夏のシミ予防対策はどうしたらいいの?

紫外線は1年中降り注いでいるので、夏に限らず冬場でもシミの予防対策のために紫外線対策を徹底する必要があることは言うまでもありませんね!

しかし、冬場はどうしても油断しがちになり、春先もそのまま迎え、そしてゴールデンウィーク、一番注意すべき夏がやってきます。

シミ予防のために夏だから紫外線対策をすると言う考えの人も多いと思いますが、もう一度考えを改め直す必要があります。

「紫外線対策は1年中必要」になりますので、今日からでもシミを作らないためにも徹底するようにしましょう。

特に夏場は日差しが強く、シミの原因になるメラニンが大量生成される季節でもありますので要注意になります。

そこで今回は、夏のシミ予防対策はどうしたらいいの?と言う方の為に夏前からはじめるシミ予防対策をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

夏の紫外線量に要注意!シミ予防対策は大丈夫?

紫外線は1年中降り注いでいますが、夏の紫外線量は冬と比較すると約2倍にもなります。

しかも夏場は日照時間も長くなりますので、ちょっとのお出かけでも油断しているとまともに紫外線のダメージを受けてしまう事になります。

例えば、車で外出して施設内で遊ぶからと言っても紫外線量が多いので十分肌はダメージを受けてしまいます。

他にもちょっとコンビニ出かけたりするときも、洗濯物を干したりするときも、夕方の犬の散歩をするときも、短時間だから大丈夫と言って油断しているとシミの原因になってしまいます。

例え短時間の外出であっても、外出しない日であっても「日焼け止めクリーム」は徹底して塗っておいた方が良いでしょう。

また、日焼け止めは小まめな塗り直しが必要になりますし、完ぺきではないのでその他の紫外線対策グッズもプラスしてしっかりと夏のシミ予防対策を行うようにしてください。

夏のレジャーは危険!日焼け止めクリームは必須アイテム

夏になると楽しい遊びがたくさんありますね!山へ行って川遊びをしたり、海へ行って海水浴をしたり、さまざまなレジャーを楽しむ夏場は日光を浴びる時間が最も長くなる季節でもあますので、シミの予防対策として徹底した紫外線対策を行う必要があります。

地上に届く紫外線には「UVA」「UVB」の2種類あり、UVA波が全体の95%を占め残りの5%がUVB波になります。

この内のUVAが非常に厄介で、肌の最深部である真皮層にまでダメージを与え、「シミ・シワ・たるみ」の原因を作ってしまう紫外線になります。

UVAは1年中降り注いでいる紫外線で、肌が炎症を起こすようなことは無いので日焼けをするイメージはないと思いますが、実は室内に居ても雲や窓ガラスを透過して肌内部にまで届いている紫外線になります。

そのため、外出しない日であっても日焼け止めクリームなどを徹底して塗っておいた方が良いのです。

一方UVBも1年中降り注いでる紫外線で特に夏場は量が多くなるので要注意になります。全体的に見るとわずか5%になりますが、強力な紫外線で短時間でも肌が真っ赤に日焼けしてしまう原因になります。

UVBの刺激を受けた肌はメラノサイトが活性化し、肌を紫外線から守る為にメラニンの生成をはじめます。そしてこのメラニンが黒色化することでシミとなります。

ですから、夏場は特にシミ予防対策に注意して、日焼け止めクリームはもちろんUV対策アイテムで紫外線対策を徹底する必要があるのです。

UVAとUVBについてもっと詳しく知りたい方や、日焼け止めクリームのSPF値やPA値について知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

シミの予防対策のための日焼け止めとSPFとPAの意味とは?

2017.01.22

その紫外線対策で本当に大丈夫?

最も一般的な紫外線対策の方法と言えば「日焼け止めクリーム」になります。

おそらくですが、女性の9割以上が日焼け止めクリームで夏場のシミ予防対策をしているのではないでしょうか?

しかし、日焼け止めクリームだけでは紫外線を完全に防ぐことができていないって知っていました?

