くの女性が悩むシミは老人性色素斑!その原因と改善方法について徹底解説

2017.01.23
この2つのシミに関しましては、クリーム等のセルフケアでシミを食い止めたり薄くすることが可能となります。

それ以外のシミに関しましては、残念ながらクリームでシミを消すことはできませんので、皮膚科での治療や内服薬の服用が必要になってきます。

なかでも脂漏性角化症、遅発性両側性太田母斑、花弁状色素斑の場合は皮膚科に相談することをおすすめします。

そばかすや肝斑に関しましては化粧品やクリームでシミを消すことは難しいのですが、内服薬を服用すればシミが消える可能性は十分にありますので以下の記事を参考にしてみてください。

そばかすを消したい!遺伝が原因?皮膚科に通わずにそばかすを消す方法

2017.01.23

女性ホルモンとシミの関係とは?肝斑特有の原因と予防対策

2017.01.23

シミを消すのに効果的なクリーム選びのポイント

シミを消すのに効果的なクリームを選ぶときにのポイントは、

  1. 美白有効成分配合のクリームを選ぶ
  2. 自分の肌質に合ったクリームを選ぶ
  3. 使い続ける事が可能なクリームを選ぶ

になります。

上記3つのポイントを踏まえてクリームを選ぶことで、自分のシミに効果のあるクリームを選ぶことが可能となります。

①美白有効成分配合のクリームを選ぶ

シミを消して美白を取り戻したい場合は「美白有効成分配合のクリーム」を選ぶようにしましょう。

美白有効成分と言っても種類はさまざまですが、おすすめは以下の成分になります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは「強力な美白効果」があり、シミをキレイに消す力があります。

ただし、ハイドロキノンの含有率によっては市販で手に入れる事ができず医師の診断が必要になります。

ハイドロキノン配合の市販されているクリームの場合はそこまで含有量が多くないので比較的安全に利用していただけます。

ただし、使用する際はしっかりと注意事項を守って使用するようにしましょう。

美白成分ハイドロキノンの効果と特徴について!副作用はあるの?

2017.01.27

トラネキサム酸

トラネキサム酸は肝斑に効果的な美白有効成分になりますが、肝斑やそばかすの場合は市販のクリームを塗っただけでは改善できませんので、皮膚科等で内服薬または塗り薬を処方してもらう必要があります。

しかし、老人性色素斑や炎症性色素沈着のようなシミには市販されている「トラネキサム酸配合のクリーム」でもシミを消すことができます。

トラネキサム酸は、含有量によっては医師の診察が必要になりますが、市販されているクリームの場合はそこまで含有量が多くないので医師の診察は不要になります。

肝斑のようなシミを消す場合はクリームではなく内服薬が必要になります。

肝斑にも効く美白成分トラネキサム酸の効果と特徴について!副作用はあるの?

2017.01.29

アルブチン

アルブチンは部穿く効果が高い事からさまざまな化粧品にも配合されている美白有効成分になります。

1989年に厚生労働省に美白成分として認められ、大手化粧品メーカーからアルブチン配合の美容液等が発売されたことをきっかけに注目される美白成分となりました。

美白成分アルブチンの効果と特徴について!副作用はあるの?

2017.01.27

アスコルビン酸

アスコルビン酸とは「ビタミンC」のことで、成分表示名になります。

ビタミンCにはシミの色素を元の色に戻す還元作用があることからシミに効果的な成分として認められています。

つまり、アスコルビン酸配合のクリームにはシミを消す効果があると言う事です。

シミにはビタミンC(アスコルビン酸)が効果的!シミを薄くしてくれる重要成分

2017.01.26

上記はシミに効果的な美白成分のほんの一部ですが、上記の成分が配合されているクリームはシミに効果的になります。

ハイドロキノンは現状他の成分よりも10~100倍の美白効果があると言われている成分ですが、その分副作用のリスクもある成分になります。

トラネキサム酸やアルブチンは美白効果の高い成分で、比較的副作用のリスクも少ないのでおすすめの成分になります!

また、表示はアスコルビン酸となっていますがこちらはビタミンCになりますのでシミに効果的な成分として有名ですね。

その他のシミに効果的な美白有効成分は以下を参考にしてみてください。

シミに効果的な成分一覧>>

②自分の肌質に合ったクリームを選ぶ

シミに効くクリームを選ぶ際は、なるべく自分の肌質に合わせて選ぶようにしましょう。

敏感肌の人は敏感肌用のクリームを、乾燥肌の人は乾燥肌用のクリームを選ぶことをおすすめします。

また、できましたらヒアルロン酸やセラミドを配合した「保湿成分が高いクリーム」を選ぶようにしましょう。

肌質に合っていないクリームを選んでしまうと逆効果で、シミが消えない可能性もありますのでご注意ください。

③使い続ける事が可能なクリームを選ぶ

シミを消すクリームを選ぶ際に注意したいのが「使い続ける事が可能か?」と言う点になります。

どれだけ高価なクリームを選んだとしても、継続して使用することができなければ意味がありません。

シミはそう簡単に消えるものではありませんので、継続してクリームを使い続ける必要があるのです。

そのため、負担なく長期スパンで使い続ける事が可能なシミ消しクリームを選ぶ必要があるのです。

つまり、数回だけ高価なクリームを使用するよりも継続して買いやすい価格のシミ消しクリームを購入した方が良いと言うことです。

また、シミ消しクリームの香りやテクスチャーがストレスになってしまう場合も考えられますので、初めて購入する際はトライアルがある商品から試す事をおすすめします。

おすすめのシミ消しクリームをトライアルで試そう!

