シミの原因になる食べ物に要注意!肌に悪影響を与える4つの食べものとは?

人間は必ず毎日食事を摂りますが、人それぞれ食べるものが異なりますし、好き嫌いも当然あります。

私達人間の身体が成長するには「食べ物」が必要不可欠ですが、この食べ物が原因でシミができやすい肌質になってしまうって知っていましたか?

巷でよく言われる体に悪い食べ物があるように、実はシミの原因となってしまう「肌に悪い食べ物」もあるのです。

体に悪い食べ物を控えることも重要ですが、美肌を手に入れるためにも肌に悪い食べ物を控えることも美肌を手に入れるためには重要になってきます。

人間の肌は体内環境に影響されやすくなりますので、食べ物を変えるだけで劇的に肌質が変わり美肌を手に入れることが可能となります。

「肌は内臓の鏡」と言われているように、毎日何気なく摂っている食事もしっかりと考えて食べないと、シミができやすくなってしまうのです・・・

内臓の調子が悪いと肌に悪影響を与えてしまうことは言うまでもありませんが、毎日食べるものをちょっとだけ意識して肌に悪い食べ物を控えるだけで肌の調子はぐんとよくなります。

食べ物を意識したからすぐに効果がある訳ではございませんが、継続することで徐々に体質が変化し肌の代謝が向上することでシミのできにくい肌質へと生まれ変わることができます。

そこで今回は、シミの原因となる食べ物4つをご紹介したいと思いますので、今日からでもさっそく意識して控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

紫外線以外のシミの原因について

シミの原因と言えば「紫外線」が代表的になりますが、実は紫外線以外にもシミの原因はたくさんあります。

  • 食べ物
  • 飲み物
  • ストレス
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 便秘
  • 睡眠不足
  • ニキビ跡(炎症)
  • 摩擦
  • やけど
  • 生活習慣の乱れ(女性ホルモンの乱れ)

上記が紫外線以外にシミができてしまう原因になります。

どれか一つはほとんどの人が思い当たる節があると思いますが、上記の中の該当している項目を少しでも減らすことによってシミの予防対策となります。

中でも今回は食べ物(飲み物)について解説していきたいと思います。

毎日の食事でシミができやすい体質を何も知らずに自分で作ってしまっている人が多く、食べ物を変えるするだけでシミのない透き通るような美肌を手に入れることも可能となります。

もちろん食べ物を変えるだけではなく、紫外線対策を徹底したり、毎日のスキンケアを徹底したりする努力は必要になりますが、食べ物を変えることで確実に肌の調子が良くなりますので、今日からでもさっそくお試しください。

人間の肌は体内環境に影響される!

上記でも言いましたが、肌は内臓の鏡と言われ、栄養の偏ったバランスの悪い食生活を送っていると、内臓が弱ってしまったり、血行不良を起こしてしまい体調に影響してしまいます。

その結果、内臓の調子が悪くなると、肌の調子も悪くなってしまいます・・・

あなたが思っている以上に体内環境が肌に与えてしまう影響は大きくなりますので、食生活をしっかりと意識する必要があります。

栄養バランスの整った食生活を送ることで、シミのない「美肌」が手に入ることはもちろん、肌トラブル等も起こりにくくなります。

食生活の乱れはシミの原因になりますし、肥満の原因になってしまったり、生活習慣病を引き起こしてしまったりもしますので注意が必要なのです。

栄養バランスの整った食生活とは?

では、栄養バランスの整った食生活とはどのようなものなのでしょうか?

