本当にシミは市販薬で消えるの?

最近のシミ取り方法に「シミを消す薬」が主流になってきていますが、本当にシミは市販薬で消えるのでしょうか?

今までのシミ消し方法と言えば、「美白化粧品」を使用したスキンケアや皮膚科でのシミ治療が一般的でした。

しかし、これらの方法でシミが消えた人はいるのでしょうか?

特に美白化粧品でシミが薄くなったと言う人はいると思いますが、完全に顔からシミが消えたと言う人はいないと思います。

皮膚科のシミ取り治療にしても、外用薬は白斑などの副作用が心配ですし、レーザー治療にしてもダウンタイムなどがあるのでなかなかレーザー治療を受けることは難しいと思います。

それに、皮膚科のレーザー治療でシミが消えても再発する可能性は十分にありますので、完全に消えるのかと言いますとそうではないのが現実になります。

では、市販されているシミを消す薬はどうなのでしょうか?

そこで今回は、市販薬のシミを消す薬で本当にシミが消えるのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

本当にシミは市販薬で消えるの?

シミを消す市販薬と言っても数種類ありますが、最近ネットで注目を浴びているのが「ロスミンローヤル」「キミエホワイトプラス」といった市販薬になります。

ドラッグストア等で手に入る市販薬で言いますと「トランシーノホワイトC」「ハイチオールCプラス」が有名ですね!

上記の市販薬は医薬品の中でも処方箋を必要としない「一般用医薬品」になりますので、医師の診察を受ける必要なく誰でも気軽に手に入れることができる市販薬になります。

ドラッグストア等で手に入る一般用医薬品は、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品、と種類があり、シミを消す薬は最も副作用のリスクが低い第3類医薬品に該当します。

この第3類医薬品であるシミを消す薬は、シミに効果的な「L-システイン・アスコルビン酸(ビタミンC)・パントテン酸カルシウム」等を主成分として配合していることからシミ予防対策はもちろん今あるシミを薄くしたリ消したりする効果に期待できます。

市販薬はサプリメント等の栄養補助食品とは違い「科学的根拠を基にシミを消す効果に対しての裏付けがきちんとある薬」になりますので、個人差はあるものの確実にシミを消すことが可能となります。

ですから、本当にシミが消えるのかと言われれば、シミは消えると言う回答になります。

ただし、どれぐらいの期間服用し続ける必要があるのか、どの程度のシミが消えるのかにつきましては個人差があります。

3ヶ月間市販薬を続けてもシミが消えない場合

基本的に市販薬の各メーカーともに最低3ヶ月の期間継続して服用するように促していますが、これは3ヶ月間薬を服用することでシミが消えると言うことではございません。

もちろん効果の表れ方が早い人だと服用開始1~3ヶ月ほどでシミが消える人も居ますが、全員が同じ早さで同じ効果を得ることは難しくなります。

肌質も違えば体質も違いますし、毎日食べる食事の栄養素の分量も異なります。

それに飲酒しているか喫煙しているかによっても少なからず効果の表れ方に影響が出ますので、シミが消えるまでに3ヶ月以上かかってしまう場合もあります。

ですから3ヶ月間シミを消す薬を飲んでみたけど、シミが消えなかったと言う場合は、もう少しだけ継続してみることをおすすめします。

シミを消す薬はシミの予防対策にも効果がある

シミを消す効果のある市販薬は、シミの予防対策にも効果を発揮しますのでできることならシミが消えた後も継続して飲むことをおすすめします。

体に悪いものではなく配合成分のほとんどがビタミン類や美容に良い成分になりますので、肌の状態も良くなりますしターンオーバーが正常化されるのでシミができにくい肌質になります。

日差しが強い日は紫外線対策が重要になりますし、どれだけ日焼け止めを塗っていたとしても多少は紫外線のダメージを受けてしまいます。

しかし肌のターンオーバーが正常であればシミの原因であるメラニンが生成されてもしっかりと排出されるのでシミができにくくなります。

確実にシミを消したい方は医薬品がおすすめ!

シミの予防対策も大事だけど、既にできてしまっている顔のシミを確実に取りたい、消したいと言う方は「医薬品」をおすすめします。

医薬品と言ってもハイドロキノン軟膏やトラネキサム酸のように副作用のリスクが高い薬ではなく、副作用のリスクが低い第3類医薬品の市販薬になります。

シミを消すための飲み薬で、対象年齢は15歳以上になります。

シミはもちろんそばかすにも効果的な薬で、ビタミンも豊富に含まれていますので女性特有の不調にも効果を発揮します。

シミを消すために美白化粧品やクリームを使用している人も多いと思いますが、おそらくですが思うような結果が出ていないのではないでしょうか?