シミ消しクリームの購入を検討している方で「どれを選べば良いのか分からない・・・」と言う人も多いのではないでしょうか?

シミ消しクリームと一口に言っても種類はさまざまで、価格もピンキリなので迷ってしまいますよね!ですからそんな時は「トライアルキット」でお得に試せるシミ消しクリームから選ぶようにしましょう。

敏感肌でも大丈夫!B.glenのQuSomeホワイトクリーム1.9

通常価格 6,412円(税込み)
トライアルセット 1,800円(71%OFF)
セット内容
  • QuSomeホワイトクリーム1.9 5g
  • Cセラム(ビタミンC美容液) 5mL
  • QuSomeローション 20mL
  • クレイウォッシュ 15g
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g
送料 無料
おすすめの肌質 敏感肌・乾燥肌
販売会社 Beverly Glen Laboratories, Inc.
公式HP http://www.bglen.net/
商品説明
B.glenのQuSomeホワイトクリーム1.9は、「敏感肌」の人でも使用可能で、確実にシミを薄くしてくれることから「リピート率98.5%」と驚きの結果が出ています。皮膚科等で処方されるハイドロキノン軟膏よりも含有率が「1.9%」と低いことから、副作用の心配がないのが人気の秘密になります。もともと不安定で浸透性の低いハイドロキノンですが、独自のテクノロジーを駆使してハイドロキノンをQuSome化し、低い含有率でもしっかり角質まで浸透しハイドロキノンの効果を発揮できるように作られているので、確実にシミを薄くすることが可能となります。ハイドロキノンが低配合なので刺激が弱く副作用の心配がないことから、肌が弱い人でも安心して使用していただけます。

ピンポイントでシミを消したい人はブライトニングフォーミュラ

通常価格 4,752円(税込み)
初回トライアル 1,980円
セット内容
  • ブライトニングフォーミュラ15g
送料 無料
おすすめの肌質 敏感肌・乾燥肌
販売会社 TKS株式会社(mecosome)
公式HP http://www.mecosome.jp/
商品説明
今使用している化粧品を変更することなくそのままピンポイントで気になるシミだけを消す事が可能なシミ消しクリームになります。唯一「海洋複合酵素(マリンプロテインエキストラクト)」を配合したシミ消しクリームで、皮膚科医が開発したクリームになります。古くなった角質にあるレセプターを見分け、その細胞のみを酵素分解して排出させることが可能で、肌のターンオーバーを促進させる効果が非常に高い事から、今までなかなか消えなかったシミを徐々に薄くすることが可能で、シミ以外にもニキビ痕や黒ずみにも効果が期待できます。

24時間徹底美白のアンプルール ラグジュアリーホワイト

通常価格 6,500円(税込み)
トライアルセット 1,890円
セット内容
  • コンセントレートHQ110 3g
  • ローションAOⅡ 20mL
  • 薬用アクティブフォーミュラ 20mL
  • エマルジョンゲル 10g
  • メイク落とし・洗顔料 2包
送料 無料
おすすめの肌質 乾燥肌
販売会社 株式会社ハイサイド・コーポレーション
公式HP http://www.ampleur.jp/
商品説明
アンプルールはシミ消しクリームで有名なので知っている人も多いと思いますが、「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」は、ハイドロキノンが高配合なので今あるシミにピンポイントで効果を発揮してくれます。しかもアンプルールは洗顔料をはじめ「美白美容液・美容乳液ジェル・化粧水」等のセットになっているため、全体的にフェイスケアでき顔全体に美白効果が期待できます。実際利用した人からも驚きの声が高く30代から60代と幅広い年齢層の女性に愛用されています。気になる方はまずはトライアルキットからはじめてみてください。

敏感肌の人におすすめ!ディセンシア サエル

通常価格 2,160円(税込み)
トライアルセット 1,480円
セット内容
  • 薬用美白クリーム 9g
  • 薬用美白化粧水 14mL
  • 薬用美白美容液 8mL
送料 無料
おすすめの肌質 敏感肌・乾燥肌
販売会社 株式会社decencia(ポーラ・オルビスグループ)
公式HP https://www.decencia.co.jp/
商品説明
ディセンシアはポーラ・オルビスグループから生まれた「敏感肌と乾燥肌の女性のための専門ブランド」になります。シミに悩んでいる敏感肌や乾燥肌の人で、自分に合ったシミ消しクリームが見つからなかったと言う人におすすめしたいのがサエルになります。「ハイドロキノン不使用」になりますので、敏感肌の方でも安心して使用できるシミ消しクリームになります。また、ハイドロキノンに効果を感じなかったと言う人も効果が期待できますので試す価値のあるシミ消しクリームになります。まずは10日間のトライアルセットをお試しください。