栄養バランスの整った食事とは、

  • 主食・・・炭水化物(主に白米)
  • 主菜・・・肉・魚・卵・大豆食品等
  • 副菜・・・野菜・海藻類・キノコ類
  • 乳製品
  • 果物

これらの食材をバランスよく摂取することになります。

脂質を抑えるために白米だけを食べたり、糖質制限ダイエットのために炭水化物を抜いたりするのは栄養バランスが悪くなりますので、肌に悪影響になります。

今現在シミに悩んでいたり、肌の調子が悪かったり、肌トラブルに悩んでいると言う人は、上記の食材をバランスよく取り入れることができていない人たちになります。

今日からでも、栄養バランスをしっかりと考えて食生活の改善を試みるようにしましょう。

食べてはいけない!?シミの原因になる「肌に悪い食べ物」について

食べ物と言っても種類はたくさんありますが、内臓に負担をかけてしまう食べ物や体を冷やしてしまう食べ物は肌トラブルを招く原因となります。

また、内臓に負担がかかると肌トラブルの回復を遅らせてしまう原因にもなります。

そのため、いつまでたっても肌の状態が改善しない状態となり、そこに紫外線等のダメージを受けることでシミができやすくなってしまうことになるのです。

回復が遅いと言うことは代謝が悪いと言うことでもありますので、肌のターンオーバーにも影響を与えシミができやすい肌質になります。

このような悪循環を防ぐためにも、以下で紹介する4つの食べ物を控えるようにしてください。

①肌に悪い食べ物「カフェイン」


肌に悪い食べ物に「カフェイン」があげられます!

カフェインは食べ物と言うよりも飲み物に分類する場合が多くなりますが、朝食後、昼食後、夜食後等にコーヒーを飲むことが習慣化されている人も多いと思います。

コーヒー以外でも紅茶やお茶にもカフェインが含まれていますが、カフェインの過剰摂取には要注意になります。

カフェインの過剰摂取は肌の調子が悪くなるだけではなく、健康に被害を及ぼす可能性もあるため極力控えるようにしてください。

なぜカフェインを摂取するといけないのかと言いますと、「カフェインは抗酸化作用を持つビタミンCを破壊して肌の新陳代謝を遅らせる働きがある」からになります。

新陳代謝の低下は肌のターンオーバーが停滞しますので、シミやそばかすの原因であるメラニンが上手いこと排出されずに肌内部に沈着してしまう原因になるのです。

また、カフェインには「交感神経を活発にする効果」もありますので、就寝前に飲むのはやめておきましょう。

カフェインの効果の持続時間は「5~7時間」と言われていますので、22時に就寝するのであれば最低でも17時以降はコーヒーを飲まない方がいいでしょう。

ちなみにカフェインが含まれる飲み物は「コーヒー・ココア・コーラ・栄養ドリンク・お茶(紅茶・ウーロン茶・緑茶・抹茶・ジャスミン茶・ほうじ茶・番茶・玄米茶)」になります。

交感神経が活性化すると質の良い睡眠をとれなくなったり、寝つきが悪くなったりしますので、シミができる原因になります。

良質な睡眠は肌のターンオーバーを促進しますので、就寝前のカフェインの摂取は控えるようにしておきましょう。

つまり、カフェインの摂り過ぎはシミができやすい肌質になってしまうと言うことなのです。

カフェインには「睡眠不足」「血行不良」を招いてしまう原因もありますので要注意なのです。

カフェインは睡眠不足の原因

カフェインは睡眠不足の原因となります。

睡眠不足になると人間の身体にさまざまな悪影響を与えますが、肌に対する影響は以下になります。

  • 肌のターンオーバーが停滞する
  • 代謝が悪く古い角質が排出されずにシミや肌トラブルの原因となる
  • 肌の老化が進む

睡眠不足はただ眠たいだけではなく、肌の老化を促進させ、シミの原因になりますので注意が必要になります。

カフェインは血行不良の原因

カフェインは血行不良の原因となります。

血行不良になると以下のような影響を受けます。

  • 肌が乾燥しやすくなる
  • 貧血気味になる
  • 冷え性
  • 倦怠感
  • 心筋梗塞等のリスクが高まる

カフェインを過剰に摂取することで、このような事態を引き起こしてしまうことになりますので、なるべく控えることをおすすめします。

睡眠不足や血行不良は改善することが可能ですが、長期化することで確実に肌の老化が進みますので早めに改善するようにしましょう。

しかし、カフェインには良い面もありますので、禁止するのではなく適度に摂取する場合は問題ありません。

例えばですが、カフェインには「集中力アップ」「疲労回復」等の効果や、コーヒーの香りでストレスが軽減されたりする効果もありますので、1日1~2杯程度ならコーヒーを飲んでも問題ありません。

