肝斑にも効く美白成分トラネキサム酸の効果と特徴について!副作用はあるの?

女性ホルモンの影響でできるシミ「肝斑」に効果的な成分と言えば「トラネキサム酸」になります。

また、肝斑だけではなく「シミ・そばかす・色素沈着」等にも効果的な成分になります。

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑制する作用や炎症を抑制する作用があり、肝斑を含むシミやそばかす、肌荒れを改善する効果があります。

今回は肝斑にも効果のあるトラネキサム酸(トランサミン)について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

肝斑に効く美白成分トラネキサム酸とは

トラネキサム酸は、もともと止血剤として開発された成分で、「血友病・白血病」等の治療に用いられていた人工アミノ酸になります。

その他にも、抗炎症や抗アレルギー効果があることから「湿疹・じんましん」等の治療にも利用されています。

トラネキサム酸がさまざまな研究によって、女性の顔に発生しやすい肝斑等のシミや色素沈着等の肌トラブルの予防や改善効果あると分かってからは、美白成分として使われるようになりました。

特にトラネキサム酸が効果を発揮するのは多くの女性が悩む「肝斑」になります。

1979年にトラネキサム酸が肝斑の改善効果があると文献報告されてからは「肝斑治療の内服薬」として皮膚科等の医療機関で処方されるようになったのです。

また、一般用医薬品(OTC医薬品)として、初めて肝斑の改善効果が認められた成分でもあり、市販薬として全国の薬局で手に入れる事が可能となりました。

現在では、成分含有量に差はあるものの肝斑の改善を目的にした市販薬をはじめ、シミやそばかす治療のための内服薬や美白効果を謳った化粧品等にも使用されている成分になります。

ちなみにトラネキサム酸を主成分とした有名な市販薬としましては、第一三共のトランシーノがあります。

肝斑に効くトラネキサム酸の働きや美白効果について

肝斑やシミが発生する原因の一つに、紫外線の影響によるメラノサイトの活性化があります。

このメラノサイトの活性化に関与する物質が、タンパク質分解酵素の「プラスミン」になります。

トラネキサム酸は抗プラスミン作用があり、プラスミンの働きを抑制する作用があり、メラニン色素が生成される前に「メラノサイトの活性化をブロック」する事ができるのです。

その結果、肝斑の発症を抑える事が可能で、シミができる初期段階からシミが発生することを防止することができるのです。

しかも、ニキビや肌荒れ等の原因で起こる炎症性色素沈着を予防する働きもあるのです。

ただし、肝斑の改善効果を得る事ができるのはトラネキサム酸を服用した場合のみで、美白化粧品等では肝斑は改善されませんのでご注意ください。

また、トラネキサム酸の内服薬を飲んだからと言ってすぐに肝斑が消えるわけではなく、最低でも「約2ヶ月」は摂取し続ける必要があります。

それから、皮膚科等を受診した場合で内服薬を用いた肝斑治療を受ける場合は、「保険適用外」のため多少費用がかさみますが、市販薬であるトランシーノ等よりも格段に効果が高いので、より確実によりスピーディーに肝斑を改善する事が可能となります。

肝斑の発症には女性ホルモンの影響が考えられますが、トラネキサム酸は女性ホルモンの乱れを修正する訳ではないのでご注意ください。トラネキサム酸はあくまでも肝斑の発症を抑えたり、肝斑を改善する医薬品になります。

トラネキサム酸の副作用について

トラネキサム酸は肝斑を含むシミやそばかすを消す効果のある医薬品になります。

ただし、トラネキサム酸を配合する化粧品については、肝斑やシミを消す事はできませんのでご注意ください。

トラネキサム酸を配合する美白化粧品の場合は、濃度が低く刺激が少ないため肌に塗布する程度であれば副作用の心配はほとんどありません。

ただし、肝斑改善を目的とする場合で、トラネキサム酸を服用する場合は注意が必要になります。

トラネキサム酸を服用することで肝斑改善効果に期待できますが、副作用のリスクはどうしても高まってしまいます。

症状としましては、「食欲不振・胸やけ・吐き気・下痢・発疹・眠気」等のアレルギー症状を起こす場合があります。

また、血液擬古作用がありますので血栓(脳血栓・心筋梗塞・血栓性静脈炎等)がある人や血栓ができる恐れのある人、高齢者の方は服用できない場合もあります。

ですから、トラネキサム酸配合の医薬品を服用する際は、必ず医師の指示に従い用法用量を守って使用するようにしてください。

また、決められた服用期間があるのであれば、その期間も守るようにしましょう。

それから、効果が弱いからと言って、勝手に服用量を増やして過剰摂取することや、他の医薬品と併用して服用することは絶対にしないようにしてください。

もし、持病があって他の薬と併用しないといけない場合は、必ず医師に相談するようにしてください。

女性ホルモンとシミの関係とは?肝斑特有の原因と予防対策

2017.01.23

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!