最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエの効果について

数あるビタミンC誘導体の中でも最もおすすめなのが「ビタミンC誘導体APPSアプレシエ」になります。

ビタミンC誘導体は厚生労働省から認可されている成分で、美容クリニックや一般的な皮膚科でも使用されている有効成分になります。

ビタミンC誘導体は肌の悩みに効果的な成分で、シミはもちろんシミ以外にもさまざまな肌の悩みを解決してくれます。

今回はビタミンC誘導体APPSアプレシエの効果について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエの効果について

ビタミンC誘導体APPSアプレシエは「マルチ美容成分」とも言われていて、さまざまな肌の悩みを解決してくれる有効成分になります。

例えば、

  • シミ
  • くすみ
  • 小じわ
  • 色素沈着
  • ニキビ
  • ニキビ跡
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ

等に効果的になります。

ビタミンCと言えば「ニキビ専用」の栄養成分と思われている方も多いと思いますが、シミやくすみ等のさまざまな肌の悩みに効果を発揮してくれます。

ビタミンCは100年以上も前から肌に良いと言うことは知られていましたが、肌内部の真皮層へ届ける方法がなく効果を発揮することができませんでした。

そうなるとどれだけ肌に効果があったとしても肌トラブルを改善する事はできませんね。そこで始まったのが「ビタミンC誘導体」の開発研究なのです。

ビタミンCとビタミンC誘導体は違う!?効果の違いはなに?

2017.05.08

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエは、シミやニキビはもちろんアンチエイジング効果も高いので、スキンケアにおすすめの成分になります。

ちなみに、ビタミンC誘導体APPSアプレシエは、最新型や次世代、浸透型、高浸透型、進化型、高濃度等々さまざまな頭文字が付いていますが、どれも同じになります。

ビタミンCは肌に良いのですが、肌への浸透力がないためビタミンC誘導体が開発されました。

しかし、従来のビタミンC誘導体では効果が低いため「最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエ」が開発されたのです。

特に30代以降はこの最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエを使用することをおすすめします。

ビタミンC誘導体は1種類ではなくさまざまな種類がありますので、「ビタミンC誘導体=最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエ」ではないのでご注意ください!

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエの正式名称は「パルチミン酸アスコルビルリン酸」になります。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエをおすすめする理由は「イオン導入不要」なのに他のビタミンC誘導体と比較すると「約100倍の浸透力」もの効果があるからになります。

>>APPS配合の無添加化粧品の詳細はこちら

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエは浸透力が高く真皮層にまで届く!

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエは肌の最深部である真皮層にまで有効成分が届きます。

通常のビタミンC誘導体の場合は、角質層までは届きますが真皮層に届くことは難しくなります。

シミ等の色素沈着やニキビの原因は角質層ではなく真皮層にありますので、どれだけ高価な化粧品でケアしてもビタミンC誘導体が真皮層に届かなければ効果を実感することはできません。

それに化粧品自体が角質層(肌表面)にまでしか届かないようになっているので、せいぜい肌表面を保湿し清潔に保つ事ぐらいしか効果を発揮しないのです。

化粧品は医薬品ではないのでこの程度の効果しか出ないようになっていて、それ以上の効果を発揮するとなれば法律違反になってしまうので正直なところ難しいと言えます。

しかし、最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエの場合はしっかりと真皮層にまで届きその効果を発揮してくれるのです。

しかもAPPSは真皮層だけではなく角質層や表皮層もしっかりとケアしてくれるのです。

だからこそ美容クリニックや皮膚科の医師達もおすすめしている成分なのです。

ビタミンC誘導体の種類について

上記で「ビタミンC誘導体=最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエ」ではないと言いましたので、ビタミンC誘導体の種類をご紹介しておきたいと思います。

ビタミンC誘導体と一口に言っても種類はさまざまで、大きく分けると3種類のビタミンC誘導体があります。

水溶性のビタミンC誘導体

水溶性のビタミンC誘導体の特徴は「即効性が高く安定性が低い」になります。

  • リン酸アスコルビン酸Mg
  • リン酸アスコルビン酸Na
  • アスコルビン酸エチル
  • アスコルビン酸グルコシド

油溶性のビタミンC誘導体

油溶性のビタミンC誘導体の特徴は「即効性が低く安定性が高い」になります。

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ジパルミチン酸アスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビル

「水溶性+油溶性」のビタミンC誘導体

両方の特徴を活かした「高浸透型」のビタミンC誘導体になります。

  • APPS・・・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
  • APIS(新型)・・・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(乾燥が強く突っ張りやすい)

もともとは水溶性と油溶性のビタミンC誘導体が一般的でしたが、両者の良い部分だけを取りAPPSが開発されました。

APPSの浸透力は水溶性や油溶性のビタミンC誘導体の約100倍にもなります。

リン酸型ビタミンC誘導体にパルチミン酸を付加したのがAPPSになります。

「パルチミン酸=油になじむ」「リン酸3Na=ビタミンCを安定させて水になじむ」になりますので、水にも油にも溶ける高浸透力のビタミンC誘導体と言うことです。

ちなみにもう一つのビタミンC誘導体である新型の「APIS」は、乾燥が強く肌を突っ張らせてしまいますのでおすすめのビタミンC誘導体ではありません。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエでシミは消える?