ただし、夜間にカフェインを摂ることでなかなか寝付けなくなり睡眠不足を招いてしまいますので、なるべく夕方5時以降はカフェインを摂取しないようにしましょう。

②肌に悪い食べ物「白砂糖」


日本人が大好きな食べ物で、甘味料によく使用されている「白砂糖」ですが、実は白砂糖の主成分である「ショ糖」が肌にとても悪い食べ物なのです・・・

白砂糖の甘いのがダメなのではなく、白砂糖の主成分であるショ糖が肌に悪影響を与えてしまい、食べれば食べるほど悪玉菌に餌を上げていることになります。

白砂糖は精製された砂糖になりますので、カルシウムやビタミン、ミネラルを失ってしまっていることから虫歯になったり、骨が弱くなったりします。

また白砂糖の摂取によって急激に血糖値が上がり体内の悪玉菌を増殖させてしまいます。

増殖した悪玉菌は白血球が退治してくれるのですが、その過程で老化色素と言われる「リポフスチン」と言う物質が発生し、この物質がシミの原因に繋がるのです。

また、白血球が働くことで活性酸素も生成される事になりますので、さらにシミの原因ができてしまいます。

このような働きを「ブラウニング反応」と言い、体内の組織のタンパク質が糖分子と結合する「糖化現象」になります。

ブラウニング反応は急激に血糖値を上げる白砂糖のような糖分を摂取することで起こる現象で、活性酸素の発生が促進され老化を早めてしまいます。

メラニンは活性酸素の働きが活発になればどんどん生成されてしまいますので、メラニンが大量に生成されると言う事はそれだけシミやそばかすができやすいと言うことです。

また、白砂糖の食べ過ぎが原因で、体内の悪玉菌が増殖してしまい肝臓等の内臓に負担をかけてしまい体内環境の調子が悪くなってしまいます。

悪玉菌が増殖すると善玉菌の活動を抑制し、免疫力の低下や抗炎症作用の低下、細菌の侵入をブロックする防御機能の低下などが起こります。

また、腸壁の細胞に少しずつダメージを与えてしまい、最悪の場合大腸癌の原因にもなってしまうのです。

しかし、悪玉菌は人間の身体にとって必要不可欠な存在になりますので、完全な悪ではないのです。

人間の体内には「善玉菌・悪玉菌・日和見菌」があり、この3つのバランスが取れていることが最も理想とされています。

日和見菌とは
日和見菌とは、善玉菌と悪玉菌のいずれか強い方の味方をする菌になります。

ちなみに「善玉菌:1.5」「悪玉菌:1」「日和見菌:7.5」が最も理想的なバランスになります。

しかし、白砂糖を過剰摂取することでこのバランスが崩れてしまい、肌に悪影響を与えてしまうことになるのです。

ですから、なるべく糖分は控えるようにして、極力白砂糖の摂取はやめるようにしてください。

とは言っても糖分0と言う訳にはいきませんので、糖分を取る場合は「ハチミツ・黒砂糖・メープルシロップ・てんさい糖」等がおすすめになります。

白砂糖の過剰摂取は活性酸素が増える原因になる

白砂糖を食べ過ぎることによって体内にショ糖が大量に摂り込まれます。

ショ糖が体内に入ることで、活性酸素が大量に生成されシミの原因となってしまうのです・・・

活性酸素とは、何度も言っていますが肌の老化を促進させるもので、シミの原因でもあります。

活性酸素が増えると体内の細胞が酸化して錆びついてしまい、シミができてしまったり、シワやたるみの原因にもなります。

また活性酸素はとても強力な酸素で、大量発生してしまうことで細胞だけではなく遺伝子にもダメージを与えてしまいます。

活性酸素はシミやシワ、たるみだけではなく身体の老化全般に影響してきますので、注意が必要になります。

また、活性酸素量が増えると「がん細胞」が発生しやすい環境になりますので、なるべく白砂糖は控えるようにしてください。

③肌に悪い食べ物「脂分が多い食べ物」


おいしい食べ物のほとんどが「脂質の多い食べ物」になります。

「おいしいものは脂肪と糖でできている」と言われているように、脂質や糖分が多い食べ物は確かにおいしいのですが、体には良くない食べ物になります。

体によくないと言う事は当然肌にも良くないと言う事です。