紫外線は雲や窓ガラスを透過するように洋服をも透過して肌の最深部である真皮層に達します。

つまり、顔や腕、脚は露出するので日焼け止めクリームを徹底的に塗りますが、それ以外の箇所は服を着ている場合でも多少なりとも紫外線の影響を受けてしまっていることになるのです。

それに、夏のレジャーを楽しんでいるときにきちんと日焼け止めクリームの塗り直しをしていますか?おそらくほとんどの人が塗り直しを忘れて遊びに夢中になってしまっていると思います。

すると、紫外線から肌を守ることが難しくなり、顔や腕などにシミができてしまったりするようになるのです・・・

こうなってしまうと紫外線対策をしているようで実はできていないと言うことになりますね。

これは「7~8割」の女性に該当することで、今は良くても忘れた頃にシミとして現れてくることになるのです・・・

夏のシミ予防対策には飲む日焼け止めサプリが超おすすめ!

飲む日焼け止めサプリって聞いた事ありませんか?

2015年頃から海外で人気が出て、2016年には日本での販売が解禁となり国内でも人気爆発しているアイテムで、紫外線対策グッズとして今最も注目されている商品になります。

今や海外セレブや日本国内の有名人やモデルたち御用達の紫外線対策アイテムと言えば「飲む日焼け止めサプリメント」になります!

飲む日焼け止めサプリメントの良いところは、「飲むだけ」でしっかりと紫外線から大切な肌を守ることができると言う点と、「日焼け止めクリームの塗り直しの手間がない」と言う点になります。

特徴は、外部からの紫外線から肌を守る日焼け止めクリームとは違い、外部から侵入した紫外線を肌内部でカットすると言うことになります。

つまり、日焼け止めクリームだけでは防ぐことができない箇所も、飲む日焼け止めサプリメントで紫外線の影響をカットすることができると言うことになります。

しかも、飲む日焼け止めサプリの主成分である「ニュートロックスサン」と言う成分が紫外線をやっつけてくれるのですが、ニュートロックスサンは継続して摂取することで紫外線対策効果が高くなりますので、春ごろから飲み始めることで夏場のシミ予防対策はバッチリと言うことになります。

これで忘れた頃にシミができてしまう悩みから解放される事は間違いありません。

飲む日焼け止めサプリメントについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

飲む日焼け止めサプリメントの決定版!おすすめ商品をランキングでご紹介

2017.04.08

万が一日焼けをしてしまった場合は保湿ケアをしてください!

夏場は冬場に比べると湿度が高く肌の乾燥が気になりにくい季節ではありますが、日焼けをすることで肌が乾燥してしまいますので「保湿ケア」が必須になってきます。

日焼けをすると「美白ケア」を行う人も多いと思いますが、まずするべきことは美白ケアよりも保湿ケアになります!

日焼け後の肌は「インナードライ」と言って、肌表面は皮脂を分泌して潤っているように見えますが、実は肌内部だけが乾燥してしまっている状態になります。

ですから、美白ケアを行う前にまずは肌内部に潤いを与えるために徹底した保湿ケアを行ってあげる必要があるのです。

保湿ケアを行うことで肌内部の水分量をしっかりと整え、潤いを与えてあげることで美白ケアの効果も高くなりますので、日焼け後はまずは保湿ケアを徹底して行うようにしてください。

美白スキンケアは肌の状態が落ち着いてから!

紫外線のダメージを受けた肌はとても敏感になっていますので、上記で言いましたようにまずは保湿ケアを徹底してください。

保湿ケアを行い肌の状態が落ち着いた後で美白スキンケアを行うようにしましょう。

なぜなら美白成分は肌への刺激が強いものが多いので、敏感な肌状態のときに美白スキンケアを行いますと美白どころか肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

特に肌が真っ赤に日焼けした状態の「サンバーン」のような状態にあるときは、しっかりと水分補給をして保湿ケアで肌内部に潤いを与えるようにしてください。

美白スキンケアは、日焼けの状態が落ち着いてから行うか、もしくは保湿ケアを行ってから美白スキンケアを行うようにしてください。

夏のシミ予防対策を徹底していたけどきてしまったシミを消すには?

夏のシミ予防対策は誰もがすると思いますが、自分ではしっかりしているつもりでも不十分だったり、日焼け止めクリームの塗り直しを忘れでシミができてしまったりした場合は、どのようにしてシミを消せばよいのでしょうか?

ほとんどの人が「美白化粧品」を使用してできてしまったシミを消そうと頑張ると思いますが、実は美白化粧品ではシミを消すことはできないのです・・・

その理由は以下にまとめていますので参考にしてみてください。

安物の美白化粧品ではシミやそばかすは消えないの?高級品なら大丈夫?

