シミの種類は一つじゃない!医薬品で消せるシミと消せないシミ!あなたのシミはどれ?

シミの種類って一つじゃないって知っていましたか?

「シミ」

と一口に言っても種類はさまざまで、シミの種類によって原因やケア方法等が異なってきます。

ですから、シミを消したいと言う人は、まずは自分のシミがどの種類に該当するか確認するようにしてください。

それではシミの種類についてみていきましょう!

スポンサーリンク

医薬品で消せるシミの種類と原因について

上記でも言いましたがシミの種類は一つではありません。

シミをキレイに消して美しい肌を取り戻すには、シミの種類と原因を知る必要があるのです。

シミは原因はもとより「場所・形状・治療法」が異なりますので、まずはあなたのシミはどのシミに該当するかを確認しましょう。

ちなみに多くの女性が悩んでいるシミの種類は、

  1. 老人性色素斑(日光黒子)
  2. 肝斑(かんぱん)
  3. そばかす
  4. 炎症性色素沈着
  5. 対称性真皮メラノサイトーシス

5種類に分けられます。

①老人性色素斑(日光黒子)

数あるシミの中でも最も多くの人が悩んでいるシミが、「老人性色素斑」になります。

原因は紫外線による影響で、頬骨の高い部分やこめかみ辺りによくできるシミで、「数mm~数10mm程度の大きさのシミで平坦で丸に近い形の色素斑」になります。

左右対称ではなくまばらにできるシミで境界がはっきりしているシミで、年齢を重ねる毎に増えてくるシミで中年以降に急激に増え始めます。

多くの女性が悩むシミは老人性色素斑!その原因と改善方法について徹底解説

2017.01.23

②肝斑

肝斑は「頬骨・目尻の下・鼻の下・口の周り・額」に左右対称にできる濃淡が均一なシミしなります。

「目の周りを避けて左右対称にシミになるのが肝斑の特徴」になります。

「30~40代の女性」に多く見られるシミで、閉経とともに徐々に消えていくシミになりますので、女性ホルモンと関係しているシミとも言われています。

この肝斑ができている女性は意外と多く、化粧でも隠しにくいことから多くの女性が悩んでいるシミになります。

基本的には左右対称にできるシミになりますが、人によっては一は左右対称だけども大きさが異なるケースも稀にあります。

また、妊娠中やピルの服用が原因で現れる場合もあります。

女性ホルモンとシミの関係とは?肝斑特有の原因と予防対策

2017.01.23

③そばかす

そばかすは、「小さな斑点状のシミが鼻の周りを中心に頬まで無数に散らばっているシミ」になります。

そばかすができる原因は、基本的に遺伝的な要素が多く一般的には小学生の頃から出はじめますが、早い人だと3歳頃から出はじめます。

「色は淡褐色で大きさは米粒ぐらいまでで不規則な形」になります。

そばかすは紫外線の影響を受けると色が濃くなったり増えたりしますし、人によっては成長するにつれて増える場合もあります。

特に思春期に目立つようになりますので、悩まれている方も多いシミになります。

そばかすを消したい!遺伝が原因?皮膚科に通わずにそばかすを消す方法

2017.01.23

④炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、主に「ニキビ・虫刺されによる肌の炎症が原因」となってできるシミになります。

色は褐色で年齢や性別に関係なくできるシミになります。

また、肌質に合っていない化粧品を使用した場合でも、肌が弱い人でしたら炎症を起こしてしまう事もありますので、このような場合でも炎症性色素沈着を起こしてしまう事もあります。

それから、炎症性色素沈着は顔だけではなく、全身にできるシミでもあります。

転んで怪我をした後にできるシミなんかも、炎症性色素沈着に該当します。

炎症性色素沈着はニキビや肌荒れが原因でできるシミ!原因と対策と改善方法について

2017.01.26

⑤対称性真皮メラノサイトーシス

対称性真皮メラノサイトーシスは、左右対称にできるシミで、「頬・額」あたりに小さくて丸いシミが散在的にできたり、集中してできたりします。

頬骨あたりに表れた場合は、左右対称のため肝斑と間違ってしまう場合も良くありますが、同じものではありません。

対称性真皮メラノサイトーシスは、基本的に季節によって薄くなったり濃くなったりと変動が少ない色素斑になります。

シミと一口に言っても、これだけの種類があります。もちろん上記以外にもシミの種類はあるのですが、医薬品で消す事ができるシミの種類は以上になります。シミを消す薬を服用することで、シミは徐々に消えていきますが、薬を飲んですぐに消えるものでは無いですし、薬の力だけに頼らずに日々の肌ケアも重要になってきます。シミでお悩みの女性も多いと思いますが、上記に該当するシミの場合でしたら、消えない事は無いので、薬を飲んでしっかりとケアして元の美しい肌を取り戻しましょう。

医薬品では消す事が難しいシミの種類

上記で紹介しましたシミの種類は、医薬品で消す事ができるシミになります。

しかし上記以外の、

  1. 遅発性両側性太田母斑
  2. 脂漏性角化症

のシミに関しましては、医薬品で消す事は正直難しいと言えます・・・

①遅漏性両側性太田母斑

遅発性両側太田母斑は、「目の周り・額・頬」等に生まれつきある、「青色・茶褐色のあざ」で比較的日本人に多いと言われているシミになります。

生まれてすぐに現れるものもあれば、成人してから現れる場合もあります。

特に目の下にできた遅発性両側性太田母斑は、クマと間違ってしまう場合も多く、美白化粧品やシミを消す医薬品では消す事は難しく、皮膚科等でレーザー治療が必要となります。

②脂漏性角化症

脂漏性角化症とは、「イボ状に盛り上がっているシミ」になります。

シミの角化が進み隆起したもので、手の甲にも出たりする場合もあります。

このシミは美白化粧品や医薬品では消す事が難しく、皮膚科等で「炭酸ガス(CO2)レーザー」で治療をする形となります。

上記の2つのシミの場合はシミを消す薬を飲んでも残念ながらシミが消えることはありません。ですから、もしシミを消したいなら皮膚科等でレーザー治療を受けるしか方法は無いのです。

シミと一口に言ってもさまざまな種類があります。中には医薬品で消せるシミもあれば、消せないシミもあります。もちろん上記以外にもたくさんシミの種類はあるのですが、代表的なシミの種類と言えば以上になります。自分のシミがどの種類に該当するかをしっかりと見極めて、医薬品で消せるシミであれば、状態が悪化する前に早めに対策をするようにしましょう。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!