脂質で言えば「揚げ物・ラーメン・ファストフード・スナック菓子」等の食べ物はおいしいのでついつい食べ過ぎてしまいますが、脂質が多い食べ物は血行不良を起こしやすくなり「肌の酸化の原因」となりますので、老化を促進させてしまうのです。

すると、新陳代謝が低下して肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、シミが増えてしまいます・・・

また、肌のバリア機能も低下してしまいシミやそばかす、シワを含む様々な肌トラブルを招いてしまう事になります。

こうなってしまうと完全に負の連鎖のはじまりで、どれだけ高価な美白化粧品を使用しても何の意味もなくなってしまう事になってしまうのです。

④肌に悪い食べ物「冷たい食べ物」


冷たい食べ物を食べると体が冷えてしまうので血流が悪くなってしまいます。

血行不良は代謝機能の低下に繋がりますので、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

また、冷たい食べ物で体が冷えるとむくみも出てきますので、むくみとターンオーバーの乱れで負の連鎖が始まり、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。

肌のバリア機能は低下してしまい、乾燥肌となりシミやそばかすだけでなくニキビ等ができる原因にも繋がります。

特に夏場は冷たいものをついつい食べ過ぎてしまいがちになりますが、なるべく控えるようにして体を冷やし過ぎないように心がけましょう。

まとめ

肌に悪い食べ物を無意識のうちに毎日摂取している人も多いと思いますが、今日から控えることであなたの肌質が改善されていきます。

紫外線対策をしていてもすぐにシミができてしまうと言う人や、シミにお悩みの方は今日からさっそく意識して行動するようにしてみてください。

すぐに効果がある訳ではありませんが、継続することでシミのできにくい肌質になりますので、今日からでもさっそく意識して上記の食べ物を控えるようにしましょう。

今すぐシミを消したい方は医薬品がおすすめ!

シミの予防対策も大事だけど、既にできてしまっている顔のシミを今すぐ取りたいと言う方は「医薬品」をおすすめします。

医薬品と言ってもハイドロキノン軟膏やトラネキサム酸のように副作用のリスクが高い薬ではなく、副作用のリスクが低い第3類医薬品の市販薬になります。

シミを消すための飲み薬で、対象年齢は15歳以上になります。

シミはもちろんそばかすにも効果的な薬で、ビタミンも豊富に含まれていますので女性特有の不調にも効果を発揮します。

シミを消すために美白化粧品やクリームを使用している人も多いと思いますが、おそらくですが思うような結果が出ていないのではないでしょうか?

なぜなら、美白化粧品やクリームは肌の最深部である真皮層にまで有効成分が到達しないからです・・・

しかし、飲み薬の場合は身体の内側から直接真皮層にあるシミの原因に働きかけることができますので、確実にシミを消すことが可能となるのです。

美白化粧品やクリームを1年間使用してもせいぜいシミが若干薄くなる程度ですが、シミの飲み薬でしたら早い場合だと3ヶ月程でシミが消えてしまいます。

もちろん、シミの種類や濃さ、大きさによっては3ヶ月以上かかる場合もありますが、確実に顔のシミを消したいと言う場合はシミの飲み薬をおすすめします。

シミを消す飲み薬おすすめベスト3

シミを消す飲み薬と言っても数種類あって、当サイトでも全部で6種類の飲み薬を紹介させていただいています。

その中でも最も売れているシミの薬ベスト3をご紹介したいと思います。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・手足の冷感・腰部冷感・肩こり・腰痛・神経痛・のぼせ・めまい・みみなり・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・9種類の生薬成分
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、ニキビや肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。
キミエホワイトプラス

