シミを隠すためのコンシーラーのおすすめはどれ!?悩み別に選ばないと意味がない!

シミを隠すために「コンシーラー」を探している人も多いと思いますが、あなたは今使っているコンシーラーでしっかりとシミを隠しきれていますか?

コンシーラーと言えば「シミ・くすみ・そばかす・クマ・ニキビ跡」などを隠すためのアイテムですが、間違ったコンシーラー選びや使い方をしていると意味がありません・・・

満足のいくコンシーラーを選ぶためにも、しっかりと自分の悩みを理解して、その悩みにあったコンシーラーを選ぶ必要があります。

また、自分に合ったコンシーラーを使用していたとしても、使い方が間違っていればまた意味がありません・・・

そこで今回は、コンシーラーのおすすめと正しい使い方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

コンシーラーとは?

コンシーラーとは、「部分用ファンデーション」と言われていて「シミ・くすみ・そばかす・クマ・ニキビ跡」などの肌のスポットトラブルを隠すために最適なアイテムになります。

コンシーラーを使用して気になるシミをカバーすることで「肌の色ムラを解消」し、「目元や鼻などの凸凹を演出」してくれ、ハイライトやローライト効果もあります。

つまり、ファンデーションだけでは隠しきれないシミなどの肌の悩みを部分的にカバーして、肌の色を整えてくれるメイクアイテムと言うことです。

もう少し掘り下げて言いますと以下のようになります。

コンシーラーは肌の悩みをカバーしてくれるだけではない!?

コンシーラーは「シミ・くすみ・そばかす・クマ・ニキビ跡」などを隠してくれるメイクアイテムになります。

ファンデーションだけでは隠せない肌の悩みをカバーしてくれるので、とても便利なメイクアイテムではありますが、コンシーラーの役割は実はそれだけではないのです。

コンシーラーには、肌の悩みをカバーするだけではなく「メイクを引き立たせる」と言う役割もあります。

特に隠す部分がない場合でも、部分的に使用することで顔を立体的に見せる効果があり、唇まわりに塗れば唇の輪郭ラインをハッキリと際立たせたり、小鼻の影や赤みに塗ればメイクの完成度が高くより立体的に見え顔の印象が大きく変わります。

コンシーラーは万能化粧品アイテムとも言われており、上手に使えばかなり完成度の高いメイクに仕上げることが可能となります。

コンシーラーを使いこなせばファンデーションを厚塗りする必要も無くなります。

また、見られたくないシミなどの欠点を上手にカバーすることで、自分に自信が持てるようになりますので、女性のとっては非常にうれしいメイクアイテムですね。

ただし、コンシーラーは種類が豊富で自分に合ったものを選ばないと意味がありませんので、まずは自分にはどのコンシーラーが必要なのかをしっかり理解するようにしましょう。

コンシーラーの種類について

コンシーラーと一口に言っても種類はさまざまで、全部で「4種類」もあります。

  1. リキッドタイプ
  2. スティックタイプ
  3. クリームタイプ
  4. ペンシルタイプ

コンシーラーは上記の4種類が基本となります。

それぞれのコンシーラーに特徴がありますので、以下で詳しく解説していきたいと思います。

①リキッドタイプ

リキッドタイプのコンシーラーは、水分や油分を程よく含んでおり「ほうれい線」や「クマ」をカバーしたいときにおすすめのコンシーラーになります。

また、目元などの皮膚が薄く敏感な箇所でも使用できます。

リキッドタイプの特徴は、肌を摩擦せずにやさしく馴染ませることができると言う点になります。

それから、リキッドタイプのコンシーラーは比較的伸びが良いので広範囲に使用したい場合や、表情筋のある個所に使用する際にとても便利です。

しかし、カバー力はそれほどでもないのでシミを隠すのにはおすすめではありません。

リキッドタイプのおすすめコンシーラー

②スティックタイプ

スティックタイプのコンシーラーは、肌に密着しやすい固めのテクスチャで、その形状からスポットトラブルを隠したいときにとても便利なコンシーラーになります。

そのため、「ニキビ」や「ニキビ跡」などの小さな範囲で濃い色を隠したいときにおすすめのコンシーラーになります。

また、ファンデーションを塗った後に使用することでキープ力もアップするので、ニキビ跡でお困りの方におすすめのコンシーラーになります。

ただし、擦り付けるようにして塗るためどうしても肌への摩擦が生じますので、摩擦を避けたい「茶クマ」には不向きなコンシーラーにもなります。

スティックタイプのおすすめコンシーラー

③クリームタイプ

クリームタイプのコンシーラーは、非常に伸びが良く「シミ(大きなシミ)」や「そばかす」を隠すのに最適で、ニキビを隠すのにもおすすめのコンシーラーになります。

油分を多く含んでいますので、比較的広範囲でも問題なくカバーしてくれます。

シミやそばかすを隠したい際はクリームタイプのコンシーラーでもやわらかめのテクスチャのものを、ニキビを隠したい場合は固めのテクスチャのコンシーラーがおすすめになります。

