保湿ケアはシミ改善の近道?肌へ潤いと美肌効果を与える成分について!

毎日しっかりと肌の保湿ケアしていますか?

肌の乾燥はシミの原因になりますので、しっかりと保湿ケアしてあげるようにしてください!

肌の乾燥を防ぐことがシミの予防対策において最も重要になっていると言っても過言ではありません。

特に乾燥した状態の肌に紫外線を浴びてしまうと、日焼けがしやすい状態となり、過剰にメラニンを生成してしまいますので注意が必要になります。

紫外線を浴びた場合でも肌が潤っていると、乾燥状態のときと比較してもメラニン量は大幅に減らすことができます。

今回はなぜシミの予防対策や改善に保湿ケアが重要なのかと言うことと潤いが肌に美白効果を与える理由について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

乾燥肌は紫外線の影響を受けやすくシミになりやすい!?

人間の肌は紫外線を浴びると、肌を守ろうとしてメラニンを大量に生成します。

この時に、肌の状態が健康であれば肌のターンオーバーが正常に働き自然とメラニンが排出されて色素沈着を起こすことはないのですが、肌の健康状態が悪いとシミとなって肌内部に残ってしまいます。

では肌の状態が健康とはどのような状態のことを言うのでしょうか?

肌が潤っているときは健康状態が良好なときで、乾燥しているときは健康状態が悪いときと言えます。

つまり、乾燥肌が直接的なシミの原因ではないにしても乾燥が原因で肌のターンオーバーが正常に働かず色素沈着を起こしやすくなりシミができやすいと言うことです。

そのためシミを作らないためにも十分な保湿が必須となり、しっかりと肌に潤いを与えてあげる必要があると言うことになります。

では、しっかりと保湿して肌に潤いを与えるためにはどのような成分を摂れば良いのでしょうか?

以下ではしっかりと保湿して肌に潤いを与えてくれる代表的な成分をご紹介していきたいと思います。

肌に潤いと美肌効果を与えてくれる代表的な保湿成分について

肌に潤いを与えて保湿ケアできる成分はたくさんありますが、中でも代表的な成分をご紹介していきたいと思います。

以下で紹介する保湿成分をしっかりと把握しておけば、今後の保湿ケアに迷うことはないでしょう。

  1. セラミド
  2. フラーレン
  3. プロテオグリカン
  4. サクラン

以上の4つの成分が肌に潤いを与えてしっかりと保湿してくれます。

①セラミド

セラミドは最強の保湿成分になります。

セラミドはほとんどの方が聞いたことがある成分だと思いますが、セラミドは肌や髪の潤いに必要不可欠な成分になります。

セラミドは「細胞間脂質」の主成分となっていて、その約半分を占める潤い成分になります。

セラミドが不足することで肌や髪の潤いが失われ、徐々に乾燥気味になってしまいます。

セラミドは年齢と共に減少してしまいますし、紫外線による肌へのダメージが原因でも減少してしまいます。

そのため、セラミドはしっかりと外部から取り入れてあげる必要があるのです。

セラミドと一口に言っても「ヒト型セラミド・非ヒト型セラミド・疑似セラミド」の3種類あります。

この中でも特に保湿効果が高く肌に潤いを与えてくれるのが「ヒト型セラミド」になります。

ヒト型セラミドは、もともと人間の肌にあるセラミドと同じ構造のものを100%の割合で形成されているセラミドになりますので、最も人間の肌に馴染みやすくなっており、非常に高い保湿効果を得ることができる成分になります。

ちなみにですが、非ヒト型セラミドは馬などの動物や小麦などの食べ物から作られているセラミドで、疑似セラミドはセラミドの構造に似せた成分になります。

以上のことから加齢が原因でセラミドが減少してしまった場合や、紫外線の影響でセラミドが失われてしまった場合は、ヒト型セラミドが配合された保湿ケア用品でしっかりと保湿することが重要になります。

セラミドを使用することで肌の水分保持力が高まることはもちろん、外部からの雑菌や異物を侵入させない役割もありますので肌荒れなどが改善されます。

また、セラミドは水分と結合し湿度が0%になったとしても蒸発しないのです。

ある実験で人間の肌からセラミドを奪うと、肌の水分が80%も低下してしまいました。

つまり、人間の肌内部の水分80%をセラミドが保っていると言うことが言えます。

これが数ある保湿成分の中でもセラミドが最も保湿効果や保水力が高いと言われている理由なのです。

②フラーレン

フラーレンはあまり聞きなれない成分だと思いますが、肌に良いと言われているプラセンタやコラーゲンに続く注目度の高い美容成分で、「抗酸化作用」が非常に高い成分になります。

抗酸化作用が高いことで有名な成分と言えば「ビタミンC」ですが、フラーレンはビタミンCの125倍もの抗酸化作用があると言われています。

つまり、メラニンの生成を抑制する力がビタミンCの125倍あると言うことになりますので、シミの予防対策に最適ですし、肌の酸化を防ぎターンオーバーを促進させる効果にも期待できると言うことです。