リニューアルして効果がプラスになったキミエホワイトプラス

初回限定価格 1,900円(55%OFF)
通常価格 4,200円
内容量 93錠/31日分(1日3錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・全身倦怠・二日酔い・ニキビ・日焼けなどの色素沈着・湿疹・じんましん・かぶれ・くすりまけ
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム
販売会社 株式会社富山常備薬グループTOYAMAJYOBIYAKUGROUPINC.
公式HP http://kimie-white.com/
商品説明
キミエホワイトプラスは新しくなって効果がプラスされました。顔や腕、背中の「シミ・そばかす」を消す効果はもちろん「色素沈着・にきび・全身倦怠・二日酔い」の効果もあります。シミを消す効果の高い「L-システイン・アスコルビン酸:パントテン酸カルシウム」の有効成分が、今あるシミやそばかすをキレイに消してくれます。その他にも、肌の酸化を防いでくれる「ニコチン酸アミド」を配合しているのも人気の秘密です。継続して飲む事で、紫外線に負けない肌作りが可能となります。
ミルセリンホワイトNKB

有効成分をバランスよく配合した医薬品

初回限定価格 2,980円(31%OFF)
※定期便だとさらに割引き
通常価格 4,320円
内容量 180錠/30日分(1日6錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・ニキビ・湿疹・日焼け・かぶれ・じんましん・くすりまけ・色素沈着
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム
販売会社 京都薬品ヘルスケア株式会社
公式HP http://www.e-kirei.net/

ロスミンローヤルが一番売れている理由はなに?

シミを消す薬は他にもたくさんありますが、第3類医薬品で副作用の心配がない安全な飲み薬で最も売れている3つは以上になります。

でも、

「ほとんど同じような有効成分が配合されているのになぜロスミンローヤルが1番売れてるの?」

と思われた方も多いと思いますので、その理由を解説したいと思います。

上記のランキングのどの医薬品もシミやそばかすが消える効果がありますが、ロスミンローヤルだけ他のシミ消し薬にはない決定的な特徴が2つあります。

それは、

「シミ・そばかすだけではなく小ジワにも効果がある」

「シミ・そばかすを消すだけではなく9種類の生薬成分で根本からシミのできない肌を作ることができる」

と言うこの2点です。

他の医薬品もシミやそばかすを消すのに効果的な「L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム」等の有効成分を配合しているのですが、根本から肌を作り変える生薬(漢方)成分が配合されていません。

しかし、ロスミンローヤルはただシミを消すだけではなく、根本から肌の状態を改善してシミのできにくい肌作りをするという点に着目して開発されたので、利用者の満足度が非常に高く売れ筋の商品となっているのです。

ロスミンローヤルに配合されている9種類の生薬成分が血行を改善してくれるので、ターンオーバーが促進されシミができにくい肌へと進化するのです。

顔にシミができる原因を簡単に説明しますと、紫外線等による影響で肌内部のメラノサイトが活性化されて、メラニンが大量に生成されることにあります。

しかし、ターンオーバーが正常であればシミのある古い角質や細胞は排出されるのでシミができにくいのです。

ですが、血行不良や老化が原因で上手にターンオーバーできない場合は、肌内部にシミとして蓄積されてしまうのです。

ですから、シミを消して作らないようにするには、血行を改善する必要があるのです。

シミを消して血行改善を可能にしてくれるのがロスミンローヤルなのです。

ロスミンローヤルの公式サイトで詳細を確認する>>

他のシミを消す薬もチェックしたい方はこちら>>

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!