シミ消しクリームを選ぶ際は、上記のようなトライアルがある商品からはじめることをおすすめします。

まずは試してみて自分の肌に合うかチェックしてみてください!そして問題なさそうでしたら継続して使用することをおすすめします。

敏感肌の人はなるべくハイドロキノンを配合していない「ディセンシア サエル」や「ブライトニングフォーミュラ」から試すか、ハイドロキノンを配合しているけど敏感肌でもOKな「B.glenのQuSomeホワイトクリーム1.9」を試すようにしましょう。

アンプルール ラグジュアリーホワイトは美白効果が高いけど、ハイドロキノン高配合になりますので敏感肌の人にはおすすめではありません。

以上のことを踏まえてシミ消しクリームを選ぶ際は、まずはトライアルセットからお試しください。

シミ消しクリームの正しい使い方

「シミ消しクリームを使用しているけどなかなかシミが消えない・・・」と言う人も少なくはないのではないでしょうか?

このような場合は、もしかすると使い方を間違えている可能性があります。

そこでシミ消しクリームの正しい使い方について解説したいと思います。

シミ消しクリームはいつつけても同じと思っている人程効果を感じていないと思いますので、以下を参考に今日からでも意識するようにしてみてください。

シミ消しクリームはつけるタイミングが重要!?

シミ消しクリームを使用する際はつけるタイミングにご注意ください!特にハイドロキノン配合のシミ消しクリームを使用する場合は注意が必要になります。

美白成分の効果を最大限に発揮させる為には、なるべく肌に浸透させる必要があるのです。

シミは肌表面にあるものではなく、肌内部にありますのでしっかりと肌内部に浸透させなければなりません。

特に今あるシミだけではなくさらに奥の真皮層に隠れているシミにも効果を発揮するには、如何に浸透させる事ができるかがポイントとなります。

つまり、「皮膚の水分が多く毛穴が開いた状態にあるとき」にシミ消しクリームをつけるのが最も効果的と言うことです。

シミ消しクリームをつけるタイミングはお風呂上りがおすすめ!

お風呂上りは肌に水分を多く含んだ状態でふやけていて、毛穴が開いています。

この時に美白成分配合のシミ消しクリームを塗ってあげることで、しっかりと肌内部の真皮層にまで届けてあげる事が可能となりシミ消しクリームの効果を最大限に引き出してくれるのです。

しかも、お風呂でしっかりと洗顔して毛穴の汚れをキレイに落とした後なのでとても効果的になります。

お風呂上り以外にシミ消しクリームをつけるなら蒸しタオルがおすすめ!

シミ消しクリームをつける為に何度もお風呂に入るのが面倒と言う場合は「蒸しタオル」がおすすめになります。

蒸しタオルならレンジで1分ほどでできますので、それを顔にあてて毛穴を開く事ができます。

蒸しタオルを作る方法は、タオルに水が垂れない程度に水を含ませて600wで1分間チンするだけです。

蒸しタオルで注意する点は「暖め過ぎないこと!」です。

タオルの大きさによってレンジで温める時間が変わってきますので、調整しながら行ってください。

それから、顔にあてる前にまずは腕などで温度を確かめることをおすすめします。

また、回数を重ねると温度に慣れてしまい熱く感じなくなる場合もありますが、暖め過ぎはデリケートな顔の皮膚に良くないのでご注意ください。

目的は毛穴を開く事ですから、そこまで熱くなくても大丈夫です。

ハンドプレスも効果的!

シミ消しクリームをつける時にハンドプレスを行うとしっかり肌に浸透させることが可能となります。

ハンドプレスとは手で化粧水やクリーム等を押し込むように浸透させる方法で、マッサージ効果もあるのでおすすめです。

化粧水をコットンに染み込ませて行っている人も居ますが、コットンを利用したところで肌に浸透しにくいですし、敏感肌の人の場合はコットンも刺激になりますのでおすすめではありません。

それよりも自分の手の平や指を使ってしっかりとプレスするようにしましょう。

ただし、ハンドプレスを行う際はしっかりと手を洗って雑菌を落としておいてください。

雑菌が付着した手で行うとニキビの原因になりますのでご注意ください。

まとめ

シミを消したいけど皮膚科や市販薬を飲まずに消したいと言う人も多いと思います。

このような場合は、上記で紹介しましたシミ消しクリームがとても効果的になります。

ただし、シミ消しクリームでは効果を実感する事ができない場合もありますので、まずは数ヶ月間試してみることをおすすめします。

そして、月ごとに写真を撮ってシミが薄くなっているようでしたら効果があると言うことになりますのでそのまま継続してシミ消しクリームを利用するようにしましょう。

一方シミが全く薄くなっていないと言う場合は、効いていないと言うことになりますので市販薬に切り替えることをおすすめします。

シミを消す薬と言っても副作用のリスクの非常に低い第3類医薬品になりますので安心して使用していただけます。

シミを消す薬に興味がある方は以下を参考にしてみてください。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!