シミができる原因って何?シミができる原因を知ることで賢く対策できる!

シミの原因は何?

と聞くと、ほとんどの方は「紫外線」と答えると思います。

それぐらいシミの原因として認識されているのが紫外線ですが、なぜ紫外線による影響でシミができるのかと言うメカニズムまでを把握している人は少ないと思います。

だからこそ、シミを作り出すメカニズムについてしっかり知っておいた方が良いのです。

今回は、シミができる原因とシミを作り出すメカニズムについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミができる原因

シミができる原因はさまざまです。

ですから、まずはシミを作らない為にもシミができる原因を把握するようにしましょう。

紫外線はシミの原因


紫外線の影響を受けてメラノサイトが活性化されて、メラニン色素が大量に生成される事によって色素沈着を起こしシミができてしまいます。

シミは淡褐色から濃褐色の色素斑で、露出度の高い「顔・手(腕)・背中」等にできます。

しかし、メラニン色素には紫外線から肌を守る役割があるのです。

メラノサイトから生成されたメラニン色素が、肌にあたった紫外線を吸収することで、日焼けによる肌の炎症や細胞の損傷を防いでくれているのです。

基本的に紫外線を浴びてメラニン色素が大量に発生してシミができてしまっても、紫外線の量が少ない時期になればメラニン色素の生成も抑えられるので、メラニン色素を含む表皮細胞はターンオーバーで排出されて元の白い肌に戻ります。

しかし、ターンオーバーが乱れていて正常じゃない場合は「シミとして肌に残ってしまう」のです・・・

つまり、年齢を重ねたり生活習慣の乱れが原因で、ターンオーバーが乱れることによって「シミのできやすい肌になる」と言う事なのです。

乾燥肌はシミの原因


肌が乾燥していると潤いがなくなってしまいますので、角質層が硬くなってしまい古い細胞が排出されずに蓄積されてシミになってしまいます。

さらに、角質が乱れることで角質層の間に隙間ができてしまい、肌内部の水分が蒸発して乾燥が促進されると言う悪循環になってしまうのです・・・

肌が乾燥してコラーゲン不足になると、肌細胞の生まれ変わりが上手いこと行われなくなりますので、メラニン色素が排出されずに蓄積されシミとなって残ってしまうのです。

ニキビはシミの原因


ニキビはできてしまうと炎症が強くニキビ跡が残ってしまう場合がほとんどです。

素のニキビ跡を放置してしまうと、シミができてしまい、さらに紫外線を浴びることでどんどん悪化してしまいます。

ニキビははじめは赤みがかっているのですが、その後に炎症が原因でメラニン色素が発生してしまい色素沈着を起こしてシミになります。

また、ニキビが化膿してしまっている場合は、炎症が肌内部にまで達してしまうのでシミだけに留まらず凹凸ができてボコボコの肌になってしまいます。

ストレスはシミの原因


日常生活等で強いストレスを受けると、ホルモンバランスが乱れてしまい、色素細胞の活動が活発になりシミを増やしてしまう事も良くあります。

また、ストレスは体を錆びさせてしまう活性酸素を大量に発生させてしまいますので、肌の老化が進みシミができやすい肌質になってしまうのです。

ですから、なるべくストレスは溜めこまずに発散するようにしましょう。

食生活の乱れはシミの原因


食生活が乱れることで血行不良を起こしてしまい、新陳代謝の低下の原因となります。

新陳代謝が悪くなると、ターンオーバーが正常に行われなくなるので、古い細胞が排出されないのでメラニンが蓄積されてシミとなって残ります。

また、偏食ばかりをしている、栄養バランスが偏ってしまいシミに良い栄養素が不足しがちになってしまいシミを増やしてしまう事になります。

睡眠不足はシミの原因


就寝中に細胞の入れ替わりがあり、睡眠不足になると就寝中の代謝が悪くなってしまいます。

また、ホルモンの中でも細胞の生成を促進させると言われている「成長ホルモンは22時から翌2時の4時間」の間に分泌が促進されるので、この時間帯には就寝している必要があるのです。

この時間帯に睡眠をとることで、肌細胞の生まれ変わりが活発に行われ、ターンオーバーが促進されるのです。

逆にこの時間帯に寝ていないと、ターンオーバーが乱れてしまい古い角質やメラニン色素が肌内部に蓄積されてシミとなって現れてくるのです。

喫煙はシミの原因


喫煙は肌トラブルの原因となります。

5年、10年とタバコを吸うことで徐々に肌質が悪くなっていくのです。

シミの原因であるメラニン色素の生成を抑える働きのある「ビタミンC」を意識して摂取したとしても、ニコチンが原因ですべて失われてしまいます。

また、ニコチンは新陳代謝を低下させるので、ターンオーバーが乱れてしまいメラニン色素を排出できなくなってしまうのです。

すると、メラニン色素を含む古い細胞が蓄積されてシミとして残ってしまうのです。

その他にも、タバコは乾燥肌の原因になったり健康を害する恐れがあり老化を促進させる原因にもなるのです。

紫外線によるシミの発生を防ぐにはどうしたらいいの?