そのため、肌の保湿ケア用品を選ぶならフラーレン配合の商品を選ぶことをおすすめします。

ちなみにですが、フラーレンの濃度は「1%」ほどあれば十分になります。

ただし、フラーレンは濃度が濃ければ良いと言う成分ではありませんので、他の配合されている成分や割合などもしっかりとチェックして保湿ケア用品を選ぶようにしましょう。

③プロテオグリカン

最近はプロテオグリカンと言う成分を良く耳にするようになってきたと思いますが、プロテオグリカンとは「グルコサミン」や「コンドロイチン」の大本の成分になります。

プロテオグリカンは、もともと人間の身体の細胞間や肌の最深部である真皮層、軟骨部分に存在している成分で、ヒアルロン酸よりも高い保湿力があると言われている成分です。

ちなみにですが、一昔前までは「プロテオグリカンは1g3,000万円」と言われるほど超高価な成分でした。

しかし、現代の技術と企業努力によって「サケの鼻軟骨から採取」できるようになり手軽に手に入れることができるようになったのです。

プロテオグリカンは他の成分と比較しても最も高い保湿力があることから、保湿ケアには欠かすことができない成分になります。

その保湿力の高さゆえに肌の乾燥を防ぐのはもちろん肌のたるみを防止したり、ほうれい線の改善や美肌効果と肌に関するさまざまな効果に期待できる美容成分になります。

④サクラン

サクランは最近注目されている美容成分で、「ヒアルロン酸の約5倍の保水力」があると言われている成分になります。

サクランは九州の一部にのみ生息している淡水生のラン藻「スイゼンジノリ」から抽出できる成分で、料亭などでも並ぶ高級食材の一つになります。

スイゼンジノリは絶滅危惧I類、藻類に分類されている超貴重な藻になります。

しかし、近年ではスイゼンジノリの養殖に成功することができたので、さまざまな化粧品に配合されるようになりました。

また、サクランは高粘性となっておりヒアルロン酸の80倍と言われています。

高粘性と言うことはしっかりと肌に密着して使用感をしっかりと実感することができると言うことです。

サクランは保湿効果、保水力が非常に高い成分で、高粘性でもあるため使用感が良いことと抗炎症作用もありますので肌の保湿ケアには欠かせない美容成分になります。

なぜ保湿ケアが必要なの?

シミ改善になぜ保湿ケアが必要なのかと言いますと、「乾燥肌はシミの原因になる」からになります。

上記でも言いましたが肌が乾燥した状態だと紫外線などの外部からの刺激を受けやすくなりメラニンの大量生成に繋がります。

また、乾燥状態だと肌のターンオーバーが正常に行われないので、シミとなって肌内部に残りやすくなってしまうのです。

そうならないためにも保湿ケアが重要と言うことなのです。

保湿とは文字通りそのままなのですが「湿気を保つこと」になります。

肌内部の水分を保つことで肌が常に潤った状態、つまり健康な状態であると言うことです。

普通に生活しているだけで肌の角質層にある水分は常に蒸発しています。

また、洗顔する度に肌内部の水分は流れ出てしまいます。

健康な肌の角質層には「20~30%」程の水分が含まれた状態になりますが、この水分量が20%以下になると「乾燥肌」と呼ばれる状態になります。

ちなみに冬場で湿度50%以下の乾燥した日だと、急激に肌の水分が蒸発してしまいますので、しっかりと保湿ケアするようしましょう。

毎日の保湿ケアが一番のシミの予防対策になります。

肌内部の水分を保つだけでは保湿にならない?

乾燥しがちな日は肌内部の水分が蒸発しやすくなりますので、外部から水分を補えば良いと言う考えは間違いです。

たしかに、外部から水分を補給してあげることは重要ですが、「保水力」がなければまたすぐに蒸発してしまい意味がないのです・・・

そこで多くの方が考えることは「クリームなどの油分で水分が蒸発しないようにフタをする」です。

しかしこれも間違いなのです・・・

なぜなら水分が蒸発するのは油分でフタをしても油分の隙間から蒸発してしまうからです。

つまり、肌の外部から水分を補給したところで本当の保湿ではないと言うことです。

本当の保湿ケアとは?

肌が乾燥してきたから外部から水分を補給すると言うことは本当の保湿ではありません。

本当の保湿とは「体の内側から湧き出る水分を肌の中で保ってあげること」になります。

その役割を果たしてくれるのが、上記で紹介しました保湿成分なのです。

もちろんもともと人間の身体には保湿成分が備わっていますが、年齢と共に減少したり、紫外線のダメージで減少してしまったりします。

つまり、もともとの保湿成分は生まれたときから常に減少し続けていると言うことです・・・

そのため毎日の保湿ケアが重要になってくるのです。

また、肌のターンオーバーが停滞してしまうことでも保湿成分は減少します。

まとめ

シミの改善や予防対策には保湿ケアがとても重要になります。

もともとの保湿成分は加齢と共に減少してしまう傾向にありますので、30代を越えたあたりからは特に保湿ケアに注意した方が良いでしょう。

最強の保湿成分と言われているセラミド配合の化粧品や保湿ケア用品を使用し、毎日ケアしてあげることで肌の健康状態もよくなりシミの予防対策に繋がります。

また、セラミドは上記でも言いましたが3種類ほどありますので、選ぶなら「ヒト型セラミド」を配合した化粧品を選択するようにして下さい。

顔のシミを取りたい人必見!シミを取るための方法を徹底解説!

2017.02.14

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!