春からはじめるおすすめの紫外線対策!春こそ徹底したいUVケア方法について

春はまだまだ肌寒い日があり、特に朝晩は気温が下がるのでコート等の上着が必要な季節でもあります。

ですが、昼間は一転して暖かい日差しが差し込みますので暑く感じる日もあります。

日中急に暑くなると上着を脱いで薄着になってしまいますが、そんな時にしっかりと紫外線対策ができている人も少ないと思います。

春だから紫外線も少ないしまだ大丈夫!と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、春の紫外線量は真夏と変わらないぐらい強力で、紫外線対策なしで浴び続けるとシミの原因になってしまいます・・・

まだ夏にもなっていないのに気が付けば日焼けして肌が黒くなっている・・・

このような経験がある人も少なくはないのではないでしょうか?

シミを作らないためにも春だからこそ徹底した紫外線対策が必要になってきます。

そこで今回は、紫外線対策はいつからしたらいいの?と言う人のために、春からはじめる紫外線対策について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

春からはじめる紫外線対策!春だからこそUVケアを徹底しよう!

春は気が緩んでしまい紫外線対策が疎かになっている人が多いのは事実です!しかし、この春に徹底して紫外線対策をするからこそシミのない美肌を手に入れる事が可能なのです。

紫外線は年中降り注いでいるもので、たとえ冬でも雨や曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。

もっと言えば、室内に居ても紫外線は窓ガラスを透過して肌内部に届きます。

つまり、紫外線対策は1年中必要で、外出しない日であっても徹底的に紫外線対策をした方が良いのです。

春の紫外線は真夏の紫外線量と同じ!?

春は真夏と同じぐらい紫外線量が降り注いでいますので注意が必要になります!

紫外線と一口に言っても「UV-A」「UV-B」の2種類の紫外線があり、日焼けの原因である紫外線はUV-Bになります。

UV-Bは紫外線全体の約5%を占めている紫外線で、エネルギーが強く肌表面に作用する紫外線になります。太陽光を浴びると肌が真っ赤になり軽いやけど状態になる「サンバーン」はこの紫外線UV-Bが原因になります。

一方UV-Aの方は紫外線全体の95%を占めていて、エネルギー自体はUV-Bより劣りますが「肌の最深部である真皮層に届く紫外線」で、メラニンを生成させる原因になりますので、シミ等の原因になる紫外線になります。

しかも肌のハリや弾力の基となる細胞組織を破壊しますので、シミだけではなくシワやたるみの原因にもなるのがUV-Aによる「サンタン」です。

つまり、UV-Aが肌を老化させてシミやシワ、たるみ等を発生させていると言うことになります。

このUV-Aは室内に居ても窓ガラスを透過して肌内部に届きますので非常に厄介な紫外線でもあるのです。

UV-Bは日焼け止めのSPF値で防ぐ

日焼け止めクリームに「SPF30」等と表示があるのを見た事があると思いますが、SPFとは、「Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)」の略語で、日本語の意味では「紫外線防御指数」と言われています。

SPF値は紫外線の中でもUV-Bから肌を守ってくれる数値で、数字が大きければ大きいほど効果が高くなります。

ちなみにSPF値の範囲は「50+が限界」で、この数字の意味は、SPF50であれば「20×50=1000分(16~17時間)」ぐらい持続すると言う事になります。

さすがにこれだけ長時間紫外線を浴び続ける人はいませんので、普段使いでしたらSPF15ぐらいで十分なのではないでしょうか。SPF15だと5時間ぐらいは効果が持続します。

ゴールデンウイークに朝から夜までバーベキュー等をしたり、公園で遊んだりするのであればSPF30~50ぐらいの日焼け止めクリームを選ぶようにしましょう。

SPF値の計算方法は、数値×20(紫外線を浴びると20分ほどで肌が赤くなる場合)になりますので、SPF30でしたら600分になりますので、10時間は日焼け止め効果を持続すると言うことになります。