紫外線の影響でシミができてしまうと言う事は誰もが分かっていることですね!

しかし、分かっているからと言っても何も予防対策していなければどんどんシミが増える一方になります。

ですから、紫外線対策として効果的な方法をご紹介したいと思いますので、シミを増やしたくないと言う人は参考にしてみてください!

紫外線対策と言えばズバリ日焼け止めを塗ること!


紫外線対策でまず初めにして頂きたいことは、「日焼け止めを塗る」と言うことです。

分かっていても意外と忘れがちなって、日焼け止めを塗らずにそのまま外出してしまうことってよくあると思います・・・

しかし、日焼け止めを常に持ち歩く事で日焼け止めを塗り忘れても安心ですね!

特に、夏が終わり秋ごろになると日焼け止めを塗らなくなったり、塗るのを忘れたりする人が多いと思います。

しかし、日焼け止めは紫外線が強い夏だけ使用するのではなく、「オールシーズン使うのがベスト」なのです!

紫外線が強くなるのは夏だけと思われがちですが、実は「初夏の5月頃から7月にかけて最も強くなり、秋や冬でも紫外線は降り注いでいる」のです。

しかも、梅雨時期や曇りの日であっても紫外線は容赦なく降り注いでいますので油断できないのです。

ですから、化粧下地の代わりに日焼け止めを塗ったりするのも一つの紫外線対策として手段なのです。

また、汗をかくと日焼け止めは汗と一緒に流れ落ちてしまいますので、朝塗ったからと言って安心はできません。

特に夏場で汗を大量にかく時期は、こまめに日焼け止めを塗るように徹底した方が良いでしょう。

ちなみに、日焼け止めでよく見かける「SPF」「PA」と言う言葉がありますが、どういう意味か知っていますか?

SPFは、皮膚がんや肌を赤くする「UV-B」と言う紫外線からどれぐらいの時間肌を守れる(紫外線を跳ね返す)かを表した数値になります。

PAは、肌にシワやたるみを作ると言われている「UV-A」と言う紫外線を防ぐ数値で、4段階の「+」で防ぐ力を表しています。

例えば、「PA++++」のような感じです。

このようにプラスが最高の4つ表示されている場合は、UV-Aの紫外線を防ぐ力が協力と言う事になります。

ただし、これらの数値が高ければ高いほど良いと言う事ではなく、数値が高ければ高いほど日焼け止め効果は高いのですが肌への負担も強くなってしまいますので、日常生活で日焼け止めを使用する場合は、「SPF15~20」「PA++」程度で十分でしょう。

常に持ち歩いておきたい紫外線対策アイテムはこれ!

紫外線対策として日焼け止めを塗ることは基本中の基本ですが、日焼け止め以外にも紫外線対策として最適なアイテムはいろいろあります。

また、日焼け止めを忘れてしまった場合は日に焼けてしまいますが、そんな時でもバッグに忍ばせておくだけですぐに使える紫外線対策のアイテムがあります。

日焼け止めをを忘れた場合でも安心できる紫外線対策アイテムは、どれか一つでも持っていると助かります。

日焼け止めスプレー

日焼け止めスプレーは日焼け止めクリームよりも手軽に使える紫外線対策アイテムの一つになります。

バッグに一つ入れておくだけで、いつでも「シュッ!」とひと吹きで紫外線対策ができます。

日傘

特に日差しが強い日のお出かけには必須のアイテムとなります。

日傘と言っても最近ではオシャレで可愛いデザインのものがありますので、一つは持っておきたい紫外線対策アイテムですね。

UVカットストール

顔ばかり意識して日焼け止めを塗り直す人が多く、油断してしまい首の塗り直しを忘れがちな人も多いです。

ついつい首の日焼け止めを塗り忘れてしまうと言う人は、首に巻くだけで紫外線を防ぐ事ができるUVカットストールがおすすめです。

UVカット機能付きの羽織もの

UVカット機能付きの羽織ものを一つ持っておけばとても便利です。

特に肌寒い季節は体温調整もできる上に、紫外線を予防できますのでおすすめです。

しっかりと紫外線から肌を守ってくれて、体温調節もできるので秋から冬に役立つアイテムとなります。

シミができる原因はさまざまですが、しっかりと予防対策することでシミを作らなくて済む場合もあります。

ただし、どれだけ紫外線対策をしたとしても、既にできてしまっているシミに関しては紫外線対策で消えることはありません。

しかし、シミを消す薬を飲めばすでにできてしまっているシミも消す事は十分可能となります。

もし、シミを消したいのであればシミ消し薬をお試しください。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!