なぜなら、美白化粧品やクリームは肌の最深部である真皮層にまで有効成分が到達しないからです・・・

しかし、飲み薬の場合は身体の内側から直接真皮層にあるシミの原因に働きかけることができますので、確実にシミを消すことが可能になるのです。

美白化粧品やクリームを1年間使用してもせいぜいシミが若干薄くなる程度ですが、シミの飲み薬でしたら早い場合だと3ヶ月程でシミが消えてしまいます。

もちろん、シミの種類や濃さ、大きさによっては3ヶ月以上かかる場合もありますが、確実に顔のシミを消したいと言う場合はシミの飲み薬をおすすめします。

シミを消す飲み薬おすすめベスト3

シミを消す飲み薬と言っても数種類あって、当サイトでも全部で6種類の飲み薬を紹介させていただいています。

その中でも最も売れているシミの薬ベスト3をご紹介したいと思います。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・手足の冷感・腰部冷感・肩こり・腰痛・神経痛・のぼせ・めまい・みみなり・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・9種類の生薬成分
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、ニキビや肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。
キミエホワイトプラス

リニューアルして効果がプラスになったキミエホワイトプラス

初回限定価格 1,900円(55%OFF)
通常価格 4,200円
内容量 93錠/31日分(1日3錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・全身倦怠・二日酔い・ニキビ・日焼けなどの色素沈着・湿疹・じんましん・かぶれ・くすりまけ
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム
販売会社 株式会社富山常備薬グループTOYAMAJYOBIYAKUGROUPINC.
公式HP http://kimie-white.com/
商品説明
キミエホワイトプラスは新しくなって効果がプラスされました。顔や腕、背中の「シミ・そばかす」を消す効果はもちろん「色素沈着・にきび・全身倦怠・二日酔い」の効果もあります。シミを消す効果の高い「L-システイン・アスコルビン酸:パントテン酸カルシウム」の有効成分が、今あるシミやそばかすをキレイに消してくれます。その他にも、肌の酸化を防いでくれる「ニコチン酸アミド」を配合しているのも人気の秘密です。継続して飲む事で、紫外線に負けない肌作りが可能となります。
ミルセリンホワイトNKB

有効成分をバランスよく配合した医薬品

初回限定価格 2,980円(31%OFF)
※定期便だとさらに割引き
通常価格 4,320円
内容量 180錠/30日分(1日6錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・ニキビ・湿疹・日焼け・かぶれ・じんましん・くすりまけ・色素沈着
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム
販売会社 京都薬品ヘルスケア株式会社
公式HP http://www.e-kirei.net/
商品説明
ミルセリンホワイトNKBはシミを防ぐL-システイン240mgとシミを薄くするビタミンC1000mg、ターンオーバーを促進させるビタミンE、B2、B6をバランスよく配合している医薬品で、シミやそばかすに効果のある薬になります。しかも、システイン製剤ではトップクラスのビタミン含有率を誇っている薬で、アスコルビン酸1000mgとなります。肌のターンオーバーを促進させて3つのステップでシミを消してくれます。ビタミン類も豊富に配合していますので、ビタミン剤としても優秀なシミ消し薬となりますので、体が疲れやすいと言う人にもおすすめになります。

ロスミンローヤルが一番売れている理由はなに?

シミを消す薬は他にもたくさんありますが、第3類医薬品で副作用の心配がない安全な飲み薬で最も売れている3つは以上になります。

でも、

「ほとんど同じような有効成分が配合されているのになぜロスミンローヤルが1番売れてるの?」

と思われた方も多いと思いますので、その理由を解説したいと思います。

上記のランキングのどの医薬品もシミやそばかすが消える効果がありますが、ロスミンローヤルだけ他のシミ消し薬にはない決定的な特徴が2つあります。

それは、

「シミ・そばかすだけではなく小ジワにも効果がある」

「シミ・そばかすを消すだけではなく9種類の生薬成分で根本からシミのできない肌を作ることができる」

と言うこの2点です。

他の医薬品もシミやそばかすを消すのに効果的な「L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム」等の有効成分を配合しているのですが、根本から肌を作り変える生薬(漢方)成分が配合されていません。

しかし、ロスミンローヤルはただシミを消すだけではなく、根本から肌の状態を改善してシミのできにくい肌作りをするという点に着目して開発されたので、利用者の満足度が非常に高く売れ筋の商品となっているのです。

ロスミンローヤルに配合されている9種類の生薬成分が血行を改善してくれるので、ターンオーバーが促進されシミができにくい肌へと進化するのです。

顔にシミができる原因を簡単に説明しますと、紫外線等による影響で肌内部のメラノサイトが活性化されて、メラニンが大量に生成されることにあります。

しかし、ターンオーバーが正常であればシミのある古い角質や細胞は排出されるのでシミができにくいのです。

ですが、血行不良や老化が原因で上手にターンオーバーできない場合は、肌内部にシミとして蓄積されてしまうのです。

ですから、シミを消して作らないようにするには、血行を改善する必要があるのです。

シミを消して血行改善を可能にしてくれるのがロスミンローヤルなのです。

ロスミンローヤルの公式サイトで詳細を確認する>>

他のシミを消す薬もチェックしたい方はこちら>>

まとめ

シミは市販薬で消えます。

ただ人によってどれぐらいでシミが消えるのかは個人差がありますので、期間に関しましては一概に言えません。

そのため、シミが消えるまで継続する必要があります。

もし、3ヶ月間継続して薬を飲み続けたにも関わらず、全く変化がなかった場合は、その薬が肌質や体質に合っていない可能性もありますので、商品を選び直した方がいいでしょう。

市販薬はサプリメントとは違い確実なシミ消し効果に期待できますので、3ヶ月も飲み続ければ何かしらの変化は見られます。

例えば、完全に消えてはいないけど薬を飲みはじめる前と比較すると薄くなっていると言う場合は効いている証拠になります。

しかし、何の変化もない場合は薬が効果的に働いていない場合がありますので、食生活などの生活習慣の見直しか飲み薬を変更してみるかすることをおすすめします。

シミの薬が効いているかをチェックするためにも、シミを消す薬を飲み始めた時のシミの写真をスマホなどで納めておくと分かりやすいです。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!