シミにはビタミンC(アスコルビン酸)が効果的!シミを薄くしてくれる重要成分

ビタミンCは「アスコルビン酸」と言う成分表示でシミを消す薬等に配合されている成分になります。

つまり、「ビタミンC=アスコルビン酸」と言う事ですね!

正確に言いますと、ビタミンCの錠剤を製造する過程で使用する原料のことになります。

ただ呼び方や表示名が異なるだけで両社は同じものだと考えていただいても問題はありません。

ビタミンCには、できてしまったシミの色素を元に戻す「還元作用」があります。

今回はシミに効果的なビタミンCの働きと過剰摂取による副作用等について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シミ改善に効果的なビタミンC(アスコルビン酸)とは

ビタミンCは壊血病予防因子として発見された水溶性のビタミンで、「高い抗酸化作用」があるため健康的な皮膚や粘膜を保つ効果があることと、免疫力を向上させてくれるのでさまざまな病気に対する抵抗力が向上する成分になります。

他にもストレスに対する抵抗力を高めてくれる働きがありますので、ストレスを感じやすいと言う人にも効果的なのです。

また、ビタミンCは美容成分としても認められていて、医薬品や医薬部外品等の有効成分としても厚生労働省に認可を受けている成分なのです。

基本的にビタミンCは柑橘類や野菜から摂取することが可能で、主に「みかん・グレープフルーツ・イチゴ」等の果物や、「ブロッコリー・イモ類」等の野菜から摂取することが可能となります。

ビタミンCは体内では合成することができない栄養素になるため、基本的には食品やサプリメント等で外部から摂取する必要があります。

つまり、ビタミンCは意識して摂らないと、欠品状態となりあらゆる病気や症状を引き起こしてしまうと言う事なのです。

ビタミンC(アスコルビン酸)のシミに対する働きについて

ビタミンCは、上記でも言いましたが既にできてしまっているシミの色を基の肌色に戻す「還元作用」があります。

美白化粧品や美白クリーム、シミを消す医薬品等に配合されている美白成分は、「メラニン色素の生成を抑制してシミを予防する効果」になりますが、ビタミンCの場合は「シミ・そばかす・肝斑・色素沈着等のシミの色そのもの自体を薄くする」働きがあるのです。

つまり、ターンオーバーが乱れてなかなか排出されないメラニン色素にも効果的と言うことになります。

それから、ビタミンCには体内で発生した活性酸素を除去する「抗酸化作用」もあるので、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制することが可能なのです。

メラニン色素の生成を促進させてしまう酵素「チロシナーゼ」は、メラノサイトだけではなく活性酸素によっても活性化するので、その元となる活性酸素の除去はシミの予防対策としても効果的なのです。

要するに、活性酸素がチロシナーゼと言う酵素を活性化させることで、チロシンと言うアミノ酸をメラニン色素へと作り変えてしまいシミができてしまうということなのです。

しかし、ビタミンCが活性酸素を除去することでこの流れは断ち切られるのです。

また、ビタミンCはストレスに対する抵抗力も高めてくれることから、少々疲労やストレスが溜まったとしても、肌への影響を最小限に抑えてくれる働きもあるのです。

ビタミンCは美白化粧品等で肌に塗布しても効果的ですが、医薬品等で体内に服用した方がより効果を得る事が可能となります。

また、最近ではビタミンCの内服薬の処方をする医療機関が増えはじめ、外用薬と内服薬の治療を推しています。

それと併用してレーザー治療や光治療などをおすすめしている美容クリニックもあります。

ビタミンC(アスコルビン酸)には副作用は無いの?

ビタミンCは体内では合成される事のない成分になりますので、柑橘類の果物や野菜もしくは「サプリメント・ビタミン剤・医薬品」等から摂取する必要があります。

果物や野菜から意識的に摂取している人も多いと思いますが、ビタミンCは人間の体のありとあらゆる箇所で必要とされている成分になりますので、実は不足しがちな栄養素でもあるのです。

つまり、野菜や果物からの摂取だけでは美白にまで効果が回ってこない可能性が高いと言う事になります。

ちなみにですが、シミの改善目的でビタミンCを摂取するのであれば「~1000mg」は摂取しておいた方が良いと言われています。

ビタミンC1000mgと言いますと、レモン50個分相当になりますので、野菜や果物だけではどうしても不足してしまいます・・・

ですから、やはりサプリメントや医薬品等からの摂取も必要になってくるのです。

しかし、それだけ多くのビタミンCを摂取しても健康に問題がないのか、副作用の心配は無いのか気になりますよね?

ビタミンCは水溶性のビタミンになりますので、過剰に摂取してしまった場合で不要になった場合は尿として排出されますので特に副作用の心配はありません。

また、体内に蓄積される心配もないので、過剰摂取した場合でも副作用は起こりませんのでご安心ください。

ただし、体質によっては過剰に摂取しすぎてしまうことで吐き気や腹痛、下痢等の副作用を起こしてしまう場合もありますので、用法用量を守って必ず適量を摂取するようにしてください。

基本的に用法用量を守って服用している場合は、副作用の心配は必要ないでしょう。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!