UV-Aは日焼け止めのPA値で防ぐ

日焼け止めクリームにはSPF値以外にも「PA値」と言うものが表示されています。

このPAとは「Protection Grade of UV-A」の略語で、「UV-Aの防御指数」と言われています。

PA値の表し方は「+~+++++」の4段階で別れています。

  1. 「PA+」・・・2~4倍の効果
  2. 「PA++」・・・4~8倍の効果
  3. 「PA+++」・・・8~16倍の効果
  4. 「PA++++」・・・16倍以上の効果

※全く日焼け止めを塗っていない状態を1と考えた場合

このPA値は肌の色素沈着が起こるまでの時間を引き延ばすことができる数値で、高ければ高いほど効果は強くなります。

ですが、日焼け止めは小まめな塗り直しが必要になりますので、いくらPA値が高いものを塗っているとしても、油断するとシミができてしまう原因にもなりますので注意が必要になります。

上記でも言いましたがUV-Aは窓ガラスを通して肌内部に届きますので、室内にいる時でも意識して塗り直しをした方が良いでしょう。

ちなみに「PA++」で日焼け(サンタン)を4~8倍遅らせる事が可能なので、普段使いでしたらこれぐらいで十分です。

しかし、夏になって海水浴に出かけたりする場合は「PA+++以上」の日焼け止めを選ぶようにしてください。

日焼け止めクリームはどれだけ強力なものでも小まめな塗り直しが必要になります。ついつい塗り直しを忘れてしまい、日焼けしてしまう事も良くあります。特に春は涼しい季節になりますので、気が緩んでしまい紫外線対策が疎かになってしまいがちです。しかし、春は真夏と同じ量の紫外線が降り注いでいると言うことを忘れてはいけません!春だからこそ徹底した紫外線対策をするようにしてください。

絶対にシミを作りたくない!?そんな時は春からはじめる体の内側からもUVケア!

紫外線対策と言えば日焼け止めクリームや、日傘、帽子、手袋等々UV対策グッズがありますが、これらは全て外部からの紫外線対策になります。

これだけでもある程度の紫外線対策はできるのですが、完ぺきではないのです・・・

その証拠に、どれだけ紫外線対策をしても顔や腕、その他体の至る所にシミができてしまいますよね?これは、徹底して紫外線対策しているつもりでも、実は完ぺきではないと言うことなのです。

そこでおすすめしたいのが、最近注目されている「飲む日焼け止めサプリ」になります。

飲む日焼け止めサプリは体の内側から紫外線対策できますので、塗り忘れたりするのをカバーできます。

特に外出する時なんかは体の内側と外側の両方で紫外線対策をすることで、シミの原因である紫外線を徹底的にブロックすることが可能となります。

日焼け止めクリームは紫外線を外部からブロックする働き、飲む日焼け止めサプリは外部から侵入した紫外線の影響で生成されるメラニンの発生を抑制させる効果に期待できます。

このようにWの効果で紫外線対策を行うことで、徹底的にシミの予防対策が可能となるのです。

飲む日焼け止めサプリに関しましては以下の記事でまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

飲む日焼け止めサプリメントの決定版!おすすめ商品をランキングでご紹介

2017.04.08
あまり強力すぎる日焼け止めクリームは肌を傷める可能性がありますので注意が必要になります。そんな時に役立つのが飲む日焼け止めサプリです。日焼け止めクリームはそれほど強力ではない物を選び、日焼け止めサプリで体の内側からUVケアするようにしましょう。また、飲む日焼け止めサプリは継続すればするほど効果が強くなりますので、春から初めることで真夏の紫外線にも負けない肌作りが可能となります。

まとめ

紫外線対策と言えば最も一般的なものは日焼け止めクリームになります。

そこに付け加えるなら日傘やサングラス、帽子等の紫外線対策アイテムになります。

しかし、これだけではまだまだ不十分で、どうしても日焼け止めクリームだと塗り忘れや塗り切れない場所も出てきます。

また、毎日帽子とサングラスに日傘をさして外出するのも面倒だしそうもいかないと思います。

そんな時に便利なのが飲む日焼け止めサプリになります。

海外では2015年頃から主流となりさまざまなメディアでも取り上げられ、日本では2016年に解禁となり現在は爆発的人気を誇っています。

今年の春こそ飲む日焼け止めサプリを取り入れて徹底的に紫外線対策してみてはいかがでしょうか?

今あるシミを消したい方は以下が参考になると思います。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!