2017.05.07

今あるシミや新たにできてしまったシミを消す場合は、美白化粧品ではなくシミを消す薬が効果的になります。

確実にシミを消すなら安心安全な市販薬がおすすめ

最近注目されているのがシミを消す飲み薬になります。

ネット通販限定で手に入る市販薬が人気ですが、ドラッグストアなどで手に入る市販薬もあります。

おすすめなのはネット通販で手に入る市販薬になります。中でも「ロスミンローヤル」と言う市販薬が一番のおすすめになります。

その理由は、シミを消す効果がある「L-システイン・アスコルビン酸(ビタミンC)・パントテン酸カルシウム」に加えて、「9種類の生薬成分」が配合されていますのでシミはもちろんさまざまな女性の悩みを解消してくれるからになります。

体の内側から直接シミへ直接アプローチして、シミの原因である真皮層に蓄積されたメラニン色素の排出をサポートしてターンオーバーの正常化を促してくれるのです。

皮膚科等で行うレーザー治療のように即効性は無いものの、継続して薬を飲み続けることで確実にシミを消す事が可能となります。

ロスミンローヤル

国内で唯一シミ・そばかす・小ジワに効果のある医薬品

初回限定価格 1,900円(75%OFF)
通常価格 7,600円
内容量 270錠/30日分(1日9錠)
種別 第3類医薬品
効果・効能 シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌荒れ・冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまい・耳鳴り・血行改善(女性特有の不調)
有効成分 L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム・他
販売会社 株式会社アインホールディングス(調剤薬局・ドラッグストア アイングループ)
公式HP https://ainz-tulpe.com/
商品説明
9種類の生薬成分を含む全22種類の有効成分を配合したロスミンローヤルは、「シミ・そばかす」を消す効果だけではなく、「小ジワ」にも効果がある国内でも唯一の医薬品になります。生薬成分が血行を改善してくれるので、根本からシミのできない肌を作り直す事が可能になります。また、今あるシミやそばかすを消してくれる成分「L-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)」もしっかりと配合されているので、今まで消えることのなかった頑固なシミもキレイになくなります。それから、ニキビや肌荒れ等にも効果的でお肌のエイジングケアにも最適な医薬品となります。

なぜロスミンローヤルがシミを消すのにおすすめなのかと言いますと、シミを消す効果にプラス血行改善効果があるからになります。

そもそも肌のターンオーバーが正常に行われるには、血行が関係しているのです。

ロスミンローヤルはシミを消す効果だけではなく、「シミを消す事と血行改善に特化して作られた医薬品」なのです。

せっかくシミを消しても血行不良のままだとターンオーバーが正常に行われないので、またすぐにシミができてしまいますよね!

特に老人性色素斑等のシミの場合は、数年前に受けた紫外線の影響で数年後に現れるシミになりますので、常にターンオーバーを正常化しておかないといけないのです。

ロスミンローヤルなら、今あるシミを消して、さらに血行改善効果でターンオーバーを正常化して新たなシミを作らないと言う肌作りができるのです。

この効果に期待できるシミ消し薬は今のところロスミンローヤルだけなのです!

しかも、ロスミンローヤルは「小ジワ」にも効果がある薬になりますので、シミと小ジワが気になっていると言う人は是非お試しください。

シミを消して血行改善を可能にしてターンオーバーを正常化してくれるのはロスミンローヤルだけになります。

まとめ

夏のシミ予防対策は特に重要で、紫外線対策を徹底する必要があります。

特に海や山へ遊びに出掛ける際はm日焼け止めクリームを塗って定期的に塗り直しをする必要があります。

また日焼け止めクリームだけでは補いきれない部分は飲む日焼け止めサプリなどを活用して紫外線から肌を守るのもおすすめの方法になります。

これだけ徹底していても少しの油断でシミができてしまう場合もありますので、日差しの強い夏場は特に注意するようにしましょう。

また、今あるシミやちょっとした油断が原因でできてしまったシミに関しましては、市販のシミを消す薬などで根気よく消すようにしましょう。

シミを消す効果のある薬は、シミを消す効果だけではなくメラニンの生成を抑えてシミ予防対策効果にも期待できますのでおすすめになります。

今以上にシミを増やさないためにも徹底したシミ予防対策をする事と、できてしまったシミを消すためには市販薬がおすすめになります。

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!