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエでシミは消えるのか?

顔のシミを消すためには、肌のターンオーバーを促進させて正常化してあげる必要があります。

さらに、シミの原因である肌内部に蓄積されたメラニン色素を無色化してくれるビタミンCが必要になります。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエで外部からビタミンCを肌内部に浸透させる事と、アスコルビン酸(ビタミンC)配合の医薬品などで体の内側からアプローチすることでシミを消すことは可能になります。

ここで勘違いしてはいけないことが、シミは消えるのではなくターンオーバーによって剥がれ落ちると言うことです。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエを使用しはじめると「一旦シミが濃くなる場合もある」のですが、継続して使用することでシミは確実に消えます。

もちろんシミを消す薬も飲んで体の内側から真皮層へアプローチをする必要はありますが、両方からの効果でシミを消すことができるのです。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエは余分な皮脂分泌を抑制する

APPSはオイリー肌の人やニキビ肌の人、大人ニキビでお困りの方にもおすすめのビタミンC誘導体になります。

オイリー肌の方が過剰に分泌している脂は「過酸化脂質」と言って、トラブル肌になりやすい脂でニキビの原因になります。

ニキビ肌やオイリー肌の人の肌は「脂を分泌しないといけない」と肌が勘違いして暴走している状態なので、その暴走を止めて皮脂の分泌量を正常化してあげる必要があるのです。

その働きをしてくれるのが最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエなのです。

もちろんAPPSは今あるニキビだけではなくニキビ跡にも効果を発揮しますので、ニキビ肌でお困りの方はスキンケアに是非取り入れてほしいと思います。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエ肌のくすみや毛穴の開きにも効果的

APPSは肌のくすみの原因である「皮膚の酸化」を抑制する効果に優れているので、くすみを改善する効果にも期待できます。

また、毛穴を縮小してくれる作用もありますので、キメ細かい引き締まった美肌を手に入れることが可能となります。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエは活性酸素を除去してくれる

肌トラブルと老化の原因である活性酸素ですが、APPSには強い抗酸化力がありますので活性酸素の働きを阻害してくれます。

活性酸素はシミ以外にも「敏感肌・ニキビ・アトピー」等の原因でもあります。

ビタミンCを摂取すると体内の活性酸素が除去されると言われていますが、それと同じでAPPSの力で肌内部の活性酸素を除去し肌トラブルと老化を防止してくれる効果があります。

これは、現状維持と言う意味ではなく肌機能が向上すると言う意味になります。

活性酸素は本当に厄介なもので、放置しておくと真皮層にあるコラーゲンを破壊し肌の抵抗力を奪ってしまいます。

その結果老化が早まって老けて見えたり、さまざまな肌トラブルを招いてしまう事になりますので注意が必要になります。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエは紫外線撃退効果も!

紫外線は肌への刺激が強く皮膚細胞へ相当なダメージを与えますが、24時間以内にAPPSを塗布してあげることで紫外線によるダメージをリセットする効果があります。

日差しが強い真夏は、紫外線を浴びるととても体が疲れてしまいスキンケアをするのが面倒になりがちですが、APPSだけは肌に塗ってから寝るようにしましょう。

>>APPS配合の無添加化粧品の詳細はこちら

まとめ

ビタミンC誘導体と一口に言っても種類はさまざまで、ビタミンC誘導体なら何でも良いと言う訳ではありません。

しっかりと肌内部の真皮層にまで届くビタミンC誘導体でなければ意味がないのです。

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエはビタミンC誘導体の中でも唯一イオン導入器なしで真皮層にまで届くビタミンC誘導体になりますので最もおすすめになります。

ただし、化粧水の場合は含有量が低く、クリームの場合はオイルが配合していますのでおすすめではありません。

APPS配合の化粧品を使用するならAPPS配合の美容液がおすすめになります。

どうせ使うならしっかりと効果のある化粧品を使わないとお金の無駄遣いになってしまいますので注意するようにしてください。

シミを消す薬のおすすめランキング!顔にできたシミは副作用の心配のない医薬品で治そう

2017.01.21

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!