また、クリームタイプのコンシーラーの中でもパレットに入っていて濃さが異なる数種類の色味が並んでいるものもあり、肌の色や使用する箇所、用途に応じて自分好みに混ぜ合わせて色の調節をすることが可能なコンシーラーもあります。

ですから、自分の肌の色へ最も近づけることができると言うメリットもあります。

クリームタイプのおすすめコンシーラー

④ペンシルタイプ

ペンシルタイプのコンシーラーは、「細かな線」や「ごく小さなシミ」や「そばかす」などを隠すのにおすすめのコンシーラーになります。

細くて硬く、油分の少なめのコンシーラーになりますので、広範囲でカバーしたいときには不向きです。

ポイントでカバーしたいときにおすすめです。

また、気になる線をなぞってスポンジでぼかせばハイライト効果も出せるので、立体感のあるメイクをしたり、小顔効果燃えることができます。

ペンシルタイプのおすすめコンシーラー

以上がコンシーラーの種類になります。それぞれに特徴があり、自分に合ったコンシーラーを見つける必要があります。今回の目的はシミを隠すためのコンシーラーになりますので、カバー力が重要になってきます。コンシーラーのカバー力については以下で解説していきたいと思います。

コンシーラーのカバー力について

コンシーラーの種類はさまざまですが、今回の目的は「シミを隠す」と言うことになりますので、カバー力がポイントとなってきます。

シミを隠すためにはコンシーラーのカバー力を重視して選ぶ必要がありますのでどのタイプのコンシーラーがカバー力が高いのかについて説明していきたいと思います。

コンシーラーのカバー力が強いのはどれ?

シミを隠すためにはコンシーラーのカバー力がポイントとなりますので、種類別にカバー力が強い順番をご紹介したいと思います。

第1位:ペンシルタイプのコンシーラー
第2位:スティックタイプのコンシーラー
第3位:クリームタイプのコンシーラー
第4位:リキッドタイプのコンシーラー

コンシーラーのカバー力が強い順は以上のようになります。

ペンシルタイプとスティックタイプのコンシーラーは油分、水分が少なく肌に密着しやすいコンシーラーになります。

ペンシルタイプのコンシーラーは小さなシミをピンポイントで隠したいときに活躍してくれます。

スティックタイプのコンシーラーは比較的小さめのシミで、色が濃いシミを隠したいときに活躍してくれます。

どちらも伸びが悪いので広範囲のシミを隠すのには適していません。

広範囲のシミを隠したい場合はクリームタイプやリキッドタイプのコンシーラーがおすすめになります。

クリームタイプやリキッドタイプのコンシーラーは伸びが良く使いやすいのですが、カバー力がどうしても低くなってしまいますので塗り直しが必要になる場合があります。

特に目元などの動きが多い箇所に関しましては、時間が経つとヨレてしまいますので注意が必要になります。

そのため、割と小まめに塗り直しが必要となりますので、崩れにくくするためにリキッドファンデーションなどの上から塗るなどの工夫が必要になります。

コンシーラーでシミを隠す際におすすめの色について

コンシーラーでシミを隠す際におすすめの色は、「ファンデーションと同色」もしくは「少し濃いめの色」になります。

明るい色のコンシーラーを選んでしまうと、コンシーラーを塗った部分が目立ってしまいますので意味がありません。

ですからシミを隠す為にコンシーラーを使用する場合は、ファンデーションと同色か少し濃いめの色を選ぶようにしましょう。

肝斑や大きめのシミを隠す場合はダークベージュなどの暗めのコンシーラーがおすすめになります。

ちなみにですが、ニキビ跡を隠したい場合はベージュ系もしくはイエロー系の明るめのコンシーラーがおすすめになります。

また、顔全体にシミやニキビ跡が多くいろいろな色のコンシーラーが必要な場合は、数種類の色が並ぶパレットタイプのコンシーラーがおすすめになります。

パレットタイプのコンシーラーの場合は数種類の色が入っていますので、シミやニキビ跡の色に合わせて使用できますし、色を混ぜ合わせてより目立ちにくくすることもできます。

コンシーラーの正しい塗り方について

コンシーラーはシミを隠すのに最適なメイクアイテムではありますが、使い方や塗り方によってメイクの仕上がりを左右しますので注意が必要になります。

使用しているメイクアイテムによって使う順序が前後する場合もありますが、以下では基本的なコンシーラーの塗り方をご紹介したいと思います。

リキッド・クリーム系ファンデーションを使用している場合

リキッド・クリーム・エマルジョンファンデーションを使用している場合は以下の順に塗り重ねてください。

  1. 化粧下地
  2. コントロールカラー
  3. ファンデーション
  4. コンシーラー
  5. フェイスパウダー

パウダーファンデーションを使用している場合

パウダーファンデーションを使用している場合は以下の順に塗り重ねてください。

  1. 化粧下地
  2. コントロールカラー
  3. コンシーラー
  4. ファンデーション

BBクリームを使用している場合

BBクリームを使用している場合は以下の順に塗り重ねてください。

  1. BBクリーム
  2. コンシーラー
  3. フェイスパウダー

BBクリームは化粧下地とファンデーションの両方の効果がありますので、コンシーラーを塗る前に塗るようにしてください。

使用するコンシーラーやファンデーションによって、塗り重ねる順序が異なりますので、念の為購入時にメーカー側に確認するようにしてください。

コンシーラーを塗るときの4つのポイント!

コンシーラーを塗るときに注意してほしい4つのポイントをご紹介します。

  1. コンシーラーの厚塗りに注意する
  2. コンシーラーを少量ずつやさしく叩くように馴染ませる
  3. コンシーラーを指の腹で馴染ませる
  4. コンシーラーの仕上げは必ずフェイスパウダーを使用する

以上がコンシーラーを塗るときに注意してほしい4つのポイントになります。

それでは詳しく解説したいと思います。

①コンシーラーの厚塗りに注意する

シミを隠すためにコンシーラーを使用する人がほとんどだと思いますが、「シミを隠そう」と言う気持ちが強すぎてついつい厚塗りしてしまいがちになります。

しかし、それでは返ってシミが目立ってしまうことになりますので、シミを隠すのではなく目立たなくさせると言う意識でコンシーラーを塗るようにしましょう。

②コンシーラーを少量ずつやさしく叩くように馴染ませる

コンシーラーの中でもクリームタイプのものやリキッドタイプのものは少量のコンシーラーをやさしくたたくようにして馴染ませるように意識してください。

伸びがいいからと言って大量に塗ってしまうと厚塗りになってしまいます。

シミとシミのない肌との境界線を目立たなくするように少しづつコンシーラーを塗り重ねることがポイントとなります。

③コンシーラーを指の腹で馴染ませる

コンシーラーを馴染ませるために「チップ」や「ブラシ」がありますが、使い慣れていない場合はメイクの仕上がりが不自然になってしまいますので、初めの間は指の腹で馴染ませるようにしてください。

また指の腹には適度な温度や油分が含まれていますので、自然な感じでコンシーラーが馴染みますのでおすすめです。

④コンシーラーの仕上げは必ずフェイスパウダーを使用する

コンシーラーを塗った後は必ず「フェイスパウダー」で抑えるようにしてください。

なぜなら、顔に塗った後のコンシーラーは表情の動きと共に動いてしまい乱れてしまいます。

そうならないためにも仕上げにパウダーを塗ってしっかりと抑えてあげる必要があるのです。

ポイントはスポンジやパフを使用して上から軽く抑えるようにしてください。

まとめ

シミを隠すためにおすすめのコンシーラーと正しい塗り方についての解説は以上になります。

コンシーラーはあくまでも「シミ・くすみ・そばかす・クマ・ニキビ跡」などを隠すためのメイクアイテムになりますので、シミを消したりすることはできません。

つまり、一生シミを隠し続ける必要があると言うことです・・・

コンシーラーを使えば簡単にシミを隠すことはできますが、費用と手間を考えると嫌になりますよね?

ですからコンシーラーを使いつつシミを隠しながら、シミを消す薬でシミ対策することをおすすめします。

シミを消す薬はシミを消すために開発され飲み薬で、確実なシミ消し効果に期待できますので、わざわざコンシーラーでシミを隠したりする必要がなくなります。

とは言ってもすぐにはシミは消えませんので、3ヶ月程はコンシーラーでシミを隠しながら薬を飲み続ける必要があります。

しかし、3ヶ月後にはキレイにシミが消えていますので、コンシーラーでシミを隠す必要がなくなるのです!
(シミを消す薬の効果には個人差があります。)

シミを消す薬に興味があると言う方は、以下で紹介する市販薬を参考にしてみてください。

確実にシミを消したい方は医薬品がおすすめ!

シミ隠しも大事だけど、既にできてしまっている顔のシミを確実に消したいと言う方は「医薬品」をおすすめします。

医薬品と言ってもハイドロキノン軟膏やトラネキサム酸のように副作用のリスクが高い薬ではなく、副作用のリスクが低い第3類医薬品の市販薬になります。

シミを消すための飲み薬で、対象年齢は15歳以上になります。

シミはもちろんそばかすにも効果的な薬で、ビタミンも豊富に含まれていますので女性特有の不調にも効果を発揮します。

シミを消すために美白化粧品やクリームを使用している人も多いと思いますが、おそらくですが思うような結果が出ていないのではないでしょうか?

なぜなら、美白化粧品やクリームは肌の最深部である真皮層にまで有効成分が到達しないからです・・・

しかし、飲み薬の場合は身体の内側から直接真皮層にあるシミの原因に働きかけることができますので、確実にシミを消すことが可能となるのです。

美白化粧品やクリームを1年間使用してもせいぜいシミが若干薄くなる程度ですが、シミの飲み薬でしたら早い場合だと3ヶ月程でシミが消えてしまいます。

もちろん、シミの種類や濃さ、大きさによっては3ヶ月以上かかる場合もありますが、確実に顔のシミを消したいと言う場合はシミの飲み薬をおすすめします。

コンシーラーでシミを隠すのはそろそろ終わりにしませんか?

シミを消す飲み薬おすすめベスト3

シミを消す飲み薬と言っても数種類あって、当サイトでも全部で6種類の飲み薬を紹介させていただいています。

その中でも最も売れているシミの薬ベスト3をご紹介したいと思います。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・手足の冷感・腰部冷感・肩こり・腰痛・神経痛・のぼせ・めまい・みみなり・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・9種類の生薬成分
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、ニキビや肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。
キミエホワイトプラス

リニューアルして効果がプラスになったキミエホワイトプラス

初回限定価格 1,900円(55%OFF)
通常価格 4,200円
内容量 93錠/31日分(1日3錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・全身倦怠・二日酔い・ニキビ・日焼けなどの色素沈着・湿疹・じんましん・かぶれ・くすりまけ
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム
販売会社 株式会社富山常備薬グループTOYAMAJYOBIYAKUGROUPINC.
公式HP http://kimie-white.com/
商品説明
キミエホワイトプラスは新しくなって効果がプラスされました。顔や腕、背中の「シミ・そばかす」を消す効果はもちろん「色素沈着・にきび・全身倦怠・二日酔い」の効果もあります。シミを消す効果の高い「L-システイン・アスコルビン酸:パントテン酸カルシウム」の有効成分が、今あるシミやそばかすをキレイに消してくれます。その他にも、肌の酸化を防いでくれる「ニコチン酸アミド」を配合しているのも人気の秘密です。継続して飲む事で、紫外線に負けない肌作りが可能となります。
ミルセリンホワイトNKB

有効成分をバランスよく配合した医薬品

初回限定価格 2,980円(31%OFF)
※定期便だとさらに割引き
通常価格 4,320円
内容量 180錠/30日分(1日6錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・ニキビ・湿疹・日焼け・かぶれ・じんましん・くすりまけ・色素沈着
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム
販売会社 京都薬品ヘルスケア株式会社
公式HP http://www.e-kirei.net/

ロスミンローヤルが一番売れている理由はなに?

シミを消す薬は他にもたくさんありますが、第3類医薬品で副作用の心配がない安全な飲み薬で最も売れている3つは以上になります。

でも、

「ほとんど同じような有効成分が配合されているのになぜロスミンローヤルが1番売れてるの?」

と思われた方も多いと思いますので、その理由を解説したいと思います。

上記のランキングのどの医薬品もシミやそばかすが消える効果がありますが、ロスミンローヤルだけ他のシミ消し薬にはない決定的な特徴が2つあります。

それは、

「シミ・そばかすだけではなく小ジワにも効果がある」

「シミ・そばかすを消すだけではなく9種類の生薬成分で根本からシミのできない肌を作ることができる」

と言うこの2点です。

他の医薬品もシミやそばかすを消すのに効果的な「L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム」等の有効成分を配合しているのですが、根本から肌を作り変える生薬(漢方)成分が配合されていません。

しかし、ロスミンローヤルはただシミを消すだけではなく、根本から肌の状態を改善してシミのできにくい肌作りをするという点に着目して開発されたので、利用者の満足度が非常に高く売れ筋の商品となっているのです。

ロスミンローヤルに配合されている9種類の生薬成分が血行を改善してくれるので、ターンオーバーが促進されシミができにくい肌へと進化するのです。

顔にシミができる原因を簡単に説明しますと、紫外線等による影響で肌内部のメラノサイトが活性化されて、メラニンが大量に生成されることにあります。

しかし、ターンオーバーが正常であればシミのある古い角質や細胞は排出されるのでシミができにくいのです。

ですが、血行不良や老化が原因で上手にターンオーバーできない場合は、肌内部にシミとして蓄積されてしまうのです。

ですから、シミを消して作らないようにするには、血行を改善する必要があるのです。

シミを消して血行改善を可能にしてくれるのがロスミンローヤルなのです。

ロスミンローヤルの公式サイトで詳細を確認する>>

他のシミを消す薬もチェックしたい方はこちら>>

顔のシミを取りたい人必見!シミを取るための方法を徹底解説!

2017.02.14

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!